カテゴリ:生活用品( 516 )

ベルジェールのピッチャー

e0074478_1152054.jpg
 ベルジェールというアニゼット酒のブランドのピッチャーです。そもそもアニゼットって好きなお酒ではないので興味もなく、不勉強のまま。でもこのピッチャーはチャーミングなので買い付けてみました。

 いつの時代のものか全然わかりませんが、多分40~50年は経っているのでしょう。

 ヤフオクで調べたら、この赤バージョンが5,000円くらいしててビックリでした。というわけで、これも2,800円の大特価でご提供です~。


今日もPupi et Mimiでお会いしましょう~

http://blog.with2.net/link.php?153914 
 
[PR]
by tomoakishimizu | 2011-06-07 11:05 | 生活用品 | Comments(0)

壁用照明器具

e0074478_10591738.jpg
 こういうのってシャンデリアとは言わないですよね。と思って調べたら、日本では『壁掛けシャンデリア』で通用しているようです。フランスでもやっぱり同じでした。でも正式な名称があるような気がします。

 これって前の持ち主が紫ピンクに塗ったようで、結構粗い仕事なんですが、雰囲気があって悪くない感じ。実は4つも持ってきました。一つだけ装飾が折れかかっていますが、それ以外の状態はまあまあ。

 黒い筒部分を隠す白いプラスチックが無くなっていて、それを考慮して1つ2,800円でのご提供。Pupi et Mimiの平山夫妻には、お買い得値段~と言われましたが、そうなんでしょうか?

 皆さん、これって日本で使えるの?って思うみたいなんですが、ただ線をそのまま繋ぎ、電球をはめれば直ぐに使えます。でも問題なのが電球。輸入ものを東急ハンズなどで購入しないとダメなようです。それでも1つ400~500円だそうですが。
 
誰か買ってください~

http://blog.with2.net/link.php?153914 
 
[PR]
by tomoakishimizu | 2011-06-06 11:00 | 生活用品 | Comments(0)

アメ缶各種

e0074478_10324856.jpg
 缶って、何だか良くわからない世界なんですが、なぜか今回は沢山持ってきちゃいました。で、今回の一番の売れ筋だろうと信じ切って持ってきたのがこちら。

 戦直後くらいのアメの缶。手前の2つが同じ時代で、あとはそれぞれ違うみたいです。左上のものは特別バージョン?

 昨日、一昨日で全て売り切れ。僕の予想は当たりました。ま、一番大きなもので1,800円だったので「そりゃ売れるでしょう」という声が聞こえてきそうです。

 あ、でもここで売れちゃったものを紹介しても意味無いですね。「こんなに売れたんですよ、凄いでしょ」みたいなことになっちゃう(笑)。明日は絶賛発売中のものを紹介します~。

他の缶はまだ沢山あります~

http://blog.with2.net/link.php?153914 
 
[PR]
by tomoakishimizu | 2011-06-05 10:33 | 生活用品 | Comments(4)

ほうろう製炭バケツ

e0074478_21245588.jpg
 これもクリニアンクールの僻地で見つけました。何に使うのか全然わからず、でもレトロな感じが素敵でつい手が伸びちゃいました。

 高さが49cmもあって、かなり大きいです。大きすぎるので日本へ持って帰れません。40~50年代のものでしょうか。

 これを持ってクリニアンクールを歩いていたら、フランス人のオバアサンに「あなた炭買いに行くの?」なんて声を掛けられました。昔はこのバケツを持って炭屋さんまで買いに行ったのだそうです。彼女の年齢から考えると、このバケツ、やっぱり40~50年代のものなんだろうなぁ。

 さて、これを部屋に持って帰って何に使うんだろうか、という疑問が湧きました。古い→可愛い→しかも安い→値切る→財布を出す、という順序で買い物をする僕ですが、その最中はこれから買うものをどうやって日常に活かすかを全く考えません。そこは女性の思考とは違うんですよね、きっと。

 というわけで、無い知恵を無理矢理絞りました。その結果は、まあ、大したアイデアでもないのですが、玄関に置いてある大小の傘、年に1度も使わないピクニック用のバドミントンのラケットと羽を入れることに。そうしたら玄関が驚くほどスッキリしました。でもこのバケツ、円錐形なので下の方にある折り畳み傘は取り辛いかも…。

一長一短です~

http://blog.with2.net/link.php?153914 
  
[PR]
by tomoakishimizu | 2011-05-26 21:26 | 生活用品 | Comments(0)

パスタ用キャニスター

e0074478_23342252.jpg
 相変わらず日本では根強い人気のキャニスター(保存容器)です。これ一個のみなので廉価にてご提供の予定。
 
 高さ14cm。底にはODERという刻印が入っていますが、有名なサルグミーヌなどとは違い、この名前でインターネットで調べてもヒットしませんでした。モチーフからすると、多分10~20年代でしょうか。

 Pâteという文字が入っているのでパスタ用としましたが、いわゆるスパゲッティではなく、多分マカロニのようなものを入れるためのものだと思います。あるいは、Pâteはペースト状のもの、例えばアーモンドペーストとかパイ生地やパン生地なども意味するので、そういったものも…入れるわけ無いか。多分マカロニでしょうね。

 実際何に使うかは個々人で決めていただいて構いません。シュガーポットでもハニーポットでも、鉛筆立てでも何でもです~。

実は締め切りに追われてます~

http://blog.with2.net/link.php?153914 
  
[PR]
by tomoakishimizu | 2011-05-25 23:36 | 生活用品 | Comments(6)

レモン柄のエッグスタンド

e0074478_22502157.jpg
 この前の土曜日、ヴァンヴで見つけたエッグスタンドです。ちょっと高かったけれど、来月の東京にて廉価でご提供の予定。

 個人的にはこういった陶磁器ものって集めていないのですが、蚤の市展を始めてからは幅広い品揃えを目指しているため、徐々に目に入るようになってきました。それだけ見て回るのに時間がかかるようになりましたが。とにかく可愛いものであれば、あまりブランドと時代にこだわらなくてもいいかなと思っています。

 そもそも知識を持ち合わせていないし、刻印が無いので詳細は全くわかりませんが、モチーフだけ見ると何となく40年代っぽい感じもします。そのモチーフはプリントなんですが、相当手荒な感じなので、もしかしたら60~70年代の東欧とかのものかな、って。ちなみにこのエッグスタンドは陶器ではなくて磁器で、光にかざすと透けます。

 ああ、日本行きまで1週間切っているのに何も用意ができてない…。

最善を尽くします~!

↓クリックッ!

http://blog.with2.net/link.php?153914 
 
[PR]
by tomoakishimizu | 2011-05-24 22:50 | 生活用品 | Comments(2)

19世紀末~20世紀初頭のステップ

e0074478_18416.jpg
 19世紀末から20世紀初頭にかけてのステップ(台)。先週クリニアンクールで、アフリカのギニアビサオ出身のババさんという男性のスタンドで見つけました。2脚あります。あ、今回ギニアビサオという国の存在を、生まれて初めて知りました。世界は広い!

 これも日本へ持っていく予定です。18cm×25cmくらいの大きさで、ディスプレイ用に使えるかなと。だからお店をやっている人や、アーティスト、アクセサリーデザイナーなどにおすすめです。

 元々何に使われていたのか全くわかりません。高いところに上るためのものにしては低すぎ。足の底部分に塗料が塗られていないので、何か背の高いものを無理矢理切ったのかも。と思ってジックリみたけど、そんな感じでもなさそう。宗教色はないので、どこかのお城で使われていたものかなぁ、なんて。妄想は膨らみます。

e0074478_1115581.jpg
 19世紀末から20世紀初頭としていますが、正直言って、これは僕の推測でしかありません。でも何となく木の乾き具合とか、色の感じ、彫刻のスタイルなどから想像してみました。ちなみに2脚それぞれ彫刻が異なります。手彫りだから当たり前か。

 ぬいぐるみだけでなく、家具とか食器類についても、段々と推し量れるようになってきましたが、それがレプリカだったりすると太刀打ちできない時もあって、やっぱりまだまだ経験値が低いなって思わされます~。

気長に勉強します~

↓応援お願いします~

http://blog.with2.net/link.php?153914 
[PR]
by tomoakishimizu | 2011-05-20 23:06 | 生活用品 | Comments(6)

セップ茸の入れ物

e0074478_20493886.jpg
 つい一昨日、ヴァンヴで見つけたセップ茸の入れ物です。前に同じセップ茸のマスタード入れを見つけて蚤の市展で売りましたが、これも東京へ持って行こうと思っています。

e0074478_20495477.jpg
 高さ9センチ。陶器製で、これはどう考えてもフランス製でしょう。フタにはこんな風に1965年とかかれていました。

e0074478_20502793.jpg
 石突き部分が入れ物になっていて、赤く塗られています。キノコの内側が情熱の赤になっているところに、フランス人が持つ独特のエロス表現を感じ取ってしまうのは僕だけでしょうか~。

…考えすぎ?

↓応援お願いします~

http://blog.with2.net/link.php?153914 
 
[PR]
by tomoakishimizu | 2011-05-10 20:51 | 生活用品 | Comments(2)

ネズミ捕り

e0074478_1784943.jpg
 現在は作られていない、世にも珍しいネズミ捕りです。おそらくは1920年代頃のもの。これも売れませんでしたが、「当たり前でしょうに」という声が聞こえてきそうです。どうして買ってしまったのかわかりませんが、ついついネズミ捕りの類を見かける欲しくなっちゃうんですよね。一昨年の3月のネズミ大量捕獲事件でトラウマになったのかも。ある種の精神病かしら?

 売っていたフランス人夫婦に使い方を聞きましたが、どうにも理解できませんでした。彼らの説明いわく、穴を横にして奥に餌を入れ、上下に開いている4つの小さな穴に糸を通すのだそうです。その糸にネズミが触れると、バネ式の輪っかが上にあがってネズミの体が挟まれるんだとか。でも糸をどうやって通すのかよくわからないし、糸に触れた瞬間に輪っかが跳ね上がるという構造がよくわかりません。

 「使い方がわからないものを売るなぁ~」って声も聞こえてきそうです。

ペン立てにどうぞ~

↓クリックをお願いします~♪


http://blog.with2.net/link.php?153914 

 
[PR]
by tomoakishimizu | 2011-01-20 17:09 | 生活用品 | Comments(8)

コートフック各種

e0074478_1292132.jpg
 なぜか目に入り、思わず買ってしまうコートフックです。前回の9月、プピ・エ・ミミに何点か委託として残していきましたが、あれって全部売れたんだろうか。そんな心配をよそに、バンバン買ってしまう僕です。今回は全部で5点運びました。

 上の写真のフックは、ほとんど手の平サイズなので、もしかしたら鍵フックかもしれません。裏側の掛け金の留め方がもの凄く粗く、素人さんの作品という可能性あり。僕がやり直しましたが、一ヶ所失敗しているので、購入された方は気にしないでください(笑)。

e0074478_1294395.jpg
 こちらはちゃんとしたコートフック。上がミッドセンチュリーで、下が40年代といったところでしょうか。でもすみません。上の金属と木のフックは荷物に入れられず、持って来られませんでした。

 本当のことを書くと、9月に持ってこられなかったもので、今回も持ってこられなかったものがいくつもあるんです。でもシリーズで見せたいとか、全体の雰囲気に合わないとか、色々と思うところがあって、最終的に置き去りになっちゃうものが出てくるんですよね。ああ、コンテナで一気に大量に運びたい~。

誰か投資してください~

↓応援お願いします~♪


http://blog.with2.net/link.php?153914 
 
[PR]
by tomoakishimizu | 2010-12-09 12:10 | 生活用品 | Comments(0)