カテゴリ:生活用品( 496 )

ガラス製尿瓶

e0074478_0472569.jpg
 以前ほうろうの尿瓶を紹介していますが、今日はこのガラス製の尿瓶をご紹介。暑い夏にピッタリの清々しい透明感を誇ります。

 買った場所はパリ郊外の古物市で、売っていたのはフランス人の老夫婦。市が終わりかけの時間だったため、タダみたいな値段を提示してきて、「荷物が重くなる~」と思いながらも、その美しいフォルムと魅力的な価格に釣られてつい買ってしまいました。

 「尿瓶」ってフランスでは何て言うんだろうと思って調べたら、やっぱり「ポータブル・トイレ」みたいな言葉が出てきました。でも1単語で存在するんだろうな、きっと。

 日本語のウィキペディアでは、尿瓶を花瓶と間違えて買った侍の話が紹介されていました。落語の演目なんだそうですが、昔から尿瓶は花瓶として使われることがあった(!?)ようですね。

 それはともかく、他に使い道がないか色々考えています。ほうろうの尿瓶でも書いたように、まさかワインのデカンタとして使うわけにはいかないし。そもそもこれって洗うのが面倒。やっぱり尿瓶は尿瓶なのかなぁ~。
 
いいアイデアありません?

↓応援してください~♪


http://blog.with2.net/link.php?153914
[PR]
by tomoakishimizu | 2010-08-07 23:18 | 生活用品 | Comments(2)

カゴ 其の二

e0074478_18105465.jpg
 昨日に引き続き、カゴを紹介します。同じ人から購入。本当は取っ手が付いていましたが、カゴとの接合部分が片方外れていて、運んでいるうちに虫食いによる粉が出てきて、最後には両方とも外れてしまいました。見た目はそんなでもないけれど、かなり痛んでいたようです。

 状態が悪いので、これは什器専用にしようと思いました。でも結局値段付けちゃいましたが(苦笑)。

今からイッセイ・ミヤケ行ってきます~

↓ポチッと応援お願いします~♪


http://blog.with2.net/link.php?153914
[PR]
by tomoakishimizu | 2010-06-24 18:11 | 生活用品 | Comments(0)

取っ手付きカゴ

e0074478_21411345.jpg
 こういうのって売れるんだろうか、と思いながら日本へ持って行ったカゴ。フレンチヴィンテージのお店でアルバイトをしていた友人が「安い~」なんて言いながら真っ先に買ってくれました。確か3000円くらいだったと思いましたが、もう記憶が・・・。

 そもそも、取っ手がグラグラしていてそんなに状態が良くなかったし、小汚いから什器として使おうと思ってましたが、結構な大きさで苦労して日本に持っていったので、ちょっとだけ欲が出て値段を付けちゃいました。

 女性はやっぱり生活の中で使えるものが好きなんだなぁって。そういえばカゴオタクの女性って結構いるみたいですね。そんなに集めてどうするの?って思いますが、それはそのまま、あなたそんなにぬいぐるみ集めてどうするの?って返されちゃいますね(笑)。

パリコレの打ち合わせ行ってきます~

↓ポチッと応援お願いします~♪


http://blog.with2.net/link.php?153914
[PR]
by tomoakishimizu | 2010-06-23 21:42 | 生活用品 | Comments(4)

コート掛け各種

e0074478_235855100.jpg
 今日はコート掛け2つを紹介します。このタイプの生活用品って普段は絶対に目もくれないのですが、バリエーションを出すための商品としてあってもいいかなと思って買ってみました。

 売れるかどうか不安でしたが、今回持っていったコート掛け、3つとも売れました。もう一つのコート掛けは、写真撮るの忘れてしまいましたが、男の子と女の子が描いてあるラブリーなもの。

 上のバージョンはスチール製で、50年代頃のもの。もの凄く簡素なので、多分工場とかアトリエで使うためのものだったと思います。下の方は60年代から70年代にかけてのもの。横のラインにねじりが入っていて凝ってるし、球が付いているところがポップな感じです。

 ブローチもいいけど、売れ行きが良かった生活用品をもうちょっと増やそうかな、なんて思ってます~。

えっ?明日からパリコレです~

↓応援クリックをポチッ~♪


http://blog.with2.net/link.php?153914
[PR]
by tomoakishimizu | 2010-06-22 23:59 | 生活用品 | Comments(0)

19世紀のアイロン 其の三

e0074478_12295.jpg
     更新遅れてすみません。今、新宿2丁目でこのブログ更新してます(笑)。

 19世紀のアイロンシリーズ最後は、今までのものよりも少し改良されたバージョンです。中に入っている小さな鉄の板を暖めて使います。厚くなった鉄を直接繊維に当てるのではなく、ワンクッション置くことで焦げを防ぐことができるということなのでしょう。

 高さは10cmほど。真鍮と鉄と木でできています。見たところそんなに古いものではなく、後世に作られた模型という感じでしょうか。

 これ、今まで紹介したものの中で一番仕入れ値が高かったです。だからといって1万円以上にはできないなぁ、でも運んでくるの大変だったしぃ、でもオーバーチャージ払っちゃったしぃ、でもそれって自分の過失だしぃ、でも一応価値はありそうだしぃ、と頭の中は行ったり来たり…。
  
e0074478_12623.jpg
 撮影は、このブログではおなじみのRちゃん。Rちゃんは今夜二丁目ロストバージンです~。

こんなことしてていいのだろうか…

↓今日も応援クリックを~♪


http://blog.with2.net/link.php?153914
[PR]
by tomoakishimizu | 2010-06-02 23:39 | 生活用品 | Comments(6)

19世紀のアイロン 其の一

e0074478_22363743.jpg
 ひゃ~。とうとう日本ですよ。久しぶり過ぎて、訳のわからない夢を見ているよう。というか、出発の日はドタバタ過ぎて悪夢でした~。

 それはさておき、19世紀のアイロン。誰が買うの?っていう感じですが、これはウィンドーディスプレイなどで使って欲しいです。

 『其の一』ということは、続きがあるんです。これ、本当に重かったです~。

荷物の総重量74キロで帰ってきました~

↓応援宜しくお願いします~♪


http://blog.with2.net/link.php?153914
[PR]
by tomoakishimizu | 2010-05-30 22:37 | 生活用品 | Comments(8)