「ほっ」と。キャンペーン

カテゴリ:生活用品( 484 )

フローラルモチーフのコンポチエ?

e0074478_23503815.jpg
 昨日ご紹介した水差しと一緒に購入した、オーヴァル型のコンポチエです。こちらも鎹(かすがい)で継がれています。見たところ相当古く、19世紀以前であることに間違いなさそう。
e0074478_23505912.jpg
 ほとんどフランケンシュタイン状態。グラタンプレートにも見えますが、一応短くても脚が付いているのでコンポチエということにしておきます。花器の可能性もあり。
e0074478_2351143.jpg
 ハンドペイントがかなり適当。ブルーのラインなんて「あなた半分寝落ち状態で引いたでしょ?」なんて突っ込みたくなるくらいの雑さです。
e0074478_23512822.jpg
 内側からも継がれています。花器だとしたら、使用不可ですね。グラタンも無理。鎹の錆びの味がしそう。ですので、こちらの器には果物を盛って下さい〜。

こちらは久留米へ持って行きます〜
人気ブログランキングへ


[PR]
by tomoakishimizu | 2016-07-30 23:20 | 生活用品 | Comments(0)

陶製鎹継水差

e0074478_021316.jpg
 タイトルは、美術館で良く見る風にひらがなを抜いてみました(笑)。パリ市内の古物市で見つけた、素朴なモチーフの陶製水差しです。見ての通り、割れた部分をホッチキスのような鎹(かすがい)で継いでいます。発掘したものを無理矢理ドッキングさせたようにも見えますね。釉薬の厚みや色合い、粗さなどから推測するに、19世紀以前のルーアン辺りのものかもしれません。こちらも昨日のスープボウル同様、シテ島の骨董店で売っていそうなタイプ。
e0074478_0211773.jpg
 鎹が内側に響いているため、ちょっと恐ろしくて水が漏れるかどうか確かめていません。まあ、十中八九漏るのでしょうが。造花を飾るなどして楽しんで頂ければと思います~。

発掘系は続きます~
人気ブログランキングへ

[PR]
by tomoakishimizu | 2016-07-29 21:45 | 生活用品 | Comments(0)

青花モチーフのスープボウル

e0074478_5432359.jpg
 パリ市内の古物市で見つけた、ブルーのフローラルモチーフが描かれているスープボウルです。こちらを見つけた古物市は半年おきに街中で開催され、日本からやってくる業者も沢山。案の定、当日は知り合いの業者さんも来ていて、遅い時間にやってきた僕は、「あれ~、先に色々買われちゃったかも…」なんてちょっぴり慌てたのですが、何てことはありません。最終的には持ち切れないほどの商品を仕入れられたのでした。やはり、各人物選びの基準や見方が違いますし、店側の方も商品を出すタイミングがあって、そこに上手くはまるかどうかもあったりします。早起きしたって、良いものを沢山ゲットできるとは限らないのです。
e0074478_5434074.jpg
 さて、こちらのスープボウル。売主のマダムいわく18世紀のものだそう。う~ん、僕にはそれが正しいのかわかりませんが、シテ島のポンヌフ側にある18世紀以前の日用品ばかりを売っている骨董店で見かける陶器が正にこんな感じで、テカテカした釉薬がそれっぽいのです。この歪みも何となくそれっぽいと思いませんか?って、実物を見てもいないのにわからないか。詳細不明の産地なども含め、まだまだ研究の余地ありですね。日本へ持っていくまでに勉強したいと思います~。

もしかしたらフタ付きだったのかも~
人気ブログランキングへ

[PR]
by tomoakishimizu | 2016-07-28 23:26 | 生活用品 | Comments(0)

陶器製牡蠣型ケース入り牡蠣用フォークセット

e0074478_185341.jpg
 昨日はほぼ1日ダラダラしてしまいました。まあ、少し回復したものの、依然として肩胛骨の辺りが重く、調子は今一つ。パリコレを控えて、今日はどうしても買い出しにアリーグルへ行かなくてはならず、午後は部屋の片付けをして早めに寝るつもりです。と思ったけれど、今まで6年以上(!)使っていたi-Phone 3S(化石)がどうにもならなくなってきて、とうとうi-Phone 6に替えようと意を決して携帯ショップへ行ったら、新米に当たってしまい、1時間くらいかかってしまいました。それはともかく、新しいi-Phoneは動作が速く、物凄く重い便秘が治ったような爽快感です~。話を戻して、昨日はフラワーアーティストの花千代さんから頂いた新刊を蒲団の中で読もうと思いましたが、寝っ転がって読むには分厚くて重く、途中で断念してしまいました。それでもう1冊、仲良くさせて頂いているマダムが最近上梓した「源氏物語」の訳本を頂いたので、封筒から取り出してみましたが、こちらは更に分厚くて重く、3ページ読み進めるのが限界。学術書だから当然とはいえ、宇治十帖のみの訳なのにこの厚さは何?と思うくらい。全54帖の源氏物語って一体何なんだろうか。とにかく、両者とも健康な時に正しい姿勢で本腰入れて読むことにしました。それにしても、花千代さんの本はもの凄いページ数なのにたったの1500円でビックリ。今の時代、お得感が無いと売れないそうで、写真を撮るだけでも大変だったろうなと思いました。僕が最後に本を出してから3年くらいが経ちますが、出版を取り巻く状況は日々一刻と変化しているようです~。
e0074478_191262.jpg
 さて、今日はこちら。“誰が買うの?”シリーズの1つともいえそうな、牡蠣用フォークセットです。パリ市内の古物市で購入。OLERONの手書き文字は、牡蠣の一大養殖地である北大西洋側にあるオレロン島を意味します。おそらく70~80年代の制作。陶器製の牡蠣のケースには、ステンレスのフォークが2枚重ねで12本入っています。牡蠣だけでなく、ちょっとしたつまみを食べるために使用しても良いでしょうが、食後のフルーツ用に出したらその場が一気に凍りそう。でもこれだけで30分くらい会話が持ちそうです~。

パーティでの話題作りにどうぞ~
人気ブログランキングへ

[PR]
by tomoakishimizu | 2016-06-21 23:06 | 生活用品 | Comments(2)

20世紀初頭のインク瓶

e0074478_11231738.jpg
 パリ市内の古物市で見つけた、古いインク瓶です。コルクのフタが付いているものの、水分が蒸発し、染料の赤紫色の粉だけが残っています。ろうによる封が開いているので、使用済みのよう。
e0074478_1124711.jpg
 スーパーマーケットのカジノの値札が付いたまま。ナルシス・アントワーヌの名前が入っているので、この会社のものでも初期の時代、おそらくは19世紀中頃のものと思っていましたが、カジノの創立は1898年ですし、金賞授賞と書かれていているということは1900年の国際博覧会の話だと思うので、きっと20世紀初頭のものなのでしょう。

 さて、今日はオソブランコさんでのイベント最終日。昨日も一昨日も中々の盛況振りで(とはいいつつも、ゆったりした感じ)、このままだと記録を塗り替えそう。フフフ。本日は18時までですが、その後の搬出が大変にならないよう、最後の瞬間まで出来る限り商品を販売したいと思います~。

友くんのパリ蚤の市散歩 
Chapitre7
~2016年6月14日(火)
12時~20時営業
土曜・日曜~19時営業
期間中無休
※最終日のみ~18時
オソブランコ
〒556-0021
大阪市浪速区幸町1-2-36 2F
tel/fax06-7504-4332

壊れ物・大きくて重い物を優先的に買ってください~
人気ブログランキングへ

[PR]
by tomoakishimizu | 2016-06-14 11:26 | 生活用品 | Comments(0)

ハンドペイントのフローラルプレート2種

e0074478_10312052.jpg
 パリ郊外の古物市で見つけた磁器製フローラルプレート。2枚ともベースは全く同じものです。
e0074478_10313460.jpg
 裏面にある丸に6本の線のマークはどこのものだかわかりませんが、この写真の左端に見える、爪で付けたような印はパリ焼に見られるもので、もしかしたらパリ焼かもしれません。
e0074478_10314767.jpg
 こちらはチューリップ。でも、パリ焼にしては物凄く緻密な絵付けなので、ドイツ製という可能性も。
e0074478_10315917.jpg
 こちらが小花柄。形も凝っているので、パリ焼ではないかもしれません。時代は特定できませんが、おそらくは19世紀のものと思われます。2枚ともオソブランコさんで絶賛発売中です~。

 ビックリすることに、会期も残すところあと2日となりました。初日の物凄い勢いのまま突っ走れるかと期待しましたが、暑さのせいか2日目と3日目で急に客足が減り、でも昨日は大雨なのに急激に盛り返してホッとし、商売にはつきものですが、毎日一喜一憂しています。やっぱり波がありますよね。今日も気長に皆さんをお待ちしたいと思います~。
e0074478_1032137.jpg
 大阪異国情緒の図。こういう顔出し看板って、気取り屋さん傾向の強い東京には無いかも。パリにいた友人Sくん(♂)に撮ってもらいましたが、写真下手過ぎとディスってしまいました。それはさておき、この看板、こんな風にみんな写真を撮ってどこかにアップするわけで、勝手に宣伝してくれて費用対効果抜群。さすが大阪人は違いますね。で、昨日はその友人Sくんと、彼の高校時代の同級生Hちゃん(♀)と一緒に立ち飲み屋へ行き、梯子してSくんおすすめのレトロなインテリアの喫茶店へ。店内はなぜかゲイばかりで、オジサンのゲイが若いゲイにしきりに筋トレを勧めているのがおかしかったです。そこで食べた抹茶パフェ(870円)は激マズでしたが、面白いものが見られたので良しとします。それからHちゃんの行きつけというゲイバー『ゴールデンボール(敢えて日本語訳はしないこと)』へ。ここは、ピンクレディーのコンサートでは『サウスポー』の衣装を着て必ず最前列を陣取ることで有名なマーくんのお店。マーくんは『月曜からよふかし』でもとり上げられていました。4年くらい前にも別の友人に連れて来られたことがあり、どうしてもここに来る運命にあるようです。マーくんをアシストする若い子に「タイプです」と言われて動揺しながらも何もアクションを起こさず、店を後にしてちょっと心残りだったりして(笑)。という感じで、めまぐるしい毎日を送っていて、あっという間に大阪滞在が終わりそう。もうすでに寂しいという感情が起き始めている僕なのでした~。

本日は20時までです~
人気ブログランキングへ

[PR]
by tomoakishimizu | 2016-06-13 10:35 | 生活用品 | Comments(0)

ウェッジウッドのトライアングル・プレート

e0074478_8311260.jpg
 何だか朝からバタバタでした~。5時に起きて朝ごはんを食べようとしたら水が出ない! 部屋の管理会社に電話をしたら、建物の管理会社に電話するように言われ、そのやり取りで時間が過ぎ、配電盤のエラーが発見されて復旧したのが6時。それからシャワーを浴びて荷物をまとめて7時に出発。今日は大阪へ移動します~。そして午後から搬入。一昨日搬出だったのに、今日は搬入ですよ。小さな引越しをずっと続けている感じです。あ、そうそう、昨日の記事についての追加情報です。オソブランコさんに送った荷物の数は、最初パリからやってきた時に1箱送ってあったので、代官山プピ・エ・ミミさんからは17箱送っていて、合計で18箱だったのでした。合計数は変わりませんが、前もって送っていた箱を忘れていました。そしてプピ・エ・ミミさんですが、お店はクローズするものの、楽天を通じての商品の販売は続き、僕のセレクトした古物の取り扱いもありますので、是非ホームページをチェックしてみてください~。
e0074478_8312361.jpg
 さて、今日はこちら。パリ郊外の古物市で見つけた、ウェッジウッドの三角プレートです。この刻印は1860年から1900年のものだそう。小さな欠けとヒビがあるものの、100年以上良くこの形状を保ってきたと思います。三角といっても、複雑な曲線で構成された物凄く有機的なフォルムで、19世紀の人々の物作りへの情熱を感じます。残念ながら東京では里親が見つからず、明日からの大阪はオソブランコさんでのイベントで気長に探したいと思います~。

今から飛行機に乗ります~
人気ブログランキングへ

[PR]
by tomoakishimizu | 2016-06-08 08:32 | 生活用品 | Comments(0)

ピューター製スープ鉢

e0074478_12225971.jpg
 昨日は恐怖の搬出でした。そして僕にとってプピ・エ・ミミさん最後の日。正午にご近所のフレンチレストラン、パウトで前打ち上げをし、ちょっぴりほろ酔い加減で1時半から搬出作業スタート。お店の中に点在する僕の委託商品をピックアップしながら、手際よく箱詰めしたつもりが、いつものことながら最後の方でどうしても入らない商品が出てきて、予定外の3箱を増やして全部で19箱。でも陶磁器類が極端に少ないので、実家にあるストック2箱を大阪のオソブランコさんに送ってもらうことにしました。19箱のうち1箱は渋谷のunikkさん向けなので、オソブランコさんには合計20箱が届きます。大阪の皆さん、どうぞ宜しくお願いします~。と書いている間に、オソブランコさんのツイッターで既に18箱届いたというツイートがありました。日本ってやっぱり凄い! それで、宅配便の最終時間ギリギリの7時までに何とか作業を終え、お客様から頂いたシャンパンで乾杯。それからご近所のご家族が乱入してきて本格的に打ち上げスタート。一旦9時に解散し、オーナーの平山夫妻と3人で道玄坂の焼肉店へ。それから上の階の隠れ家的なバーへ。店主のキンタカオさんは、朝の連続ドラマ小説『とと姉ちゃん』にも出演する俳優さんで、色々と話し込んだら4時になっていました。タクシーに乗る平山夫妻を見送り、歩いてウィークリーマンションまで戻りましたが、明治通りを歩いている間に無性に寂しくなり、恥ずかしげも無く声を上げて泣き、そのまま泣きながら寝てしまいました。1つの区切りとして受け入れなければならないのでしょうが、それにしても、あの世界観が失われると思うと悲しくて仕方がありません。僕の商品で埋もれていた店内も搬出作業後はがら~んとなり、その様子を見ながら平山夫妻は「友くんに頼りすぎていた」と言っていたけれど、僕が調子に乗って委託商品を置き過ぎていたかもしれないと思いました。彼ら自身が買い付けて販売するのと、委託商品を販売するのとでは利益率が全く違いますからね。そして、ただ店を構えているだけでなはく、店を休みにしてでもデパートやら企画展などの催事に出店しないと新規の顧客は開拓できず、また店のオリジナルブランドを卸・販売しないと難しいのかなとか、色々考えたり。今の世の中、商売を続けるのは本当に難しいと思った瞬間でした。でも平山夫妻は8年弱良く頑張ったと思います。お店に心血を注ぐ彼らがいたからこそ、僕も頑張れた部分が大きく…、なんて書いていると、どんどん悲しくなっていくのでやめることにします。文さん、未央さん、今まで本当に有難うございました~。
e0074478_12234752.jpg
 さて、今日はこちら。以前ピューター製のフタ付きスープ鉢をご紹介していて、ほとんど同じものですが、こちらはやや新しいと思われます。といっても、50年以上は経っているはず。底面の刻印を見たら、イタリア製でした。予想通り東京では苦戦をし、そのまま大阪行き決定ですが、更に苦戦が続き、久留米&名古屋行きになりそう(笑)。頑張ります~。

今日は目が腫れてます~
人気ブログランキングへ

[PR]
by tomoakishimizu | 2016-06-07 12:26 | 生活用品 | Comments(4)

キュノワールの無地プレート

e0074478_1045897.jpg
 小汚いけれど味のある、キュノワールの無地のプレートです。無地を探し当てるのは本当に難しく、同業の皆さんは血眼です。というのは一昔の話かもしれませんが、そこそこの人気を保っているかも。まぁ、無地といってもヒビと沢山のナイフ傷と大きな貫入がモチーフに見えるけれど、こちらは正真正銘の無地です。
e0074478_105106.jpg
 裏は真っ黒。ところで、9日間もあった代官山プピ・エ・ミミさんの蚤の市イベントも、あと残すところたった2日となってしまいました。毎日沢山の方にお越し頂いていて、そのバラエティの豊かさには本当に驚かされます。編集者、主婦、専門学校生、大学生、医療関係、レストラン関係、アクセサリー作家さん、同業者(古物商)など様々。女装・男装の衣装のお直しといった、全く新しい職種の方も。お陰様で毎日楽しく、飽きる瞬間がゼロです。店主の平山夫妻と雑談する暇も無いくらいの時間の進み方で、気付いたら売上記録を塗り替えそうな勢いになっていました。ビックリ&大感謝。お店自体が持つ独特の世界観の中で、ゆったりしたショッピングを楽しめるのもあと2日です。最後のチャンスをお見逃し無く!

宣誓:今日はレース類を見やすく整理しますっ!
人気ブログランキングへ

[PR]
by tomoakishimizu | 2016-06-04 10:06 | 生活用品 | Comments(0)

リンゴのアイスペール

e0074478_9454630.jpg
 いや~、東京での仮住まい生活は大変です。ウィークリーマンション会社を通じ、前回と全く同じ建物の部屋を借りたのですが、キッチンの水の出が悪くてクレームを付けたら、委託業者が来たものの、その業者がしくじり、今度はシャワーの水の出が悪くなってしまいました。しかも、(その工事とは関係ないけれど)便器のネジが緩んでグラグラ。結局シャワーは上の階の空き部屋で2日やり過ごすことに。そして昨日、再び業者がやってきました。キッチンの水の出は、シンクの下の接合部分が錆びていたたためで、シャワーの方は、最初に点検したときに元栓を全開に戻し忘れたためでした。でも便器のグラグラは直らず。工事するとなると大事になると言われました。でも、そんなものに付き合っていられるほど時間的余裕はありません。再びクレームを入れて、上の空き部屋に移動させろと要求し、それがすんなり通ったので引越しました。昨日はスケジュールがパンパンだったので、超特急で部屋と部屋を何度も往復して汗ダラダラ。こんなに面倒なことが起きても、ウィークリーマンション会社からは何の補償も無いわけで、どこの業界も大変なんだなぁと思ったり。管理不行届きも余裕の無さから来るものなのでしょう。でも大切な部分はちゃんとやらなくてはいけないわけで、自分も気を抜かずにやらなくてはと思ったのでした。それはさておき、出の悪い水道に慣れてしまったため、いちいち蛇口を全開にする癖がついてしまい、部屋を移動してからはずっと水はね被害に遭っています~。
e0074478_9455775.jpg
 さて、今日はこちら。パリ市内の古物市で購入した、アルミ製のアイスペールです。制作年代は詳しくわからず、でもネット上で見る限りでは60~70年代のもののようです。おそらくは社名でしょうが、リュクシュウムという刻印についても良くわからず。
e0074478_9462028.jpg
 ネットオークションで、全く同じシリーズの赤い梨バージョンを発見。でも物凄い値段が付いていてビックリでした。きっと新品同様なのでしょう。こちらは所々擦り傷があるので、当然ながらのお手頃価格。高さが30cmくらいあって、ちょっとばかり置き場に困る大きさゆえ、苦戦覚悟で頑張ります~。

本日から日曜日まで全速力~!
人気ブログランキングへ

[PR]
by tomoakishimizu | 2016-05-31 09:56 | 生活用品 | Comments(0)