カテゴリ:生活用品( 497 )

エスカルゴ用ポット

e0074478_8272573.jpg
 パリから持ってこられなかったアイテムをここに。友人の夫の持ち物だった、エスカルゴ用のポットです。缶詰や瓶詰めのエスカルゴを1つずつ入れ、オーブンで焼くことができます。半磁器製で、全部で29個。重くて荷物に入れられませんでした。何となく日本の陶器にも通じる渋さがあるかも。ポット自体は現在でも様々な形態で生産されていて、カタツムリの形をしているものや白磁のシンプルなものが主流のようです。でも1個1個個別に入れて焼き、最後に洗うのが面倒。どちらかというと、6個単位でまとめて調理できるプレートのほうが一般的。ひとまず、食器屋さんでは中々お目にかかれないアイテムです。こちらのポットの制作年代はわかりませんが、友人の夫の実家にあったものなので、少なくとも40~50年は経っていそうで、それなりに古いはず。
e0074478_8275544.jpg
 お猪口としてもどうかなぁ、と思いましたが、分厚いので口当たりは良くないです。そのまま、エスカルゴを入れて焼く器として使うか、ビーズなどの小さなものを入れてディスプレイとして使うか、微妙な用途の狭さです~。

もしくは小花を生けるとか?
人気ブログランキングへ

[PR]
by tomoakishimizu | 2016-09-09 08:28 | 生活用品 | Comments(4)

リスの木製フィギュア付きランプ

e0074478_1122535.jpg
 昨日を持ちまして、久留米はデニムさんでのイベントが終了しました~。お越し頂いた皆さん、どうも有り難うございました~!途中台風に悩まされましたが、その分後半に盛り返し、様々な新しい出会いもあり、お陰様で売上記録更新!また半年後も、バラエティに富んだ商品構成でイベントを開催できたら嬉しいです~。
e0074478_11221651.jpg
 さて、今日はこちらのリスちゃん付きのランプ。昨日のスープ鉢同様、販売済みではありますが、それなりに苦労をしたのでここでご紹介したいと思います。おそらくは60年代のスペイン製。スペインには木工の伝統があり、時々面白いアイテムが出てきます。ディズニーのキャラクターの付いたランプは有名で、もしかしたらこのリスもその1つかもしれません。こちらはパリ郊外の古物市で見つけましたが、当初は土台の円盤部分の塗料が剥離していてボロボロ。傘もありませんでした。それを持ち帰り、土台にヤスリをかけてペンキをペイントし、ムラを取るために再びヤスリをかけ、リスちゃんの黒い部分もペンキでペイント。同じ年代の傘を取り付けようと思いましたが、ソケットの金具が合わず、新しいものに交換しました。 そうして完成したのですが、中々良い雰囲気に仕上がったと思います。売り場では同時にお二人がご所望。互いに譲り合う形となるも、最終的に里親が決定してホッとしました。スペイン製のキャラクターランプは中々の人気と見たので、修理が大変でも、これからどんどん買い付けていきたいと思います~。

本日半日かけて搬出です~(泣)
人気ブログランキングへ

[PR]
by tomoakishimizu | 2016-09-07 11:23 | 生活用品 | Comments(0)

キュ・ノワールのスープ鉢

e0074478_10354456.jpg
 いや~、6日間の会期も残すところ今日だけとなりました。要するに最終日です。あっという間でした。何だかなぁ、あんなに搬入頑張ったのだから、1ヶ月くらいやりたいところですが、そんなことしたらお店に多大な迷惑がかかりますね。昨日も台風の影響で客足はそれ程良くもなかったものの、大きなお買い物をしてくださる方が何人かいらして、とても良い感じで終了できました。本日も頑張ります~。

 さて、今日はこちら。おそらくは19世紀にルーアン近辺で作られたと思われる、キュ・ノワールのスーピエール(スープ鉢)です。
e0074478_10355672.jpg
 キュ・ノワール(黒い尻)、つまり底面も黒い釉薬が塗られています。ただ、ハマがバッチリあるので、19世紀とはいえ、それ程古いものではないのかもしれません。とはいえ、ミルグレーヌ(粒々の意匠)からしてスタイル的にはナポレオン3世様式なので、150年くらいは経っていそう。
e0074478_1036886.jpg
 内側はキュノワール特有のグレーっぽい白の釉薬が分厚く塗られています。そしてこの貫入が何ともいえない美しいニュアンスを出していると思うのですが、いかがでしょうか?

 実はこれ、日本に来る直前に、ヴァンヴでスタンドを出している日本人のTさんから買い付けたもの。2ヶ月くらい前から目にしていて、素敵だなぁと思っていましたが、その大きさゆえに購入を躊躇していました。8~10人分のスープが入りそうな大きさ。僕が眺めている間、多数のバイヤーが目にしていたと思うのですが、皆さん持ち運びのことを考えて各自諦めていたはず。Tさんは「素敵なのに全然売れない~」と嘆いていました。それで、久留米に来る直前に、やっぱり飲食関係者のお客様が多いのだから、目を楽しませるためにも買って行こうと急に決心したのでした。預けてしまうと破損するのは目に見えていたので、厳重に梱包して手で運び機内持ち込みに。随分と慣れたものの、今回は結構緊張を強いられたかも。そして久留米まで持ってきましたが、いきなり初日にお取り置き決定!努力は報われました~。ということで、すみません。こちらの商品は取り扱い終了。また次回、珍しくて素敵なものを探してきます~。

本日21時までお待ちしています~!
人気ブログランキングへ

[PR]
by tomoakishimizu | 2016-09-06 10:39 | 生活用品 | Comments(0)

ピンク・オパリーヌのランプ・ベルジェール

e0074478_1116225.jpg
 久留米に到着です~。昨日の朝は、パリ出発当日に見つけたレース編み台のグチャグチャになったボビンと格闘。結局全て解くことはかなわず、続きは久留米まで持ち越すことにしました。そして、昨日の締切日に合わせて書き上げていた原稿を送ろうと思い、コンピュータを開けて探すもどこにも無い! 2日前、バタバタ状態で似たようなタイトルのテキストを削除してしまっていたことをふと思い出して真っ青に。広報担当者から頂いたプリント資料はパリにあるし、どうしよう~、なんて思いましたが、何てことはない。その後頂いたメールに資料が添付されていたのを思い出し、また原稿自体も500文字程度だったので、何とか思い出しながら飛行機の中で書き終えました。他にも色々ありましたが、何とかギリギリセーフで来てるかもしれません。後悔しないよう、このままの調子で精一杯頑張り通したいと思います~。
e0074478_11161785.jpg
 さて、今日はこちら。昨日フェイスブック上で公開して物凄い反響だったバカラ・バージョンに続いて、ピンク・オパリーヌのランプ・ベルジェールです。パリ市内の古物市で購入。1950~60年代の制作と思われます。どの工房とのコラボレーションかはわかりませんが、中々のクオリティを感じさせるフォルムの美しさを見せています。調べたところ、アルザス・ロレーヌ地方由来のよう。つまりはラリックやドームと同じ産地。バカラもそうですね。ということで、全く同じジャンルではないですが、“それなり”のものではあるようです~。

ブルーバージョンも持ってきています~
人気ブログランキングへ

[PR]
by tomoakishimizu | 2016-08-31 11:17 | 生活用品 | Comments(0)

バカラ製ランプ・ベルジェール

e0074478_18173897.jpg
 何とか日本に辿り着けました~。台風の影響でパリからの到着地が変更になることも覚悟しましたが、全然そんなことも無く拍子抜け。次の日の福岡行きのフライトについてカウンターで聞いたら、欠航の予定はないと言われ「ああ、これは大丈夫」と確信。実家に戻ってニュースを見ると、台風は報じられていた進路から外れて随分と東に逸れていました。阪急うめだ本店での『古きよき時代マーケット』に出店する同業者の友人達も、ホッと胸をなでおろしたようです。というわけで、滞りなく明後日からデニムさんでイベントスタートです~。
e0074478_18175478.jpg
 さて、今日はこちら。パリ市内の古物市で購入した、バカラが制作したランプ・ベルジェールです。あ、日本での表記はランプベルジェ。アロマオイルを焚くためのランプで、様々な工房・アーティストとコラボレーションした様々な形状のものが出ています。こちらのバカラ製ランプは、底面にエッチングの刻印が無かった時代のもので、おそらくは1930年代以前の制作。当時はシールが貼ってあったようですが、残念ながらこちらには残っていません。バカラの代表的なスタイルであるアルクールに通じるカットと、どっしりしたフォルムが特徴的。キャップも今のものとは違い、ゴシック的なカナージュモチーフで、中々雰囲気があります。欠けもヒビも無く、傷もほとんど見当たらない良好な状態。現在はランプ・ベルジェールとバカラはコラボレーションをしておらず、復刻版も出ていないのでかなり貴重なはず。こちらは久留米のデニムさんにて販売予定です。実は一番最初にデニムさんでイベントした時にいらしたお客様に、「古いランプ・ベルジェールは無いですか?」と聞かれ、全く知識の無かった僕は「はぁ?何ですそれ?」なんて返してしまいました。それから程なくして、デニムさんでもランプ・ベルジェールを扱い始めたのですが、販売しているのは当然現行品で、何だかピンと来ない感じ。アンテナを張っていない状態なので、古物市でも全く目に入ってきません。でもこのバカラのランプと出会って変わりました。毎週末の古物市で面白いランプが出てこないかなぁ、なんて心待ちにするまでになったのです。今回10個程揃えて持って来ましたが、初心者ゆえヘンテコリンなものも買い付けてしまっているので、久留米にいる超こだわりランプマニアの方にはお許し頂きたいです~。

明日の搬入頑張ります~
人気ブログランキングへ

[PR]
by tomoakishimizu | 2016-08-30 18:19 | 生活用品 | Comments(0)

ピンクオパリーヌのランプシェード

e0074478_3431370.jpg
 いや~、相変わらず暑いです。昨日も37度で、今日は少し下がって34度。こんな気候の中で飲み会が重なると辛い…。昨日の夜は友人宅で深酒をし、今日も友人カップルの結婚式&昼食会で浴びるように飲んで頭ボンヤリ。出発当日だけれど、明日は朝から仕入れに出たいので、今夜は頑張って荷造りしなくちゃ。でも日本は大型台風が接近していて、ちゃんと降り立てるのか微妙なところ。国の主でさえ予定を早めて帰国するそうで、段々心配になってきました。でも心配しても意味が無いので止めます。無事に実家に辿りつけても、次の日の火曜日に久留米へ行く予定で、こちらの方が面倒なことになりそう。色々と妄想しているのですが、パリ-羽田便が台風を避けて羽田空港から変更して福岡空港に着陸するのがベストかも~、なんて。これも意味が無いので止めておきます。

 さて、今日はこちら。久留米ではなぜか需要が高いランプシェードです。珍しいピンクオパリーヌ製。可愛い色だけれど、プリーツ部分が深海生物のようでちょっぴり怖い感じもしますね。おそらくは1940~50年代の制作。手持ちで運ばないといけなくて、中々面倒ではあるのですが、要望があるので応えなくてはいけません。他にも割れ物がたくさんあり、明日は色々と神経を遣うフライトになりそうです~。

あれ、首相と空港で鉢合わせ?
人気ブログランキングへ

[PR]
by tomoakishimizu | 2016-08-27 23:03 | 生活用品 | Comments(0)

フクロウ型のアイスペール

e0074478_21165688.jpg
 パリ市内の古物市で見つけた、フクロウを象ったアイスペールです。でも問題が沢山で、ちょっと苦労しています。
e0074478_21171593.jpg
 おそらくは60~70年代の制作。見た目は可愛いのですが、前の持ち主の扱い方が雑だったため見えないところの状態が悪いのと、そもそもの設計に問題がありました。
e0074478_21173790.jpg
 水がかかることは容易に想定できたはずなのに、底の板は鉄製。この1枚の鉄の板、外も中も錆びだらけです。
e0074478_21175994.jpg
 そして、氷を直接入れるプラスチックのケースがバキバキ。実は買った時は気付いていませんでした。おそらくは、前の持ち主がシャンパンの瓶か何かをドスンと突っ込んで割ったに違いありません。アイスペールをボトルクーラーとして使うのは絶対NGなのに。
e0074478_2118208.jpg
 仕方ないので紙ヤスリでゴシゴシやって錆を落としました。一見ココアパウダーのようで美味しそうですね。
e0074478_21202288.jpg
 そうしたら、イタリア製の刻印が出てきました。ヤスリかけて良かったです~。
e0074478_21204580.jpg
 内側もゴシゴシやりましたが、錆の侵食が激しく、限界を感じてここでストップ。
e0074478_2121757.jpg
 鉄板に最終兵器である錆止めペイントを塗りました。内側も防水をかねて厚めにペイント。白いプラスチックケースについては、接着剤で接合し、外側に水周り用のパテを厚めに盛り、全体を冷蔵庫やシステムキッチン用のスプレーペイントで塗り込めることに。でもまだ作業中なので、写真はありません。明後日の出発までに間に合うのだろうか…。

台風が逸れますように~
人気ブログランキングへ

[PR]
by tomoakishimizu | 2016-08-26 21:23 | 生活用品 | Comments(0)

ビストロ用ワイングラス

e0074478_22211459.jpg
 その昔、ビストロで使用されていたワイングラスです。簡単に壊れないよう、分厚くて頑丈な作りになっています。購入場所はアリーグル市場。同業者の友人いわく、ビストログラスは日本ではかなりの売れ筋だそう。でも、グラスなんてそもそも眼中外で、今回偶々好きな形だったので自然と目が行ったようです。売主のエミールいわく1930年代のものだそうですが、あのとっつぁんは言うことがいい加減なので信用できません。シンプルだけれど角が取れているデザインから推測するに、1940~50年代の制作かと思われます。金線入り・金線無し、それぞれ5脚限定。名古屋の髙島屋さんにて販売します~。

売れ筋という触れ込みが本当か実験です~
人気ブログランキングへ

[PR]
by tomoakishimizu | 2016-08-23 22:21 | 生活用品 | Comments(0)

カイザージン社製パン屑ちりとり

e0074478_17332894.jpg
 パリに戻ってきて次の日に段ボール16箱とプチプチフィルム200mが届き、その後もモリモリ仕入をしているので部屋が滅茶苦茶です。段ボールのせいで廊下はカニ歩きをしないと通れないし、窓に行き着くまでに刺繍絵、洗濯物干し、旅行用のコロコロバッグ、材質不明の金属プレートとピンバッヂアルバム、フォンデュー鍋、コンポチエをまたがなければならず、時々それらが足に当たります。このままでは商品が台無しになるので、近日中に何とかしなければ。というか、次の日曜日に出発なんですけれどね。トホホ。それまでに原稿の締め切りがあるし、9月末のパリコレの準備もしなくちゃいけないしで、どうしたら良いのやら。今日から心を入れ替えて頑張ります~。
e0074478_1733428.jpg
 さて、本日ご紹介するのはこちら。パリ市内の古物市で見つけた、20世紀初頭のカイザージン社製パン屑ちりとりです。見てそのまま、アール・ヌーヴォー様式。パンを食べるようになってそれなりに歴史のある日本にあっても、これを日常的に使用する人は少ないでしょうかね。そもそも、大きさの違う2つのちりとりを使い分ける必要性があるのか微妙。元々セットだったので、このままで販売したいのですが悩むところです~。

買う人が迷わないようセット販売にします~
人気ブログランキングへ

[PR]
by tomoakishimizu | 2016-08-22 17:35 | 生活用品 | Comments(0)

クレイユ・エ・モントローのポットシリーズ

e0074478_04786.jpg
 実家にこもって新商品の整理&棚卸しをしていた間は、ひたすら出されたものを食べる1週間で、外を歩き回ったりすることはほぼゼロでした。そして、パリに戻ってきて体重計に乗ってビックリ。夢の80キロを超えていました。仕方のない話。何よりも帰りの飛行機がいけませんでした。エコノミークラスが満席で、航空会社の方からビジネスにアップグレードして頂き、そこで欲張ったのがいけなかった。ラウンジでカレーライス、唐揚げ&フライドポテト、焼きそば、とんこつラーメンを焼酎をガブ飲みながら爆喰いし、搭乗してからも食べっ放し。わざわざ自宅前の店で食べなくても、ここで食べられるじゃん、なんて思って一風堂のとんこつラーメンも頼んでしまう始末。自宅に戻ってからは、夕食は豆腐一丁だけダイエットを2日続け、酒抜きをして簡単に2キロ減らせましたが、また問題発生。一昨日の夜、仕事の打ち合わせで某作家さんと夕食をご一緒したのは良かったものの、その作家さん「俺はミュージシャンでもあるから腹が出たらダメ」とかいって小鳥の餌ほどしか食べません。前菜と後菜×2名分の3分の2、いえ、5分の4くらいを懸命に食べなくてはならず。まあ、とても美味しく頂けたので良いのだけれど。来週ダイエット頑張ります。それはさておき、その某作家さんは、毎朝3時頃に起きて小説を書き続けているそうで、そうやって続けられるのは素晴らしいことだなと感心したのでした。そんな情熱を燃やせるのは才能があるからなのか、それとも情熱があるから才能を伸ばせるのか、中々判断がつきませんが、そのどちらでもあるのでしょう。そういえば、帰りの便でラウンジからご一緒させて頂いたフランス在住の某俳優さんも、そういった意味で情熱的に仕事を続けておられる方でした。作家さんが57歳で、俳優さんは御年83歳!迷いの無いお二人の姿を見て、もう少ししっかりしないといけないな、と反省したのでした~。

 さて、今日はこちら。パリ郊外の古物市で見つけた用途不明のポットです。5つあり、それぞれ大きさが異なります。売り主曰く、コーヒーポットと言っていましたが、わざわざ大きさの異なるポットを作る必要もなく。おそらくは料理に添えるソースを入れるものだったのではないかと思われます。
e0074478_0473010.jpg
 クレイユ・エ・モントローの作。こちらのバックスタンプには、博覧会のコンクールで1834年、39年、44年、49年に金賞を取っている旨が記述されており、1849年以降で1860~70年代までのナポレオン3世期の制作と推定されます。シンプルなフォルムとすっきりしたブルーのラインによって非常にモダンに見えますが、150歳以上の歴とした骨董品です。
e0074478_0474282.jpg
 でも残念なことに1つだけ持ち手が折れています。これは修復不可能なので、販売はしません。ひとまずバラ売りして、どれか購入して頂いた方にプレゼントするつもり。希望者がいなかったら廃棄するしかありませんけれどね。
e0074478_0475561.jpg
 そして今回大ショックだったのが、一番大きなポットが修復されていたこと。ああ~、これには気付けなかった!こちらは廉価で提供予定。やっぱり陶磁器を扱うのは本当に大変です~。

何度も失敗してるのに、どういうことっ?
人気ブログランキングへ

[PR]
by tomoakishimizu | 2016-08-20 22:09 | 生活用品 | Comments(0)