カテゴリ:生活用品( 493 )

ホウロウ製秤

e0074478_13063312.jpg
 パリ市内の古物市で見つけた、おそらくは1950年代以前のホウロウ製の秤です。残念ながら錘は付いていません。錘はフランスで買おうとすると想像以上に高く、日本に持ってきても想像以上に売れません。こちらの秤も結構な大きさで微妙なアイテムだけれど、まだ錘より需要がありそう。というのは僕の個人的な見解ですが。とにかく、誰かの目に留まることを祈るばかりです~。

カフェや雑貨屋さんの備品としてお勧めです~
人気ブログランキングへ

[PR]
by tomoakishimizu | 2017-02-17 13:07 | 生活用品 | Comments(0)

ホウロウ製チリトリ

e0074478_08450332.jpg
 昨日のジュエリーからすると真っ逆様な感じですが、ごま塩ホウロウのチリトリです。パリ市内の古物市で購入。おそらくは50年代のフランス製。裏面は所々錆び付いているので、お飾りにしかならないでしょう。これを、天下の阪急うめだ本店で売ろうとしている自分って勇気あるなぁ、なんて我ながら思ったり。今から値付けで悩むとします~。

3月8日からお待ちしています~
人気ブログランキングへ

[PR]
by tomoakishimizu | 2017-02-16 08:46 | 生活用品 | Comments(0)

樹脂製トレイセット

e0074478_2244991.jpg
 何だか地味目なものが続いていますが、本日はこちら。パリ市内の古物市で見つけた、樹脂製のトレイセットです。売っていたのは顔なじみのフランス人の業者で、オッサンいわく1950年代のものとのこと。刻印など一切入っていないので、何ともいえませんが。
e0074478_225892.jpg
 型で抜いた樹脂にペイントを施していて、ブルーのラインにはムラがあるので手彩色しているようです。結構ちゃんとしたものかもしれません。
e0074478_2253271.jpg
 こんな風にも置けます。かなり熟考してデザインされたもののような気がします。
e0074478_2255069.jpg
 アレンジは際限なく。アクセサリートレイとしてはもちろんのこと、ピーナッツやおかきを盛ったり、ハムとオリーブとか、蕎麦とネギとかでも良さそう。ご自由にお使いください~。

明日からメンズのパリコレリポート開始~
人気ブログランキングへ

[PR]
by tomoakishimizu | 2017-01-18 02:29 | 生活用品 | Comments(0)

ベークライト製扇風機

e0074478_23543213.jpg
 パリ市内の古物市で見つけた、ベークライト製のレトロな扇風機です。おそらくは40~50年代の制作。世の中は冬だというのに、最近はどういうわけか扇風機にばかり目が行きます。
e0074478_23544822.jpg
 ベルギー製。Frigidについては、ネット上で何の情報も出てきませんでした。半世紀以上経ってはいるものの、モーターはちゃんと生きています。コンセントのプラグまでベークライトなので、今回は付け替えずにそのまま販売したいと思います~。

変換プラグをお使いくだい~
人気ブログランキングへ

[PR]
by tomoakishimizu | 2017-01-14 23:55 | 生活用品 | Comments(2)

柄付き水切りザル

e0074478_23515769.jpg
 パリ市内の古物市で見つけた、アルミ製の水切りザルです。木製の柄が付いています。おそらくは1950年代の制作。11月、日本へ運ぶためにしっかりと梱包しましたが、他のものを優先的に入れていたら段ボール箱に入らず、手持ちでも持てず、出発当日に諦めました。次回は必ず日本でデビューさせます。需要はそんなに高くないと思いますが・・・。

ビストロ・レストランの備品にピッタリです~
人気ブログランキングへ

[PR]
by tomoakishimizu | 2017-01-10 23:52 | 生活用品 | Comments(0)

アトリエ用扇風機

e0074478_23261292.jpg
 パリに戻ってきました~。今回はイベント後に実家で過ごし、毎日9時間以上寝ていたので、パリ到着の次の日に廃人状態にならずに済みました。で、今日は朝から部屋の掃除をしてアリーグル市場へ行きましたが、結局午後になってからグッタリ。やっぱり今日も早寝しないとダメそうです~。さて、本日はこちら。アリーグル市場で見つけた、アトリエ用扇風機です。見ての通り、指を入れようと思えば簡単に入り、非常に危険。卓上ではなく、壁に取り付るタイプかなと思いましたが、昔の扇風機ってこんな感じだったのかもしれません。指を失うのも自己責任。
e0074478_23262791.jpg
 1977年1月26日に元あった場所から取り外され、115Vから230V対応に切り替え作業をしたことを示すタグが付いていました。でもタグが付いたままということは、結局その後は使われなかったようです。ちなみにモーターは生きていて、しっかり動きます。
e0074478_23264596.jpg
 ネット上で調べたところ、制作年代は1950~60年代。エトワルというブランドについては良くわからず、おそらくは現存しない、扇風機を専門にしていたメーカーのよう。そして現在、エトワルの扇風機はフランスで高額取引されています。こういったアトリエものって、まだまだ知らないことが多いので、専門にしている業者さんに会った時に教えてもらおうと思います~。

Kさん、よろしく~
人気ブログランキングへ

[PR]
by tomoakishimizu | 2017-01-05 23:28 | 生活用品 | Comments(0)

ボタニカモチーフ入りオクトゴナル・プレート2種

e0074478_9441277.jpg
 パリ市内の古物市で見つけた、ハンドペイントのモチーフが入ったオクトゴナル・プレートです。バックスタンプも刻印も無いのですが、おそらくは最初期のクレイユかモントローのどちらかの作だと思われます。同業者の某くんも同意見でした。ということで、200年は余裕で経っているでしょうか。
e0074478_9443543.jpg
 割とザックリ描いています。貫入に入った汚れを見る限りでは、飾り皿というよりかは普段使いだったよう。
e0074478_9444995.jpg
 こちらは何かの実を描いたプレート。2枚あって、それぞれモチーフが異なります。
e0074478_945571.jpg
 赤い釉薬が剥離しているので、やはり食事で使用していたのでしょう。どちらかが売れたのですが記憶が曖昧。おそらく実の方が残っています。大阪で販売しますので、是非ご覧下さい~。

明日パリに戻ります~
人気ブログランキングへ

[PR]
by tomoakishimizu | 2017-01-03 09:49 | 生活用品 | Comments(0)

セザンヌ村のウランガラス製コップ

e0074478_10445575.jpg
 パリ市内の古物市で見つけた、ウランガラス製のコップです。ウランガラス特有の蛍光グリーンと金線のコントラストが美しく、金文字の盛り上がりが中々豪華。セザンヌはスザンヌとはちょっと違うけれど、もしかしたら女性の名前かも、なんて思いましたが、調べたところ、マルヌ県にある村だそう。それなりに歴史が古く、富裕層が多く住んでいたたため、こんな手の込んだものが作られていたのかもしれません。当時のお土産品? こちらもBSプレミアムの番組収録中に見つけました。でもその時は、ちょっとした空白時間を利用して取材班から離れたので、買い付けシーンは撮影されていません。あ、でもこのコップは個人的に気に入っているので、コレクションに加えようと思います。としつつも、「これを所有してどうするのか」と問いかけてくる自分もいて、それだったら販売に回してもいいかもなぁ、なんて思ったり。そのせめぎあいを暫く楽しみたいと思います~。

年内には販売?
人気ブログランキングへ

[PR]
by tomoakishimizu | 2017-01-02 10:45 | 生活用品 | Comments(4)

プジョー製コーヒーミル

e0074478_18561190.jpg
 パリ市内の古物市で見つけた、プジョー製のコーヒーミルです。ネット上で見ると、1950年~1952年辺りの制作で、旅行でも使えるコンパクトサイズが売りだったよう。残念ながらステンシル製のプジョーのステッカーははがれています。フランスでもかなり人気のシリーズで、ちょっとだけ無理して仕入れました。
e0074478_18562252.jpg
 中はこんな感じで、まだまだ現役で使えそう。実はこのコーヒーミル、今回持ってこようと思って断念したものの1つ。次回の阪急うめだ本店でのフランス祭では、絶対にデビューさせたいと思います~。

 さて、僕の個人的な話の続き。昨日の新千歳空港は本当にサバイバルな感じで、最後までドキドキしっ放しでした。先ず、周囲のいびきに苛まれながらも寝袋の中で6時間を過ごし(結構眠れた)、5時過ぎに目を覚ましてトイレのついでにカウンターへ行ってみると、プレミアムクラスの列で結構な長さになっていて、慌てて秋山さんを起こして一緒に並びました。僕が乗る便はその日の17時発だったのですが、出来るだけ早く帰りたく、空席待ちの予約をするためでした。毛布と寝袋を敷いて座り、何となくやり過ごすこと約2時間。我々の順番が回ってきて、空席待ちの予約をしましたが、その場合、搭乗する便が確定していないため荷物を預けることができません。ただ、僕のバッグはかなり小さめだったので、ラウンジに持ち込めることがわかりました。でも、秋山さんの荷物がかなり大きく、空席待ちは諦め、前日振り替えていた18時半の便で帰る覚悟を決めてスーツケースを預けました。それからプレミアムメンバー用の保安検査場を抜けてラウンジに入場。でも、預けるバッグの中に、ウィークリーマンションで使っていた包丁と料理用のハサミ、そして毛ばさみが入っていて、それが引っ掛かってしまいました。北海道警察の警官が2名もやってきて、調書を取られ、保安検査場に荷物ごと預けることで事なきを得ました。銃刀法違反というか、航空法違反なのでしょうね。それで、空席待ちの申し込みは結構早かったのですが、僕の名前は中々呼ばれず、保安検査場を逆流して昼食を食べに外に出ました。それから帰ってきてラウンジのカウンターで聞いたら、僕の名前はすでに呼ばれていたと言われショック。でも優先的に次回から呼ばれると言われるも、1時間経っても2時間経ってもアナウンスされません。おかしいと思って再びカウンターへ行くと、保安検査場に入る前の空席待ち専用カウンターへ行かなくては確認が出来ないと言われ、慌てて行くと、そこも猛烈な人の山。カウンターの係員に聞くと、空席待ちのアナウンスは混乱のため中止とのこと。もう怒る気もしなく、再びラウンジへ。そうしたら秋山さんの乗る18時半の便がインターネット上で欠航になっているではありませんか。秋山さんは慌てて、搭乗口のカウンターへ行くも、そこも黒山の人だかりで順番が回ってきません。諦めてラウンジに戻り、「こちらでは便の振り替えは行っておりません」と書いてあるラウンジのカウンターへダメもとで行ってみると、僕が乗る便にまだ空席があると教えてもらったと言います。プレミアムメンバーの僕と一緒でないと振り替えられないとのことで一緒に行くと、「空席あります」と教えてくれた係員ではない人に話をしたら「満席です。インターネットで振り替えてください」の一点張り。仕方なく諦めかけたのですが、秋山さんは再び最初に受け付けてくれた係員に掛け合ったら、「強制チェックインにしますので、お友達を呼んできて」と行われ、僕と再び一緒にカウンターへ。

 何だかのんべんだらりん、長くなってしまいました。ドラマが多過ぎて僕自身もお腹一杯なので、続きは明日にしたいと思います~。それで今日の放送ですが、プロデューサーと直接話をしたところ、前半の蚤の市のシーンでは、かなりの率で僕が登場しているそうです~。請うご期待!

BSプレミアム21時です~!
人気ブログランキングへ

[PR]
by tomoakishimizu | 2016-12-25 18:57 | 生活用品 | Comments(2)

リモージュ焼のエッグスタンドセット

e0074478_9564630.jpg
 色々大変ですが、張り切って更新~。本日はこちら。パリ市内の古物市で見つけた、リモージュ焼のエッグスタンドのセットです。何となく奈良美智の絵を髣髴とさせる大きな瞳の少女が2人。でも片方は絵付けされていません。中央に塩入れが付いていたようですが、残念ながら紛失しています。
e0074478_957677.jpg
 ペイントされている方にだけバックスタンプが入っていました。M-FreresはMichelaud Freresを意味し、こちらは1911年から1952年の間に活動していた窯のようです。ですので、1952年以前の制作となります。スタンドは専用のもので、登録商標を意味する文言の刻印があるので、おそらくは1950年頃のものではないかと思います。白い方は、ペイントする前の段階のもののようです。どうしてこのセットで市場に出回ったのかはナゾ。次回、大阪の阪急うめだ本店で販売を継続したいと思います~。
e0074478_9572195.jpg
 さて、話は変わって僕の近況。実は未だ新千歳空港にいます~。結局、昨日の便は50年ぶりの大雪のため全て欠航。1つ後の便に乗る予定だったブルーキュラソーの秋山さんに連絡をしたところ、4階で毛布と寝袋を配っているので急げ!となり、慌てて駆けつけると、足の踏み場も無いくらいの避難所状態。秋山さんが隣りにスペースを取っておいてくれたので、ひとまず毛布を敷いて寝袋にくるまって落ち着きました。初めての難民生活。かなり設備の整った、清潔な飛行場だったから良かったものの、普通の体育館だったり公民館だったリしたら本当に大変なんだろうな、と思いました。そんなこんなで一眠りし、ふと気付くと寝袋と毛布を希望する人の列が凄いことになっていてビックリ。それから秋山さんと食事に行き、自分達の定位置へ戻り一眠り。それから暫くしてトイレのために下の階へ降りると、人の列がトグロを巻いています。毛布の配布所が下の階に移り、受け取りを待つ人の列でした。ニュースを見たら、飛行場が用意していた4000枚では足らず、自衛隊から4000枚提供を受けたのだそうです。秋山さんにいち早く情報を教えてもらい、僕は本当にラッキー。そして欠航が決まって直ぐに予約の振り替え作業をインターネットでしたので、何とか17時の便に替えられました。色々と不幸中の幸いが重なりました。とにかく、秋山さんがいてくれて本当に助かったし心強かったです。最初から最後までお世話になりっ放しで、前日に焼肉ご馳走しておいて良かったぁ~。

とにかく明日の放送をご覧下さい~!
人気ブログランキングへ

[PR]
by tomoakishimizu | 2016-12-24 09:58 | 生活用品 | Comments(2)