カテゴリ:生活用品( 517 )

ホウロウ製スープ鉢

e0074478_10412988.jpg
 パリコレ真最中にパリ市内の古物市で見つけた、ホウロウ製のスープ鉢です。フランス語ではホウロウも七宝もemail(エナメル)なので、これも七宝の一種といえます。ややダメージはありますが、まあまあの状態。おそらくは19世紀末から20世紀初頭にかけての制作。
e0074478_10412964.jpg
 これくらいだったら実際に使えそう。でも、身体に有害な物質が含まれている可能性は排除(!)できず、基本的にはオブジェとして販売します。実は結構な大きさで、スープ10杯は入りそう。
e0074478_10412927.jpg
 持ち手は波型になっていて、ブルーのペイントは全て手で彩色されています。そして薄れてはいますが、金線も入っています。どの程度の階級の人たちが使っていたのかは不明だけれど、それなりの作りではあるので、それなりの人たちだったのでしょう。でも“それなり”の定義が難しいですけれどね。

日用品でもA級とB級の間くらい?
人気ブログランキングへ

[PR]
by tomoakishimizu | 2017-10-25 10:42 | 生活用品 | Comments(0)

陶製テリーヌポット

e0074478_01431857.jpg
 本日よりパリコレです~。でも夜に1つショーがあるだけ。ただ、取材予定が無いので行きません。なぜかアフターパーティには呼ばれてるけれど、ショー見てないのにパーティだけ行くのも微妙なので、今夜は大人しくするつもり。とにかく、これからの滅茶苦茶ハードなスケジュールに備えなければ、と思いつつ、さっきファッション通信の打ち合わせに行き、互いに招待状の状況を確認したら、今回はショーがほとんど見られないことがわかり、ちょっぴり寂びしい感じかも。まぁ、それでもいくつか大きなところには行けるので、良しとします。
e0074478_01431891.jpg
 さて、本日はこちら。パリ郊外の古物市で見つけたテリーヌポットです。刻印が無いので、何ともいえませんが、おそらくは100年くらい経っていそう。油染みはあるものの、欠けやヒビはありません。『パリ蚤の市散歩』でも紹介している、食関連のアンティークショップでも相当数扱っていますが、かなりの値段が付いていたり。
e0074478_01431834.jpg
 内側もまあまあきれいな状態。こちらはあくまでもテリーヌポットなので、直火は厳禁。天板に水を張ってオーブンの中で蒸し焼きにするといった使い方しかできません。ということで、用途は非常に限られます。ただ、テリーヌやパテだけではなく、ゼリー寄せとか、蒸し野菜を作るとか、蒸し寿司を作るとか、特大茶碗蒸しを作るとか、色々と使えそう。と書きつつも、ゼリー寄せは別として、直火は厳禁なので非常に面倒、なんて思ったり。いつもながら、中々面倒なアイテムです~。

いっそお宝ボックスとしてお使いください~
人気ブログランキングへ

[PR]
by tomoakishimizu | 2017-09-25 23:17 | 生活用品 | Comments(0)

陶製テリーヌポット

e0074478_01431857.jpg
 本日よりパリコレです~。でも夜に1つショーがあるだけ。ただ、取材予定が無いので行きません。なぜかアフターパーティには呼ばれてるけれど、ショー見てないのにパーティだけ行くのも微妙なので、今夜は大人しくするつもり。とにかく、これからの滅茶苦茶ハードなスケジュールに備えなければ、と思いつつ、さっきファッション通信の打ち合わせに行き、互いに招待状の状況を確認したら、今回はショーがほとんど見られないことがわかり、ちょっぴり寂びしい感じかも。まぁ、それでもいくつか大きなところには行けるので、良しとします。
e0074478_01431891.jpg
 さて、本日はこちら。パリ郊外の古物市で見つけたテリーヌポットです。刻印が無いので、何ともいえませんが、おそらくは100年くらい経っていそう。油染みはあるものの、欠けやヒビはありません。『パリ蚤の市散歩』でも紹介している、食関連のアンティークショップでも相当数扱っていますが、かなりの値段が付いていたり。
e0074478_01431834.jpg
 内側もまあまあきれいな状態。こちらはあくまでもテリーヌポットなので、直火は厳禁。天板に水を張ってオーブンの中で蒸し焼きにするといった使い方しかできません。ということで、用途は非常に限られます。ただ、テリーヌやパテだけではなく、ゼリー寄せとか、蒸し野菜を作るとか、蒸し寿司を作るとか、特大茶碗蒸しを作るとか、色々と使えそう。と書きつつも、ゼリー寄せは別として、直火は厳禁なので非常に面倒、なんて思ったり。いつもながら、中々面倒なアイテムです~。

いっそお宝ボックスとしてお使いください~
人気ブログランキングへ

[PR]
by tomoakishimizu | 2017-09-25 23:17 | 生活用品 | Comments(0)

ザクセン地方産キャニスター

e0074478_00220436.jpg
 アリーグル市場で見つけた、手の平サイズのキャニスターです。サフラン入れ。サフランというのは、皆さんご存知の通り、食料をオレンジ・黄色に染めるための花の雌しべで、少量で大変高価。このキャニスターが手の平サイズであっても、必要以上に大きいかもしれません。
e0074478_00214886.jpg
 「ザクセン地方から輸入」と書かれているので、当時、ドイツからフランスへ向けて輸出されたもの。様式がアール・ヌーヴォーのため、19世紀末から20世紀にかけての制作と思われます。フランスの磁器にはない、凝ったフォルムが特徴的。おそらくは6個以上のセットだったと思いますが、全部揃っていたらクドかったかも。あと、売るのに苦戦しかなと。サフランなんて今時頻繁に使う食材ではないので、お香を入れたり何なり、用途を見つけてみてください~。

久留米では注目してもらえず終い~
人気ブログランキングへ

[PR]
by tomoakishimizu | 2017-09-21 23:27 | 生活用品 | Comments(0)

パンジー柄のホウロウ製水差し

e0074478_10150594.jpg
 パリ郊外の古物市で見つけたホウロウ製水差しです。パンジー柄をステンシルで表現。おそらくは1920年代のベルギー製。
e0074478_10150507.jpg
 結構大きくて、日本に持って行っても販売については困難を極めそう。一番の問題は、底に穴が開いていることです。
e0074478_10150502.jpg
 でも、オブジェとしてとても美しく、造花を飾るとか、傘立てにするとか、色々と使えそう。お任せの形になってしまいますが、何かしらの用途を見つけてもらえたらと嬉しいです~。

穴、ピューターで継ごうかな…
人気ブログランキングへ

[PR]
by tomoakishimizu | 2017-09-18 10:19 | 生活用品 | Comments(0)

ヒイラギ柄のティーポット

e0074478_09391875.jpg
 パリ郊外の古物市で見つけた、ヒイラギ柄のティーポットです。刻印は無し。モチーフは釉薬を用いた七宝焼きで、半立体的に表現されています。一度グリーンの下地を塗って焼き、モチーフを描いて再び焼くというかなり面倒な作業をしています。何となくフランス人の仕業ではない気がし、おそらくは1920年代頃のベルギー製かなと。 
e0074478_09391930.jpg
 内側の状態はまあまあです。植物に水をあげる目的だったら問題ないですが、水を入れっ放しにすると、下地の鉄が露わになっている部分が錆びる可能性があるため、花器として使用するのはお奨めできません。こちらの商品はクリスマスに合わせて札幌へ持って行こうと思っていますが、10月にするのか、クリスマス直前の12月にするのかを思案中~。

明日パリに戻ります~
人気ブログランキングへ

[PR]
by tomoakishimizu | 2017-09-17 09:46 | 生活用品 | Comments(0)

キャロー社の扇風機

e0074478_16503204.jpg
 昨日は丸1日時間を取って、デニムの奈良さんと濱田さんに、久留米の山側と秋月に連れて行ってもらいました。最初に田主丸で巨峰狩り。イチゴとかサクランボではなく、巨峰なので2~3房とってお終いなのですが、初めての経験に興奮。近くのワイナリーが経営する展望レストランで食事をし、秋月へ。本葛を販売するお店へ行ってお茶をし、何ともいえず滑らかな葛きりを堪能しました。それから豪雨の被害に逢った三連水車へ。周りの家々は1階部分ががらんどうになっていたり、壁が抜けて向こう側が見えていたり。道には木片が積み上がっていて、痛々しい状態。そんな中、半壊状態の三連水車の目の前にある道の駅が再オープンしていて、物凄く賑わっていました。少しでも復興に役に立てればと、地産の蜂蜜や果物を買い込み久留米へ。そんなこんなで、果物やらお酒やら何やらと物凄い荷物です。でも久し振りにバカンス気分を味わえました。夜はデニム近くのてんやで濱田さんとお客様ご夫妻と餃子を頂き、別のお客様のいる居酒屋さんへ。ひたすら飲んで最後の方は記憶が薄いのですが、ホテルの部屋で桃を食べて寝たのは覚えているので、大したことはなかったはず。そして今朝は早起きし、奈良さんと濱田さんと一緒に福岡空港脇にある天ぷらのひらおへ。10時半開店のために9時半に出発。台風のせいか、並んでいる客は1組だけでしたが、後から後からわんさかやってきて、10時45分には順番待ちになっていました。凄い人気です。あなごが無かったのは残念だったけれど、海老天が美味しく、今までの人生で一番だったかも。そして飛行場へ。奈良さんと濱田さんとは来年3月の再会を約束してチェックイン。飛行機は台風のせいで猛烈に揺れましたが、何とか実家に戻ってこられました。18日にパリに戻るまでボンヤリしている暇も無く、ひたすら仕事を片付けたいと思います~。
e0074478_16503242.jpg
 さて、本日はこちら。パリ郊外の古物市で見つけた、パステルブルーが美しいキャロー社の扇風機です。1960年代の制作。モーターは焼けておらず、ちゃんと動きます。でもネットが大雑把過ぎて、指を入れると怪我しそう。
e0074478_16503240.jpg
 キャローは、現在でも扇風機など小型の電気製品を生産しています。僕も23年前に購入したアイロンを未だに使用していて、機能はさておき、長持ちするのが売りのメーカーなのかもしれません。それにしても、どうして扇風機にばかり目が行くようになったんだろう…。

自分が暑がりだから?
人気ブログランキングへ

[PR]
by tomoakishimizu | 2017-09-16 16:53 | 生活用品 | Comments(0)

羽むき出し扇風機

e0074478_10295314.jpg
 パリ市内の古物市で見つけた扇風機です。カバーが無く、羽がむき出しになっているのがちょっと怖いかも。でも大丈夫。羽はソフトビニール製なので、万が一指が当たっても痛くありません。
e0074478_10295270.jpg
 VMOSというのが商標なのか、メーカー名なのか、検索しても詳細がわからず。生産量が少ない珍しい機種なのかもしれません。おそらくは60年代の制作。大きさは2種類あるようで、こちらはミニサイズ。モーターは死んでおらず、ちゃんと動きます。ただし、日本で使用すると電圧の違いにより羽の動きはゆっくりで、微風が起きる程度。完全にマニア向けの商品です~。さて、昨日をもちまして、久留米のデニムさんでのイベントが終了しました。お越し頂いた皆さん、どうも有り難うございました~。売上は、好調だった前回には及びませんでしたが、満足の行くレベルに達したので良かったです。また次回、3月に戻ってきたいと思います~。

今日は地獄の搬出作業~!
人気ブログランキングへ

[PR]
by tomoakishimizu | 2017-09-14 10:33 | 生活用品 | Comments(0)

ムスティエのオクトゴナル・プレート

e0074478_22030291.jpg
 昨日に引き続きオクトゴナル・プレートをご紹介します。こちらはムスティエ産。パリ市内の古物市で見つけました。でも1枚のみ。実は2枚あったのですが、片方はヒビが目につき却下しました。ムスティエについては、僕が出演した番組でも取り上げられていたので、ご存知の方もいると思いますが、プロヴァンスのムスティエ・サント・マリーという村で作られている陶器。1830年に窯が閉鎖され、20世紀になって復活を遂げつつも、釉薬の配合など、解明できない技法があるそうで、似て非なるもののようです。ただ、素焼きに白い釉薬をかけ、地のテラコッタ色がうっすら見える厚手の陶器、という特徴は残されています。
e0074478_22030240.jpg
 で、こちらのプレートについては、復活してからのものと思われます。もしかしたら現行品? Fayanciersとなっていますが、これはスペルミスでFaïenciersが正解のはず。
e0074478_22030227.jpg
 オクトゴナルプレートは19世紀初頭からある形で、陶器以外にピューター製のプレートも存在します。淵にあるツブツブは、アクセサリーでいうミル・グレーヌ(1000粒の種)の意匠で、かなりクラシカルな雰囲気のもの。陶器に関しては、クレイユ、あるいはモントロー、あるいはクレイユ・エ・モントローが制作していただけでなく、ムスティエも花模様や鳥をモチーフにしたものを作っていたようです。また20世紀になってサルグミーヌも復刻版を出していたり。こちらのムスティエのプレートは、昨日の絵付け皿に比べるとより一層使いやすいですが、何せ1枚しかないのが玉に瑕です~。

ちなみに元々軟らかいので割れやすいです~
人気ブログランキングへ

[PR]
by tomoakishimizu | 2017-08-22 22:12 | 生活用品 | Comments(0)

ヴーヴ・ペランによる絵付のモントロー製オクトゴナルプレート

e0074478_20010178.jpg
 フェイスブックを見ていると、どこどこでバカンスを過ごし、何々を食べました~、とか、随分と優雅な方々が多く、それに比べて僕ったら突き動かされるように毎日仕事をしていて、結局丸一日休むなんてこと、半年以上していない気がします。予定を詰め込みすぎていると指摘されたりするものの、フリーランスゆえに立ち止まると、そのまま全てが台無しになることもあり、どうしても動き続けないとダメ。一昨日なんて、スーパーのレジ係の女性に「あら、バカンスに行ったの?」などと質問され「???」となっていると、「日焼けしてるじゃない?」と続き、白肌七難隠すをモットーに生きてきた僕としてはショックを受けつつも、「古物市巡り焼けです~」と正直に答えておきました。優雅に見えるのかもしれないけれど、実状は全然違います。「何のために仕事をしているのか」と訳わからなくなることもしばしばなのですが、我を忘れて突き進むしかないのだと強く思いつつ、今日も動き回ります~。
e0074478_20010126.jpg
 さて、本日はこちら。ヴァンヴの蚤の市で見つけた、クレイユと合併する前のモントロー製のお皿のセットです。「もうお皿はうんざり」なんて思っていたけれど、あまりにも特別なものだったので、ついつい手を出してしまいました。こちらはモントローのプレートに、マルセイユのヴーヴ・ペランという窯が絵付けをしているもの。ヴーヴ・ペランはヴーヴ(未亡人)と付くだけあって、窯業を営んでいた男性と結婚し、未亡人になった女性が引き継いだ窯。1803年に閉めているので、こちらのお皿はそれ以前のものとなります。ということは、200年以上前の制作?
e0074478_20010218.jpg
 どこの風景なのかわかりませんが、おそらくはマルセイユなのでしょう。東洋の磁器の意匠からの影響を感じさせます。
e0074478_20010240.jpg
 書き手が違うのか、同じ柄でも雰囲気が全く異なります。こちらは割と下手。でも目立つような貫入が少なく、状態は最高です。
e0074478_20010361.jpg
 どうしてモントローの皿にヴーヴ・ペランが絵付けをしたのか、は謎ですが、きっと特別な注文があったのでしょう。
e0074478_20010221.jpg
 ちなみにフラットなお皿3枚は傷物なので、お安く提供予定。スープ皿11枚のうち5枚は微妙に欠けがあるので少しお安く、完品でも貫入が多くて汚れている物もお安くします。もちろんセット売りではありません~。

出来れば使わずに飾ってください~
人気ブログランキングへ

[PR]
by tomoakishimizu | 2017-08-21 20:16 | 生活用品 | Comments(4)