カテゴリ:手芸用品( 30 )

レース編み台

e0074478_2335762.jpg
 パリ市内の古物市で見つけた、レースを編むための台です。表面は紙製で、中に木毛が入っています。割りと簡単なフィッシュネット状のレースが編まれている状態。年代は良くわかりませんが、このくたびれ加減を見ると、おそらく1920~30年代と思われます。
e0074478_23352948.jpg
 中央には回転台があり、虫ピンで糸を留めながらボビンで編んでいきます。昔の人はレースを手に入れるために、忍耐強く細かい仕事をしていたのだと思うと感心の限り。
e0074478_23355512.jpg
 実は買った当初はこんな感じで、滅茶苦茶にからまっていました。でもボビンのお陰で玉結びなっておらず、時間をかけてゆっくりボビンを動かし、何とか元通りに。
e0074478_2336978.jpg
 でも、残念ながらボビンが3つ無いことがわかりました。どこかで見つけたら、買って補充したいと思います~。

人混みに行かないよう気をつけます~
人気ブログランキングへ

[PR]
by tomoakishimizu | 2016-07-15 23:37 | 手芸用品 | Comments(2)

クレイユ・エ・モントロー社製ナポレオン柄のプレート

e0074478_1112789.jpg
 パリ市内の古物市で見つけた、ナポレオンを描いたプレートです。周囲がレースになっている珍しいパターン。中央のモチーフは印判で、トリミングのロワイヤルブルーのラインはハンドペイントです。

e0074478_11121611.jpg
 こちらがクレイユ・エ・モントローのバックスタンプ。1860年代まで使われていたものなので、制作はおそらくナポレオン3世時代と思われます。

e0074478_11122725.jpg
 残念ながら、このように修復されています。でも、ナポレオン柄は本当に珍しいので、個人的にはこれはこれでアリかなと。当然ながらお手頃価格で販売中。

e0074478_11131644.jpg
 問題の絵柄。ナポレオン・ボナパルトがセントヘレナ島に幽閉された時に、口述筆記をさせて回想録を残しましたが、その時の様子を描いています。彼にまつわる逸話は沢山ありますが、こちらも非常に有名なエピソードの1つ。それが、こんなプレートに描かれて残っているというのが面白いと思います。日本では歴史上の人物を描いた皿なんて存在しないですからね。

 さて、代官山プピ・エ・ミミさんでのイベントも本日が最終日となります~。毎日がむしゃらに動いていたので9日間なんてアッという間。途中、雨に悩まされましたが、その後順調に盛り返し、無事最終日を迎えることができました。まだまだ商品はありますし、バシバシ値引きをしていきますので、皆さん、この機会をお見逃し無く~。

友くんの“パリの蚤の市”展 numéro12
本日19時まで!
pupi et mimi
〒150-0033
東京都渋谷区猿楽町13-5 代官山ステラハウス1-A
TEL: 03-5456-7231
営業時間: 12:00~19:00

12時よりお待ちしてます~
人気ブログランキングへ

[PR]
by tomoakishimizu | 2015-12-06 11:14 | 手芸用品 | Comments(0)

ピンヘッド装飾のボタンとバックル

e0074478_11254431.jpg
 昨日、久留米に到着しました~。今回は長い滞在なのでウィークリーマンションを借りましたが、入った瞬間、その広さに戸惑いました。キッチンから机まで食事を運ぶのに時間がかかる(笑)。最初からアイロンが備品として置かれているのも凄いし、東京ではお目にかかったことの無いウォシュレットも完備。築2~3年のようで、水の出がパリのアパートの100倍くらい(ま、17世紀末の建物なので仕方ないか)。今までに何軒も滞在してきましたが、値段は最安値です~!

e0074478_11262621.jpg
 それはさておき、今日はこちらのボタンとバックルをご紹介します。鉄製のクギの頭部分をカットしたものが装飾として取り付けられています。全て19世紀中頃のもの。様式としてはヴィクトリアンとナポレオン3世のミックスで、アール・ヌーボー前夜な感じも漂ってますかね。

e0074478_11262515.jpg
 名古屋タカシマヤさんでは、目の前にヴァンヴのボタン屋さん、エリック・エベールが出店していましたが、彼もしっかり僕の商品をチェックしていました。僕が付けた値段については、妥当という評価。それなりに高いですが、“高過ぎ”ではないはず。

e0074478_11264595.jpg
 こちらの七宝のボタンについては、最終日の前日にやってきた、趣味でループタイを作っているというリタイア組の男性が興味を示していて、作りかけのループタイを持参し、合わせてから買うか買わないかを決めたいとのことでしたが、結局いらっしゃいませんでした。残念! コレクターへ向けてというのも良いのですが、創作活動にいそしんでいる人たちにこういったものを届けたいというのが僕の意向。久留米で、このボタンとバックルを活用してくれる人が現れることを祈るばかりです~。 
 


午後から搬入です~(泣)
人気ブログランキングへ
[PR]
by tomoakishimizu | 2014-08-28 11:28 | 手芸用品 | Comments(4)

シンガーのコンパクトミシン 

e0074478_2025655.jpg
 昨日は微熱を帯びた状態で友人達とパリ郊外の古物市へ出掛け、なぜか鍋にばかり目が行き、鍋祭りになってしまいました。その中の1つは自分用の銅鍋。前日、友人宅にて銅鍋で鳥の唐揚げを揚げたら、まったくといって良いほど油の中で衣が飛び散らず、その使い勝手の良さに驚嘆。熱効率が良く、揚げる対象物を入れても温度が下がらないからだと思いますが。で、昨日の夜はトンカツを揚げる予定だったので、どうしても欲しいと思ってたら、銅とニッケルの合板製のデラックスな鍋を発見したのでした。いや~、素晴らしいです。油をなみなみ使わないで2回目以降にトンカツを揚げても、衣が散ってないので黒焦げになったパン粉がまとわり付いたりしません。大感激でした。メチャクチャ重いのが難点ですが。
 
e0074478_2044537.jpg
 さて、今日は1970年代にフランスで発売されていたシンガーのコンパクト・ミシンです。高さ23cm、横幅24cm、奥行き10cm。いくつか種類があるようで、こちらは67Bというタイプ。この後に生産された「Miss Junior」というタイトルが付けられたものもあったようです。

e0074478_205746.jpg
 買った時は屋外で、しかも小雨が降っていて少々濡れていたので、これって一体使えるの?と思いつつ、売主の「動くよ~」の一言を信じて購入。電池式で、単1を6個も使うのですが、当然その日は電池を持参しておらず。帰ってきて乾電池(フランスではとても高い!)を購入して試したら動かない! 冷静になって踏み台を開けみると、接触が悪くなってて、銅版をチョイチョイ引っ張って元に戻したら動きました(ホッ)。

 子供用ではありますが、そこは天下のシンガーなので、普通に大人が使えるような精巧なマシーンに仕上がってます。ま、これだったらカーテンくらいは縫えるでしょう。ボビンを含めた全てのパーツは揃ってます。

 ただ説明書が付いておらず、これについてはどうしようかと思っていましたが、ネットの世界は広くて深いわけで、説明書のPDFが落ちてました。データを入れたUSBもセットでお分けします~。

熱下がりました~

http://blog.with2.net/link.php?153914
[PR]
by tomoakishimizu | 2014-05-12 20:08 | 手芸用品 | Comments(0)

ビニールテープ巻き裁縫箱

e0074478_2049515.jpg
 はぁ~。来週からメンズのパリコレが始まり、そしてオートクチュールが続くのですが、招待状の申請メールで毎日2時間くらい取られて辟易としてます。今回からメンズに限って『ファッション通信』でのお仕事が無くなったことは、数日前のコメントの中でも書いた通り。でも、ファッション系サイトの『ファッション・ヘッドライン』でメンズをリポートをすることになりました。それについて、ファッション・ヘッドラインから各メゾンへ招待状申請メールを出してもらうのですが、自分からも出し、その返事にまたメールをし、とチャット状態になるわけです。終いにはどこに返事をしたのかわからなくなったり。そんな状態がここ4日ほど続いてます。ひとまず、メンズのショー見た数ゼロ、ということにはならずに済んで良かったのですが、どうやったって大御所じゃない僕は大変です~。

 さて今日はこちら、レトロな裁縫箱の登場。アリーグル市場で仕入れました。

 籐をベースにしたボックスにビニールテープを巻き付けてある、60~70年代独特の作風。大きさは6角形の直径が22cmくらいと然程大きくなく、とても使いやすいと思います。

e0074478_20492774.jpg
 中を開けるとこんな感じ。黄色のブレードが効いてますね。針山もセットされていて便利そう。裁縫箱としてではなく、お出かけ用に使えるかな、なんて思いましたが、取っ手部分が頑丈でないので、やはり裁縫箱、あるいはちょっとしたジュエリーボックスとして使用するのが最適かも。

e0074478_20494268.jpg
 ところでコンサートのお報せ。昨日突然、友人の見香クルーゼさんがピアニストの中野公揮くんを連れて我が家に遊びに来てくれました。写真は、もしかしたらこのブログでは初公開かもしれない僕の部屋。ま、こんな感じの空間に生息してます。で、公揮くんについては、以前ホウロウ製コーヒーポット ブルーバージョンの記事中でもご紹介していますが、今回はお兄さんの中野裕太くんもギターの大希くんもいないソロコンサートを開催。オデオン駅近くの日系ギャラリー、TOKOで明日夜8時と10時の2回です。ジャンルレスでもの凄い演奏になることは保証付き。皆さん、是非いらしてください~。

Galerie TOKO ShowRoom
14, rue Monsieur le Prince
75006 Paris
Tel:09 67 36 03 08
1st 20時開演 19時30分開場
2nd 22時開演 21時30分開場
各5ユーロ(ドリンク付き)

e0074478_2051867.jpg


僕は2回とも行きます~

http://blog.with2.net/link.php?153914
[PR]
by tomoakishimizu | 2014-01-09 20:52 | 手芸用品 | Comments(2)

カルトナージュの裁縫箱

e0074478_1736444.jpg
 パリ市内の古物市で見つけた、カルトナージュ(厚紙の箱に布を貼る手芸)の裁縫箱です。木製だったりビニールコードを編んだ裁縫箱は割りと見かけますが、カルトナージュというのはレアかも。

 縦22cm、横33cm、高さ19cm。おそらく50~60年代のものと思われます。もちろんフランス製。プロのカルトナージュ職人が作っているので完璧な仕上げです。

e0074478_1737333.jpg
 カルトナージュの箱って、今までに沢山買い付けて日本へ持っていってますが、中々買い手がつかない難しい商品なんです。しげしげと眺めている女性に限って「もしかしてカルトナージュ習ってらっしゃいます?」なんて声を掛けると、大概「そうなんですよ~」なんて答え、この部分の貼り方がやっぱり上手い、とか、ここの仕上げが素晴らしい、とか誉めてくれるものの買うまでにはいきません。

 値段的にも手頃にしているのに、何でだろうなぁ。やっぱりカルトナージュを習うようなアダルト世代のマダムは、わざわざ古物を買うなんて頭が無く、抵抗あるんでしょうかね。ま、諦めずにせっせと日本へ運び続けます~。

ブームになるまで頑張るぞぉ~

http://blog.with2.net/link.php?153914 
[PR]
by tomoakishimizu | 2013-10-25 17:39 | 手芸用品 | Comments(4)

フェルト製花付き裁縫箱

e0074478_22161787.jpg
 昨日は初夏のような暖かさでした。そんなわけで、日本のメジャーなメンズ雑誌からの依頼でシャツを着ている人のスナップを決行。セレクトショップ、コレット前にて。

 この場合のスナップというのは、街を行き交う人の中で、ちょっとイケてそうな人を選び出して写真を撮らせてもらうことです。雑誌の中で、お洒落な素人さんのスナップ写真があるのと無いのとでは、全然売り上げが違うそうなんです。他人がどんな格好していようと気にしないし、誰かを参考にして服を選んだりしないので、僕にとってはナゾな感じですけどね。

 は~、ずっと働き詰めな僕。そろそろ休まないとバーンアウトしそう? いえいえ、意外と余力あり。来週も頑張ります~。

 で、僕とは別の仕事でスナップをしていた友人の祐介くんが、「今ビヨンセがパリでコンサートしてるから、彼女、コレットに買い物に来るかもよ~」なんて言います。色々とセレブは見ている僕だけど、「ビヨンセは無いなぁ」とか思いながらも次の瞬間には「やっぱり興味無いや」なんて。

 とにかくビヨンセ本人はいないのだけれど、コレットのプレス担当がソワソワ動き回っていて、何となく本当に来そうな気配。ビヨンセのスタッフとおぼしきフリーアクセスパスを首から下げたカメラマンがムービーを撮りまくっていて、僕たちもかなり写り込んでたと思います。どこかで目にしたら笑ってやってください。

 これは僕の推測なんですが、ビヨンセはきっと閉店してから夫のジェイZと一緒に来たのだと思います。じゃないとお店が混乱するでしょうからね。とにかく我々はその前に移動しちゃいました。

 さて、今までの話は長かったけれど単なる前置き。

 スナップの途中で、中々キレイな顔つきの、どこかで見たような日本人男子が店から出て来て、僕の真横20cm位を通り過ぎました。その後に業界人っぽい女子が数人追いかけるように続き、そして20年来の友人のコーディネイター女子が後から現れ、何だか尋常でないと悟った僕。

 一緒にいたカメラマンの祐介くんいわく、そのきれいな顔つきの男子は、某アイドルグループの中でも特に人気のある某君でした。アイドルといっても30歳一歩手前ですが。事務所がうるさいという話なのでイニシャルも書きません。何かの撮影でパリを訪れているようです。

 実は10日くらい前、大阪でとある女子の机にその彼の写真が山のように飾られているのを目にしていました。「誰この人? 韓流スター?」なんて見当違いなことを聞いちゃったりして。期せずしてその本人を見かけてしまったわけですが、言われなきゃ気付かなかったです。その彼、僕にとっては全然セクシーじゃなくて気付かないのは当然かも。というか、日本のアイドルの良さが全然わからん~。

 さて本題。今日はこちらの裁縫箱をご紹介します。おそらくは1950~60年代のもの。結構な年数が経っていますが、今後しばらくは裁縫箱として使用に耐えそうで、それなりに状態は良いです。

e0074478_2216329.jpg
 とか言いつつも、まあまあしっかり使われていたのがわかるくらいのくたびれ具合ではありますね。40~50年代風のプリントが琴線に触れます。裁縫用具じゃなく、ちょっとしたアクセサリーを入れても良し。有効利用してくれる方のところへお嫁入りしてもらいたいです~。

今日から再び低温に逆戻り~(嬉)

http://blog.with2.net/link.php?153914
 
[PR]
by tomoakishimizu | 2013-04-26 22:19 | 手芸用品 | Comments(5)

レース刺繡ブレード

e0074478_228519.jpg
 ウールをベースに、レースのように刺繡を施したブレードです。アリーグルでゲット。

 おそらく前世紀初頭以前のフランス製。1,5mくらいあって、ドレスの装飾用に制作されたものと思われます。

e0074478_2283224.jpg
 ディテールはこんな感じ。コードと糸を使って花モチーフを作り、周りを細いレースで縁取っています。とにかく細かい!

 実際にワンピースの裾に使ってしまっても良いのでしょうが、きっと1日で汚れたり擦り切れたりしそう。やはりコレクションとして大切にしまっておくか、ディスプレイ用に使うかに限るかも。ということで、結局は手芸用品のジャンルには入らないもののご紹介でした~。
 
う~ん、買う人いるのかなぁ~

http://blog.with2.net/link.php?153914  
[PR]
by tomoakishimizu | 2013-03-18 22:09 | 手芸用品 | Comments(2)

手芸用品ボックス

e0074478_1461820.jpg
 最初に、昨日告知した大阪乙女屋でのイベントですが、営業時間が違っていました。正確には12時から19時までです。20時までではありませんでした。ごめんなさい~。

 で、今日ご紹介するのは、毎回飽きもせずに買い続けている裁縫箱。なかなか売れないアイテムですが、これはコンパクトで可愛かったのでついつい手が伸びてしまいました。

e0074478_1464845.jpg
 パリ市内で行われていた古物市で、フランス人のムッシューから購入。

 この手のものって、ネジが外れてたり取っ手が壊れてたりすることが多いのですが、この裁縫箱は状態として良い方です。

e0074478_147434.jpg
 さて、明後日出発なのに、結局今日は土曜日なので半分自動的に古物市に足が向いてしまった僕。でも早く行ったお陰で、色々といい物が買えました。

 もちろん今日も荷物を詰めの作業をしないといけないんですけど、こういう時に限って結婚パーティが夜に入っていて、時間の調整が大変。とかいいながら、息抜きになるので嬉しいんですけどね。楽しんできます~。

荷物詰め、自分との戦いは続く…

http://blog.with2.net/link.php?153914  
 
 
[PR]
by tomoakishimizu | 2012-11-11 01:47 | 手芸用品 | Comments(2)

ハンドペイントボタン バラ&リーフモチーフ kawaii

e0074478_9145860.jpg
 ハンドペイントのボタンです。こちらはバラモチーフ。おそらく1930年頃のものと思われます。日本橋高島屋にて大絶賛発売中~。

e0074478_9152720.jpg
 そしてこちらは一昨日、友人の妹さんのところへお嫁入りが決定したリーフモチーフのハンドペイントボタンです。

e0074478_9154277.jpg
 「子供のコートにつけたら可愛いと思って」と仰るので、すかさず僕は「ほとんど骨董品なので直ぐにペイントが剥がれるかもしれませんよ」なんて言ってみましたが、ま、それは買った方の自由ですね。飾っておいても仕方がないし。バンバン使っていただきたいと思います。


 時間が無かったので写真を撮れず、ここでご紹介できないのが残念ですが、今までのセレクトとは違う、クオリティの高いレースなども沢山取り揃えているので、是非いらして下さい~。

昨日は着いたら朝礼終わってました~

http://blog.with2.net/link.php?153914
[PR]
by tomoakishimizu | 2012-08-22 09:16 | 手芸用品 | Comments(0)