カテゴリ:調度品( 424 )

洗礼式用聖水入れ

e0074478_055562.jpg
 これも日本橋高島屋で販売し、中々売れませんでしたが、最後の日曜日に引き取り手が現れました。おそらく前世紀初頭のフランス製。

 僕のブースのはす向かいに、僕が扱っているものよりももっとちゃんとした(?)アンティークを扱う女性がいて、彼女がこの聖水入れをずっと狙ってくれていました。でも、その彼女の顧客である男性が、僕のブースにフラリと立ち寄り、購入と相成りました。

 その男性、スラリと背が高い初老のイケメン(!?)ですが、身に着けているリングやネックレスなどのアクセサリーがすべて女性用。僕はそれに気付かず、彼が帰ってから周りのブースの女子たちがにわかに騒ぎ出して判明しました。

 「場所も場所だから、きっと神田エリザベス会館(もう無いみたいだけど、女装趣味者が集う館)系かもよ~」なんて言ってみましたが、女子達の反応は今一つ。エリザベス会館を知らなかったようです。さびしぃ~。

 それはさておき、この聖水入れ。本当に洗礼式用のものかはわかりません。だってクリスチャンじゃないもん、ということで適当にネーミング。とにかく可愛い、それだけで存在意義のあるオブジェです。宗教としてのカトリックには相容れないけど、その産物はプリティで素敵、という方向性で買い付けてみました。

 あの初老のイケメン男子は今頃女子になり切り、ウットリしながらこの天使を眺めていることでしょう~。

それ系じゃなかったらゴメンなさい~

http://blog.with2.net/link.php?153914
[PR]
by tomoakishimizu | 2012-09-06 23:07 | 調度品 | Comments(0)

フルーツモチーフのハーフステッチ壁飾り

e0074478_21112388.jpg
 日本での時差ボケをパリにまで引きずり、しばらくは左目のまぶたがボッテリと垂れて不気味な形相でしたが、睡眠が安定してやっとスッキリ。今日から復活した感じです。

 このまま月末のパリコレまで休みたいなぁ、なんて思うもののそうもいかず。今月は珍しく原稿の締め切りがいくつかあって、僕ったら売れっ子ね、なんて一人悦に入ってる状態です(笑)。

 さて、今日はこちら、ハーフステッチの壁掛けをご紹介します。単なるお飾りで、他に用途はあるのかなぁ。ピンクの地とプチゴージャスなブレード&タッセル、そしてフルーツの柄がとってもプリティ。

 ま、それほど昔のものではないでしょうが、新しくもなく。様式としてはなんちゃってロココ。おそらく50年代のものではないかと思います。

 日本橋高島屋ではお嫁入りしそびれましたが、多分大阪では嫁ぎ先が見つかることでしょう。ということで、関西の方は11月までお待ちください~。

他に使い道があったら教えてください~

http://blog.with2.net/link.php?153914
[PR]
by tomoakishimizu | 2012-08-31 21:12 | 調度品 | Comments(4)

チューリップカサ付きスチールシャンデリア

e0074478_983036.jpg
 チューリップ型のカサが付いたスチールシャンデリアです。1930年代のもの。

e0074478_98557.jpg
 スチール製のお花のシャンデリアって、長い間相当数作られていたらしく方々で見かけますが、お花が小さくて、ガラスのカサが付いているのはかなりレア。

 皆さん注目はしてくれるのものの、「天井が低い」とか、「天井の壁が弱くて設置できない」とか、「部屋の雰囲気に合わない」とか、致命的な理由を並べ立てて買ってくれません。

 そもそも、全く違う文化・生活様式を持つ場所からやってきているので、いきなり適合させるのは無理な話。それでも何とか天井からぶら下げてやるぅ~というガッツのある女子はいないものかな、なんて思います。焦らずに嫁ぎ先が見つかるのを待つのみです~。

今日こそは朝礼に出なくては!

http://blog.with2.net/link.php?153914
[PR]
by tomoakishimizu | 2012-08-23 09:09 | 調度品 | Comments(2)

革張りアクセサリーボックス

e0074478_11231614.jpg
 昨日まで、町田の小田急にて行われていた『きらめくビーズの世界』展へ行ってきました。これは明日から日本橋高島屋で開催される『きらめくアクセサリーの世界』展の姉妹企画展。で、有料の展示スペースに飾られている皆さんの力作を見て絶句。あまりの本気度に圧倒され、自分の作品を展示するのが恥ずかしくなってしまいました。でも、いまさら引っ込められない…。あまり凝視しないようにお願いします(笑)。
 

 トークショーの日程が決まりましたのでお報せします! 17日の11時と14時の2回で、司会進行役はニットの貴公子こと広瀬光治さんだそうです。ヒャ~。本当、なにを喋ればいいのやら。ま、でも他に作家女子の皆さんもいることなので、地味な感じにしてます~(笑)。

 さて、今日はこちら。革張りのアクセサリーボックスです。金箔を使ったボーダーで縁取られ、真鍮の金具がプチゴージャス。50年代のものかと思われます。

e0074478_1123399.jpg
 中はこんな感じ。ローズピンクの布張りで、ちょっと重い感じがナポレオン3世調。ちゃんと鍵も付いているし、中の布も風化してなくて、完品ともいえる状態です。ま、鏡は少々曇ってますが。

 全体的に革部分がカサついていたので、専用クリームでつや出しをしてから持ってきました。見比べに来てみて下さい~。

今日搬入頑張ります~

http://blog.with2.net/link.php?153914
[PR]
by tomoakishimizu | 2012-08-14 11:25 | 調度品 | Comments(2)

飾り棚3点

e0074478_2295279.jpg
 一昨日ヴァンヴの蚤の市でゲットした飾り棚です。壁に掛けても卓上でも使えます。

e0074478_22101978.jpg
 これ、今回の蚤の市イベントに什器としてどうしても必要で、方々で探して回っていました。でもイメージに合う物が中々見つかりません。それで、先週ヴァンヴで上の2つの棚を見つけて、狂喜しそうになりましたが値段を聞いて仰天。あまりにも高いのでその時は諦めました。
 
e0074478_22103964.jpg
 そして一昨日、再び市を訪れると、こちらのコーナー用飾り棚が売っていました。値段を聞こうと思って売主を探したら、最初に狙っていた2つの棚と同じ売り主。それで3点まとめて大幅に値切り、話がまとまりました。

 一番上の写真と2番目の棚が高さ48cmで、コーナー棚が47cm。19世紀末から20世紀にかけてのもので、優に100年は経っているはず。素材もベニヤではなく、一枚板です。スタイルが全く一緒なので、同じ製作者なのでしょう。一番上と2番目の棚は同じ形でも、棚部分の奥行きが微妙に違い、多分オーダーで作られたものだと思います。

 あくまでも什器として買ったので、僕にとっては売れたら困ります。でもずっと持っているのも大変なので、一応値段は付けるつもり。ただし簡単に売れる値段にしませんので、この記事を見て欲しいと思った方は悪しからず~。

でも気になる方は見に来てください~

http://blog.with2.net/link.php?153914
[PR]
by tomoakishimizu | 2012-07-31 22:13 | 調度品 | Comments(0)

マイケル・ジャクソンの鏡

e0074478_2017463.jpg
 見ての通り、マイケル・ジャクソンの鏡です。『スリラー』の頃の、まだお直しがそれ程行き過ぎていない時期の写真。この辺で止めておけば良かったのにぃ、って友人が言ってましたが、一度やっちゃうと病みつきになるみたいですね。怖っ。

  縦23cm、横17cm。以前マイケル・ジャクソンの鏡 其の一マイケル・ジャクソンの鏡 其のニを紹介していますが、その2つに比べると格段に小さいです。同じく80年代のもので、多分フランス製。もしくは周辺国が原産のはず。

 オリジナルの写真では、蝶ネクタイとニットベストがクリームっぽいイエローで、赤ではありません。赤も悪くはないのですが、ちょっと子供っぽく見えちゃうので、やっぱりオリジナルの色の方が落ち着いて見えて良かったかも。それと右胸に王冠などのクリスタルブローチ(僕がよく買い付けているタイプ)をいくつも着けていて、それが潰れて見えなくなっているのが残念。そこだけ白抜きにして欲しかったです~。

ああ、今日からメンズのパリコレ~

http://blog.with2.net/link.php?153914 
[PR]
by tomoakishimizu | 2012-06-27 20:18 | 調度品 | Comments(2)

カトリック修道少女の額入り写真

e0074478_15333134.jpg
 代官山pupi et mimiさんに置いてきた修道少女(という表現はあり?)の写真です。カトリックものに反応する人、あるいは本気でロリータな人にはたまらないアイテムです。

 男顔の美少女ですが、もしかしたら男の子にカツラを被せた可能性も捨てきれません。という倒錯的な意見はさておき、Photo Sylvainというサインが入っていて、調べてみましたが、どこの写真家、あるいは写真館かは特定できず。ガラスがドームのように膨らんでいる額縁は、おそらく50年代のデンマーク製。写真もその頃のものでしょう。写真、額縁共に状態が良く、当時の雰囲気を伝えていて中々良いものです。

 さて今日は、東北大震災のチャリティーバザーがマレ地区で行われ、僕はボランティアとして参加します。

 「スタッフはトップを黒いもので統一」という指示がありましたが、僕ってジャケット以外は黒のアイテムがほぼゼロ。仕方なくクローゼットを漁ったところ、10年以上前にダフト・パンクの事務所からもらった黒いTシャツが出てきました。松本零士のイラスト入り(笑)。

 販売を担当する予定なので、是非いらしてください~。

BRADERIE MODE
-70% & plus femme, homme, enfant, accessoires, cosmetique, vintage...
Hope and Love for Japan
GALERIE SIMONE  
77 rue Charlot 75003 Paris
10:00〜20:00
http://hopeandloveforjapan.org

今から出勤っ!

http://blog.with2.net/link.php?153914 
[PR]
by tomoakishimizu | 2012-06-10 15:35 | 調度品 | Comments(2)

カーニュ・シュール・メールのお土産額縁

e0074478_10155847.jpg
 フランス南東部にある海に面した街、カーニュ・シュール・メールのお土産額縁です。と書いておきながら、南仏プロヴァンス経験はアヴィニオンが最南端の僕。パリとその周辺で満足しちゃってるので、これからも当分行かないでしょうね。

 50年代のものと思われるこの額縁。特筆すべき点は温度計が付いていること(笑)。でも一枚ガラスで覆われているので、直ぐに反応しないのが難かも。

 椰子の木、ミモザが生い茂っていて、正に南仏らしい光景。周りの砂を模ったと思われるラメが華を添えます。まだ見ぬ南仏に思いを馳せるために、1ついかがでしょうか?

今日もお待ちしてます~

http://blog.with2.net/link.php?153914  
 
[PR]
by tomoakishimizu | 2012-06-05 10:16 | 調度品 | Comments(2)

ルルドのお土産額

e0074478_117788.jpg
 本日はプピ・エ・ミミさんの定休日のため、お店はクローズしています。ご注意下さい~。そして、明日5日と最終日6日は、ランチの予定が入っているので、出勤は13時以降になります。申し訳ございません~! あ、でも至近距離でのランチゆえ、直ぐに戻れますので。

 ところで、昨日はお店を抜け出してレ・ロマネスクのコンサートへ行ってきました。チケットの値段は3800円と、堂々たるもの。僕、今までにパリでそんな金額を払ってレ・ロマネスクのコンサートを見たことがなかったのですが、そこまで成長した2人を見て嬉しく思いました。客の入りも上々で、随所に見せ場を作りつつ、フィナーレでみんなを踊らせて盛り上げて幕。充実の2時間でした。

 それで、会場の道玄坂から代官山まで歩いて戻る途中、前方にもの凄くセクシーな装いの女子が歩いてるのが見えました。セクシーというのは、別にミニスカートでスケスケブラウス、というのではなく、ジーンズを穿いているのだけれど大人っぽい着こなしをしていて、これは只者ではないと思わせる感じ。暗い夜道をスマホを見ながら歩いていて、顔が見えたら、あら~知っている人でした。某大手アタシェ・ドゥ・プレス(様々なブランドの広報を受け持つ会社)のIさん。僕、今こんなイベントやってるんです~、なんて話をしたら、見てみたいと言ってくれてお店までお連れしました。

 で、壁にかかっていたこの額縁をお買い上げ。有難うございます~。当初、彼女には「無理買いしなくていいから~」と言っていたものの、本人は気に入っている様子だったので安心。

 というわけで、この額縁は旅立ってしまったのですが、中々の逸品だったので今日ご紹介します。

 50年代のものと思われる、ルルドのお土産額縁です。この写真では光に反射していて見えませんが、右側にマリア様、中央にマリア様の姿を見たとされるベルナデット・スビルーの姿があります。そして左側にいるのが聖テレーズ(だと思います)。マリア様と2人の聖人という、ちょっと欲張りな内容。女性ばかりが描かれていて、フェミニンなフランスらしいアイテムですね。

 それでこの額縁について最も特筆すべき点は、ドーム型のガラスに銀線で葉の模様が入っていること。これは中々珍しいのです。って、単に僕が初めて見たからそう書いているわけですが。とにかくそういうことにしておきましょう。明日もドームガラスが付いたお土産額縁をご紹介します~。

明日13時以降からお待ちしてます~

http://blog.with2.net/link.php?153914  
[PR]
by tomoakishimizu | 2012-06-04 11:08 | 調度品 | Comments(2)

オオカミのコーナー棚

e0074478_20533882.jpg
 オオカミをモチーフにした、ちょっとミステリアスなコーナー棚です。パリ市内で行われていた古物市で見つけました。

e0074478_20535181.jpg
 高さ34cm。こんな風に折りたためます。モチーフの感じと気の古さから推定するに、前世紀初頭のベルエポックの時代のものだと思います。

 本当は売りたくないのですが、僕の部屋、見えるところに角がありません(苦笑)。来月半ば、大阪の乙女屋さんでの販売決定です~(泣)。

DM写真に使ってます~

http://blog.with2.net/link.php?153914 
 
[PR]
by tomoakishimizu | 2012-04-19 20:54 | 調度品 | Comments(0)