カテゴリ:調度品( 452 )

小人とキノコ 楊枝あるいはマッチ入れ

e0074478_12561528.jpg
 昨日をもちまして、さっぽろ東急百貨店でのBunkamuraパリ祭内のアンティークフェアが終了しました。お越し頂いた皆さん、どうも有り難うございました~。天気のせいもあって、会場が混み合うほどまでには至らず、集客は然程延びませんでしたが、それなりの成果があったと思います。また来月中旬に4丁目プラザでのアンティークフェアで戻ってきますので、是非いらしてください~! さて、今日はこちら。パリ市内の古物市で見つけた、キノコと小人を象った磁器製ケースです。手の平に乗るくらいの大きさで、小人は7mm程の薄さで平たいです。基本的には細長いものを入れるためのケースで、楊枝やマッチ、特に赤い火薬のマッチを入れたら可愛いかもしれません。もしくはロウソクでも良いでしょうし、小花を生けても素敵でしょう。
e0074478_12561520.jpg
 刻印がハッキリしないのですが、どうも王冠らしきものが見えるので、それなりの窯のものでしょう。そしてGermanyと入っているので、ドイツ製であることは確か。第二次世界大戦前の制作と思われます。実は「えっ?」て思うくらい高かったので、それをそのまま反映したお値段で提供予定です。すみません~。

結局札幌では誰にも注目してもらえずでした~
人気ブログランキングへ

[PR]
by tomoakishimizu | 2017-11-01 12:58 | 調度品 | Comments(0)

パリ焼の小花付き花瓶

e0074478_08282418.jpg
 パリ市内の古物市で見つけた、グラデーションの小花で埋め尽くされた磁器製花瓶です。甕(かめ)のようなフォルム。バックスタンプが無く、小花細工であることから推測するに、19世紀末のパリ焼と思われます。
e0074478_08282447.jpg
 やや欠けているところはありますが、状態はかなり良いと思います。激動の時代を潜り抜け、折角ここまで生き残ってきたのだから、大切にしてくださる方の手に渡ればいいなぁと思っています~。さて、本日はさっぽろ東急百貨店でのBunkamuraパリ祭の最終日となります!膨大な商品量のため15時頃から片付けを始めるので、是非お早めにいらして下さい~。

Bunkamuraパリ祭
10月31日(火)(本日最終日! 閉場は18時)
さっぽろ東急百貨店
〒060-0004 北海道札幌市中央区北4条西2丁目
10時00分~20時00分営業
電話: 011-212-2211

10時よりお待ちしています~
人気ブログランキングへ

[PR]
by tomoakishimizu | 2017-10-31 08:31 | 調度品 | Comments(2)

磁器製キツネの置物

e0074478_08472937.jpg
 気付いたら、さっぽろ東急百貨店での催事も残すところあと2日となりました。アッという間です~。さて、本日はこちら。ヴァンヴの蚤の市にて、昨日ご紹介した豚の親子と一緒に購入した白キツネです。写真ではハレーションのため良く見えませんが、耳や鼻先、シッポに微妙な色合いの絵付けが施されていて、奇跡的なリアリズム。
e0074478_08473035.jpg
 刻印がこれしかなくて追跡できず。でも、もちろん第二次世界大戦前のドイツでの制作でしょう。
e0074478_08472922.jpg
 どの角度から見ても、完璧と思わせるフォルムの美しさ。おそらくは、昨日の豚の親子と同じ持ち主だったと思われます。
e0074478_08472995.jpg
 平面の写真だとどうしても伝わらない部分があり、是非実物を見にいらして頂きたいです~。

高さは12~13cmです~
人気ブログランキングへ

[PR]
by tomoakishimizu | 2017-10-30 08:52 | 調度品 | Comments(0)

磁器製豚の親子の置物

e0074478_09152394.jpg
 ヴァンヴの蚤の市に久々に行ったらついうっかり目に入ってしまい、その完成度に唸りながら購入してしまった豚の親子の置物。絶妙な薄いブルーと薄いピンクで、ちょっぴりロイヤルコペンハーゲンっぽいですが違います。
e0074478_09152413.jpg
 このような状態で刻印が見えず。でもおそらく第二次世界大戦前のドイツ製と思われます。ここまでの細工を仕上げる技術は、当時のフランスにはなかったはずだからです。まぁ、向き不向きの問題なのでしょう。そして一緒にあるものを購入したのですが、そちらはまた明日~。

白キツネです~
人気ブログランキングへ

[PR]
by tomoakishimizu | 2017-10-29 09:19 | 調度品 | Comments(0)

キャベツ型ボンボニエール グリーンバージョン

e0074478_08530205.jpg
 以前ピンクのバージョンポルチューのキャベツ型ボンボンケースポルチューのキャベツ型ボンボンケース 透明バージョン キャベツ型ボンボンケース白バージョン をご紹介していますが、本日は探しに探してやっと手に入れたグリーンバージョンをご紹介します。
e0074478_08530391.jpg
 どういうわけか、グリーンだけレア。2年位前に一回だけ見つけたのですが、残念ながら壊れていて購入には至らず。この写真だと色を混ぜた不透明のガラスに見えますが、透明なグリーンの磨りガラスです。
e0074478_08530228.jpg
 ちょっと汚れていますが、刻印。ポルチュウという街で1950年代に制作されたもの。エッジがそのままで、少々粗いといえば粗いかも。でも、それを補って余りある可愛さです~。

本日もさっぽろ東急でお待ちしています~
人気ブログランキングへ

[PR]
by tomoakishimizu | 2017-10-28 08:54 | 調度品 | Comments(2)

七宝のガラスケース

e0074478_08420246.jpg
 さっぽろ東急百貨店でのBunkamuraパリ祭と同時開催のアンティークフェア初日を終えました。途中何回か売り場が涼しくなる時もありましたが、常に物凄い数のお客様。お隣でテディベア・フェアが行われているせいもあり、眼の肥えた方が多く、モチベーションを高く維持できそうです~。さて、本日はこちら。パリ市内の古物市で見つけた、七宝でモチーフを描いたガラスケースです。おそらくは19世紀末から20世紀にかけての制作。
e0074478_08420382.jpg
 モチーフはちょっとヘタウマ。写真ではわかりづらいですが、茶色く見えるところが全て金。中々絢爛な雰囲気です。様式としてはアール・ヌーヴォー。
e0074478_08420296.jpg
 七宝ならではの凹凸があり、雰囲気は出ているかも。サインが入っていないため作家作品では無いですが、土台のガラスについての仕事が割りと丁寧なので、そこそこの作り手によるものでしょう。飴ちゃん入れ、もしくは鏡台に置くコットン入れとしてお使いください~。

最高級ではないけれど、それなりです~
人気ブログランキングへ

[PR]
by tomoakishimizu | 2017-10-27 08:45 | 調度品 | Comments(0)

七宝焼きの宝石箱

e0074478_09121976.jpg
 パリ市内の古物市で見つけた、七宝焼きのプレートがはめ込まれている宝石箱です。おそらくは1960年代の制作。レース状になっている本体はブロンズで、中々の重厚感。
e0074478_09122097.jpg
 内側はシンプルに赤いフェルトが敷いてあるだけ。七宝部分の裏側はむき出しです。もうちょっと何とかすればよかったのに。
e0074478_09122054.jpg
 作者のサイン。おそらくはMarechalだと思うのですが、ネット上ではヒットせず。
e0074478_09122048.jpg
 真鍮にシルバーをかけて、その上からガラス質と金箔を置いてモチーフを描いています。七宝はともかく、本体の細工の感じからしても、当時はそれなりのものだったと思われます。ただ一点問題が。これ、結構デカいのです~。

これから飛行機に乗ります~
人気ブログランキングへ

[PR]
by tomoakishimizu | 2017-10-24 09:16 | 調度品 | Comments(0)

七宝焼きのガラス製コンポチエ

e0074478_09253682.jpg
 本日は、パリ市内の古物市で見つけた七宝焼きのガラス製コンポチエ。マーブル状のガラスにピンクとターコイズと金で絵付けしています。おそらくはランプシェードの応用で作られたもで、ザックリですが、ナポレオン3世時代からアールヌーヴォー期にかけての制作と思われます。
e0074478_09253798.jpg
 ちょっとヘタウマ。というか、こんなものでしょうか。モチーフとしてはエキゾチックなアラブ模様。僕にとっては生まれ故郷のものなので、慣れ親しんでいる感じ(笑)。
e0074478_09253728.jpg
 これって結構面倒なことをしていて、透明なガラスにオパリーヌ(白)を乗せて、さらにその上から透明とパープルをマーブル状にしたものを乗せ、それからヒダを付けながら成形し、七宝モチーフを描いてから焼いています。そう思うと、現代ではコストが掛かりすぎて作れない類のものかもしれません。壊さないよう手持ちで札幌まで運びます~。

明日札幌へ出発~
人気ブログランキングへ

[PR]
by tomoakishimizu | 2017-10-23 09:27 | 調度品 | Comments(0)

磁器製ジョウロ

e0074478_22104505.jpg
 アリーグル市場で見つけた、手の平サイズの磁器製ジョウロです。おそらくは20世紀初頭のドイツ製で、結構古いと思うのですが、いささか趣味が悪いのが難。形も色合わせも微妙です。
e0074478_22104561.jpg
 微妙なのはわかっていたけれど、買ってからやっぱり失敗だったと痛感したアイテムです。本当は紹介しないつもりだったのですが、新商品の写真を撮っていなくて、無理矢理載せてしまいました。本日はちょっぴり手抜きです~。

明日からの仕入れを頑張ります~
人気ブログランキングへ

[PR]
by tomoakishimizu | 2017-09-22 22:19 | 調度品 | Comments(0)

ロワイヤルブルーの磁器製香水瓶

e0074478_22125208.jpg
 パリ市内の古物市で見つけた、フローラルモチーフが入ったロワイヤルブーの磁器製香水瓶です。
e0074478_22125250.jpg
 残念ながらバックスタンプは無し。おそらくは19世紀末~20世紀初頭にかけてのパリ焼きと思われます。
e0074478_22125379.jpg
 ディテールに目を移すと、女性のドレスのドレープのようなフォルムをしていて中々優雅な印象。ここまでの造形をフランスで作れたのか、という疑問もあり、もしかしたらドイツ製かもしれません。磁器の素焼きに白の釉薬を塗って焼き、その上にブルーの釉薬を載せて花柄を描いて焼き、最後に金線を載せて焼くという、非常に面倒な作業をしています。フタ部分の金線が薄れてはいますが、まずまずの状態。密閉性はほぼ無いので、香水を入れても一気に飛んでしまいそう。ということで、オブジェとしてお楽しみください~。

意外ともっと古いものかもしれません~
人気ブログランキングへ

[PR]
by tomoakishimizu | 2017-09-20 22:14 | 調度品 | Comments(0)