カテゴリ:ネコシリーズ( 48 )

ネコの塩胡椒入れ

e0074478_10515248.jpg
 昨日、札幌にやってきました~。震え上がるくらいの寒さに負けじと思いつつ、先ずは空港からの札幌行きの電車に乗ってみると、関東とは違い温度設定が高いようで、半袖シャツ1枚で汗ダクダク。でも外はさすがにシンシンと冷えていて、今回調達したショッキングピンクのダウンジャケットを着込み、滑らないようヨチヨチ歩き。しばらくすると、厚着に慣れていない僕は直ぐに汗ばんできて、シャツ1枚になりたい気分に。ウィークリーマンションにはエアコンが無く、オイルヒーターしか備え付けられていないのはビックリでしたが(北海道では常識のよう)、20度を超えると暑くてたまらず。でも、ヒーターを消すと一気に下がるしで、今朝なんて鼻が冷たくなり過ぎて目が覚めてしまいました。雪国の生活は中々大変です。マンションはインターネットのモデムが壊れていて、なんやかやと問題がありましたが、本日他の部屋のモデムと交換して何とかなりました~。
e0074478_1052625.jpg
 さて、今日はこちら。すでに渋谷のunikkさんで販売済みですが、ネコちゃん2匹が装飾になっている塩胡椒入れをご紹介します。磁器製で、カゴ部分はグリーンの色粘土を使っています。可愛いく見せようという意思が全く感じられない作り。でも、全体的にはとても可愛いく見えるというのが絶妙です。1930年代のフランス製とのことでしたが、もう少し後世かもしれません。明日もキッチュな磁器製オブジェをご紹介します~。と思ったけれど、イベントの直前告知をしなくちゃいけなかったですね。本日搬入頑張ります~。

荷物届いているのか微妙です~
人気ブログランキングへ

[PR]
by tomoakishimizu | 2016-12-14 10:53 | ネコシリーズ | Comments(4)

立ちネコちゃん

e0074478_8184362.jpg
 初日を終えましたが、何だか良くわからない感じで、昨日は担当者に吠えまくってました。そもそも会場の暖房が強すぎで暑い! 半袖シャツ1枚なのに汗かきまくりです。ま、今日からカッカせずにやりたいと思います~。

 さて、今日はこちら。パリ市内の古物市で見つけた、立ち姿が可愛いネコちゃんです。「立ちネコちゃん」とかタイトルをつけちゃいましたが、ちょっと微妙…(笑)。

 素材はモヘアで、中綿が木毛、目がガラス。おそらく50~60年代の制作で、仕事がしっかりしているのでドイツかイギリス製?

 立ち姿のネコなんて珍しいので、もしかしたら『長靴をはいたネコ』をイメージして、服を着ていたのかもしれません。ま、この裸の状態でも充分可愛いですけどね。こちらの写真は入浴させる前のもの。半乾きの状態で大阪へ連れて行き、売り場で充分に乾燥させて銀座入りしました。もっともっと可愛くなっているので、顔を見にいらしてください~。

今日は9時前出勤~
人気ブログランキングへ

[PR]
by tomoakishimizu | 2015-03-26 08:19 | ネコシリーズ | Comments(0)

トラネコの引き車

e0074478_3485148.jpg
 パリ市内の古物市で見つけたネコの引き車。元々片方の目がありませんでしたが、シッポと首の2ヶ所に破れがあるものの、本体の状態はまあまあだし、珍しく車輪が揃っていたので購入することに。

 表面素材はコットンで、中綿が木毛、目がブーツボタン。1920~30年代のフランス製です。

e0074478_3491096.jpg
 部屋に持ち帰り、僕のブーツボタンコレクションの中からほぼ一緒の物を探し出しました。でも、手持ちのボタンは年代が古くても基本的に未使用品のため、ピカピカとはいわずとも、それなりにキレイな状態。。このネコに元々付いていた片方の眼は塗料が禿げかかっていて、新しいボタンと一緒にするとそのみすぼらしさが強調されるようでバランスが取れません。ということで、古いボタンも無しにして、両方とも僕の持っていたボタンを取り付けました。

e0074478_3492849.jpg
 そうしたら目力が増し、途端に自信ありげに見えてきたから不思議。こちらの作業の経過も、時間の都合で写真に撮りませんでした。我ながら残念~。というか、今回時間が無さ過ぎで、もうちょっと余裕が欲しかった!

今から飛行機に乗ります。ヘロヘロ~
人気ブログランキングへ

 
[PR]
by tomoakishimizu | 2014-11-23 23:51 | ネコシリーズ | Comments(0)

ネコと金魚の置物

e0074478_16332665.jpg
 こちらも阪急うめだ本店での『ギフト展』で販売予定の、ネコと金魚をモチーフにした置物です。12cmくらいの手の平サイズ。

 刻印は一切無いのですが、おそらくは1960年代の日本製。というのは、金魚を抱えるネコなんていうモチーフはヨーロッパでは着想を得る人がいないでしょうし、金魚は中国でもポピュラーなモチーフですが、リボンを結んだネコと金魚という取り合わせは“らしく”ないと思いました。それ以前に、3ヶ月くらい前にご紹介した招き猫の緋色の上薬と筆のタッチが同じ感じなので、これは日本製のはずと断定。

 もの凄く美ネコというわけでは全然無く、性格俳優のオジサンのような顔をしてるところに味があって素敵。というか、ベムっぽいですか? 強烈な表情のネコが化け物のような金魚を抱えて明後日の方向を見ている。とてもシュールな光景です。

 ひとまず需要があるのか微妙なところですが、フランスで売られていたのだから、当時はそれなりに欲しがる人がいたのでしょう。ハイリスク・ノーリターンの覚悟をしながら、とにかくチャレンジです~。
 
ハイリスクでもないか…

http://blog.with2.net/link.php?153914 
 
[PR]
by tomoakishimizu | 2014-02-16 16:35 | ネコシリーズ | Comments(4)

招き猫

e0074478_2285583.jpg
 箸休め的に、今日はこんなものをご紹介します。パリ郊外の古物市で見つけた招き猫。昭和レトロな感じが素敵です。おそらく60~70年代のもの。これを日本へ持っていって販売するのは変なので、個人コレクションに加えることにしました。

 最近はパリでも招き猫を飾っている中国人のお店がたくさんありますが、金ピカでもの凄く派手。とにかくこちらが元祖です。型抜きのハンドペイント。

 貯金箱になっていて、おそらくゴム製のフタが底に付いていたのでしょうが、無くなっていて穴がポカンと空いてます。そんなわけで貯金箱としては使わず、そのままオブジェとして飾ります~。

今から取材へ行ってきます~(慌)

http://blog.with2.net/link.php?153914 
[PR]
by tomoakishimizu | 2013-12-19 22:08 | ネコシリーズ | Comments(2)

チェック柄のオレンジネコ

e0074478_18282561.jpg
 今日はキリスト教の万聖節で祭日。万聖節って何だかわからなくて調べてみたら、全ての聖人と殉教者のための日なんだそうです。う~ん、無宗教化しているフランスでは、あまりリアリティないのかも。で、そのお陰で今日はお店取材できないし、朝から雨で古物市へは行けないしで原稿書くことにしました。

 さて、今日はこちら。トレンドを意識して(嘘)、チェックの服を着たネコのぬいぐるみを買い付けてみました。パリ市内の古物市でゲット。

 体長35cm。ヴィスコースの起毛素材が主素材で、チェックのプリント地は化繊、口と鼻はフェルトで目はプラスチック、中綿はコットンです。おそらく60年代から70年代にかけてのフランス製。それほど汚れていなかったので洗っていません。リボンだけアイロンかけました。

 この手の新しい時代の化繊のぬいぐるみにしては中々可愛く、自信を持っておすすめできます。本当は手放したくないくらい~(笑)。

意外と売れなかったりして…

http://blog.with2.net/link.php?153914 
[PR]
by tomoakishimizu | 2013-11-01 18:40 | ネコシリーズ | Comments(0)

ボロボロクロネコ 其の二

e0074478_8593195.jpg
 この入浴シーン、あんまり素敵な光景じゃないですね。それはいつものことか。全体的に黒紫色が広がっていますが、これでも何度か洗った状態。この子は手ごわかったです。

e0074478_8595161.jpg
 元々付いていた片方の目玉を残しながら、新しい目玉を付けようと思いましたが、近い大きさのものがなく、仕方なくオリジナルを外して、新しく両目を付け直しました。作業をしたら手が真っ黒。ま、化学的なものを使っていないという証拠なんでしょうね。エコなネコです。

e0074478_90478.jpg
 治療終了~。ペッタリと寝ていた毛が立って、少しだけ元気そうに見えますね。もっと血色良く(?)見えるように、赤系のリボンでも巻いてあげることにします~。

嗚呼、年明けから商品整理の毎日~

http://blog.with2.net/link.php?153914  
[PR]
by tomoakishimizu | 2013-01-06 09:02 | ネコシリーズ | Comments(4)

ボロボロクロネコ

e0074478_9255030.jpg
 不思議な物体。古墳から発掘されたミイラのようですが違います。虫食いに遭いハゲハゲになった動物です。

e0074478_926153.jpg
 ご覧の通り、グリーンの目が麗しいネコちゃんでした。ヴァンヴのジャッキーの店で発見。「これは古くていいものだ」とか、色々とオッサンに演説ぶられたけど(そんなこと僕のほうがよっぽど知ってるよ~)、ひとまず我慢して譲ってもらいました(笑)。

 素材はモヘアで、中綿は木毛、目がガラス。でも片目。おそらくは40~50年代のドイツ製。もしかしたらシュタイフかもしれないけど、ここまでボロいのは初めてかも。

 しばらく放置は厳禁てな具合の汚れ加減で、いないのはわかっていても虫がわいてきそうな感じ。ということで、いてもたってもいられなくて、即入浴させました~。

ところで、日本ってパリより涼しい?

http://blog.with2.net/link.php?153914  
[PR]
by tomoakishimizu | 2013-01-05 09:28 | ネコシリーズ | Comments(4)

シュタイフのクロネコ ミニバージョン

e0074478_22194374.jpg
 今日は、シュタイフのクロネコの中でも一番小さいタイプの子を紹介します。パリ郊外で行われていた古物市で見つけました。売っていたのはフランス人の一般家庭の親子で、シュタイフのシュの字も知らなさそうな人たち。ということで、値段は二束三文。

 高さ12cm。主素材がビロードで、シッポがモヘア、中綿は木毛、眼がガラスです。60年代の西ドイツ製。

 この写真だと顔に傷があるように見えますが、糸が光ってそう見えるだけで、状態としては悪くありません。耳にはボタンが無いし、タグも付いてないけれど、この作りからするとニセモノではなさそう。

 ネコといえば、僕はネコアレルギーで、一時治ったと思っていましたが、駄目な時は駄目。例えば昨日取材で訪れたショップにいたネコは触っても問題なかったのですが、日本でネコに触った時は眼が腫れてしまいました。ネコによるのかなぁ~。
 
そろそろネコアレルギー卒業したいです~

http://blog.with2.net/link.php?153914 
 
[PR]
by tomoakishimizu | 2012-02-25 22:21 | ネコシリーズ | Comments(6)

黒ネコの手人形

e0074478_1944642.jpg
 ここ最近ずっとクリニアンクールへ取材に出かけているのですが、行くところへ行けば安くていいものが手に入るのだと再確認しました。で、今日ご紹介するこの手人形も、そんなクリニアンクールの僻地で見つけたものです。

 体長23cm。素材はモヘアで、頭の中綿が木毛、目がガラス。シュタイフの商品であることを示すボタンも残っています。60年代の西ドイツ製。

 「行くところへ行けば」という条件は、かなり際どいので、日本から旅行で来る方たちにはおすすめできません。でも危険を覚悟で行ってみる価値はあるかも。それか、僕みたいに道に明るい人に連れて行ってもらうのも良いかもしれません。場所などについては、ご存知の方も多いかもしれませんが、後々発表していくつもりです。

e0074478_194582.jpg
 さて、この手人形。下の方にこんな風に大きなかぎ裂きがあります。買ってから気付いたのですが、かなり値切りようのない値段だったので、良いことにしました~。

今からまたクリニアンクールです~

↓今日も応援クリックをっ!

http://blog.with2.net/link.php?153914 
 
[PR]
by tomoakishimizu | 2011-05-22 19:06 | ネコシリーズ | Comments(2)