カテゴリ:謎の動物シリーズ( 12 )

毛皮製謎の動物

e0074478_23323087.jpg
 毛皮で出来ている謎の動物です。顔だけ見ると犬かクマのようですが、ただ丸っこくて、手足がないので何の動物か特定できないのがミステリアスなところ。

 体長は10cmくらいで、何の動物の毛皮だかわかりませんが、身体は毛皮で、耳はスエード、眼がプラスチック、鼻部分がモヘアで鼻先がプラスチック、舌がフェルトです。60~70年代のフランス製?

 そういえば、昨日行ったパリ市内で行われていた古物市で、なぜかチンチラのつがいが売られていました。丸っこくて可愛かったんですが、200ユーロもしたし、諸々の条件が合わず買いませんでした(笑)。身体だけ見ると、この謎の動物はチンチラっぽいですけどねぇ。顔が全然違いますね。

 話が逸れますが、実は生きているチンチラを見たのは、今回が生まれて初めて。チンチラ、将来的に飼いたいなぁ、なんて。でも我が家に出没したネズミくんたちを思い出すので、ちょっと微妙。そもそも運動させるためにゲージは大きくなくてはいけないらしく、そんなものを置く場所がないので、まぁ、飼うとしてもずっと先でしょう~。
 
でも引越しはしません(できません)~

↓応援クリックを~♪


http://blog.with2.net/link.php?153914  
[PR]
by tomoakishimizu | 2011-01-10 23:33 | 謎の動物シリーズ | Comments(0)

青い生物

e0074478_16531934.jpg
パリ郊外の古物市で見つけた謎の動物くん。鼻は動物っぽいのですが、人間のようなヒゲを生やしていています。これって犬でもないし、タヌキでもキツネでもないし。妖精か何かでしょうか。

 高さは25cm。素材は化繊の起毛素材で、目はプラスチック。で中綿が問題。頭部分はコットンなんですが、体は・・・。

e0074478_16533130.jpg
 実はこれ、子供用のオーデコロンが体の中に入っているぬいぐるみなんです。オーデコロン自体はもうなくて、瓶だけが残っていました。ぬいぐるみの素材からすると60~70年代のものと思われます。Babylaneという会社をネット上で調べてみましたが、ひとまずヒットしなかったので、もう存在しないのかも。

 透明のプラスチックのボックスに入っていたので、この通り、完璧な状態です。ちなみにボックスはボロボロだったので捨てました。この子も日本行き決定です~。

今日も雪の中取材です~

↓ポチッと応援お願いします~♪


http://blog.with2.net/link.php?153914 
[PR]
by tomoakishimizu | 2010-12-02 16:53 | 謎の動物シリーズ | Comments(2)

多分コアラ

e0074478_21563955.jpg
 昨日紹介したセントバーナードと一緒に買ったコアラです。でもこれって本当にコアラなのかよくわかりません。僕は最初からクマの子供だと決め付けてました。

 高さ6cm。ウサギの毛皮製で、眼と鼻がプラスチック。昨日のセントバーナードと同じシールが付いています。60年代頃の西ドイツ製。

 どの動物か判然としなくて微妙だけど、可愛いからいいことにします~。

って、いつものセリフなんですが・・・

↓ポチッと応援♡


http://blog.with2.net/link.php?153914
[PR]
by tomoakishimizu | 2009-04-16 21:55 | 謎の動物シリーズ | Comments(4)

謎のミニチュア動物 其の四

e0074478_23142463.jpg
                すみません。完成写真の公開です~。

 昨日紹介した最後の写真の中で取り付けた耳は、最初からあった耳でした。向かって右側が、僕が毛皮から切り出した耳。少々毛を切りすぎてしまいました。あとちょっと白いですね。あまり違和感がない、ということにしておきます。やり直すの大変なので。まつ毛の存在も忘れていましたが、また次回に。

 鼻と舌も付けてあげましたが、やっぱり何の動物だかわかりませんでしたね・・・。

いちおう犬かしら?

↓今日も応援のクリックをお願いします~♪


http://blog.with2.net/link.php?153914
[PR]
by tomoakishimizu | 2007-11-14 23:14 | 謎の動物シリーズ | Comments(12)

謎のミニチュア動物 其の三

e0074478_2252294.jpg
 鼻を作ります。日本で売っている、お湯で軟らかくなるプラスチックを利用。この前紹介した犬の鼻で型を取りました。

e0074478_2252514.jpg
      その型に同じ素材で柔らなくなったものを押し付け、型からはがします。

e0074478_22531747.jpg
                周りを切り取って鼻が完成。

完成写真は明日公開~

↓写真取り忘れました。応援を~♪


http://blog.with2.net/link.php?153914
[PR]
by tomoakishimizu | 2007-11-13 22:53 | 謎の動物シリーズ | Comments(6)

謎のミニチュア動物 其の二

e0074478_23133823.jpg
 正体不明の動物の修繕日記開始です。まずは取れた耳を見ながらパターンを想像し、そのままの形に紙を切り抜きます。適当すぎて、どの線が最終決定なのかわかりませんが、何とかなるんですよ。

e0074478_2314376.jpg
 10年位前にクリニアンクールで買ってあった、何かの毛皮のショールをオブジェ製作用に解体したものがどこかにあったと思って、「毛皮」と書かれたボックスをひっくり返したら奥から出てきました。手触りはまあまあなので、もしかしたら質の悪いミンクなのかも。とにかく葉型に切り抜きます。

e0074478_2314215.jpg
                  毛が長すぎるのでカット。

e0074478_23144085.jpg
                   針金に巻き付けて

e0074478_2315288.jpg
           頭に装着。この子って、もしかしたら鼻がないかも・・・。

明日は鼻作りです~

↓応援お願いします~♪


http://blog.with2.net/link.php?153914
[PR]
by tomoakishimizu | 2007-11-12 23:15 | 謎の動物シリーズ | Comments(2)

謎のミニチュア動物

e0074478_1745280.jpg
 昨日更新しようと思っていましたが、色々と時間と取られて今日になってしまいました。すみません~。おととい紹介した犬と同じシリーズの、謎のミニチュア動物です。

 高さ7cm。ウサギの毛皮でできていて、目はプラスチック。最初から片耳でした。でも家に帰ってきて見たら、付いていた耳も芯の針金ごと折れてご覧のとおり。

 やっぱり可愛そうですよね・・・。

突然ですが、明日から修繕シリーズ~

↓応援クリック、お願いします~♪


http://blog.with2.net/link.php?153914
[PR]
by tomoakishimizu | 2007-11-11 17:45 | 謎の動物シリーズ | Comments(8)

眠りネズミ?

e0074478_23544232.jpg
 謎じゃないかもしれませんが、多分ネズミですかね。でも実物は、犬にも猫にクマにも見えちゃいます。いつどこでいくらで買ったのかは、忘却の彼方~。

 買った時はホコリと虫の死骸だらけで、きれいに洗ってほつれた所を繕いました。その修繕の最中に、中に折り込まれている縫い代部分に毛が残っているのを発見。素材は一見カスリのように見えますが、実はこの子は黒いモヘアでできていて、虫食い前は毛がフサフサしていたのでしょう。

 年代は恐らく40年から50年に掛けて。それか、この素朴な顔付きからすると30年代くらいかもしれません。恐らくフランス製。

 口の部分は淡いピンク色のベルベットでできていて、そこが何となくネズミっぽいといえばネズミっぽいかも。シッポの長さを見ても、やっぱりネズミでしょうかね・・・。

あんまり謎じゃなくてすみません~

↓今日もポチッをお願いします~

人気blogランキングに投票!
http://blog.with2.net/link.php?153914
[PR]
by tomoakishimizu | 2006-08-12 23:54 | 謎の動物シリーズ | Comments(6)

バンビと犬のハーフ?

e0074478_1847509.jpg
 今日でお終いだと思っていた『謎の動物シリーズ』ですが、昨日部屋の掃除をしていたら、またもう一匹発見してしまったので明日もやります~。

 で、今日はこの子。3年位前に、パリ郊外の古物市で見つけた謎の動物。

 素材は多分ヴィスコースの起毛素材で、中綿は木毛。目はプラスチックと金属でできたもので、中の黒目が動きます。正式な名称があったはずだけど、知りません。調べたけど、探せませんでした。高さは耳まで入れて37cm。恐らく60年代から70年代にかけてのものでしょう。

 耳の部分はが不自然に切りっ放しになっていたので、鼻の刺繍糸と同じように、オレンジ色のフェルトを縫い付けてあげました。形が定まらなかったので、針金も入れてあります。
 
 犬なのかバンビなのか、未だにわからないのですが、この写真を見ると猫にも見えますね・・・。多分、作者も何が何だかわからなくなったはずです。この時代の適当さと投げやりさがにじみ出ていますかね。

オレンジの耳がさらに謎効果を倍増?

↓今日も投票お願いします~

人気blogランキングに投票!
http://blog.with2.net/link.php?153914
[PR]
by tomoakishimizu | 2006-08-11 18:48 | 謎の動物シリーズ | Comments(4)

犬とオオカミのハーフ?

e0074478_20462796.jpg
 結局我が家には謎の動物はそれほどいないようなので(ちゃんと把握していないかも・・・)、このシリーズはひとまず明日で終わりです。でも新しい謎なお友達がやってきたら紹介しますので~。

 で、今日は犬なんだろうか、オオカミなんだろうか、と長い間悩ませてくれているこの子。互いに近い種らしいので、似ていて当然なんですけどね。どっちだと思います? それともどっちでもないのかな・・・。

 素材は化繊の起毛素材とフェルトで、中綿は木目。目はガラスで鼻がビニール。首の部分にだけどジョイントが入っていて動きます。60年代末から70年代に掛けてのフランス製だと思います。体長46cmでかなりの大きさ。パリ郊外の古物市で安く買った記憶があります。

e0074478_20474815.jpg
 犬のぬいぐるみって口を大きく開けているものが少なくて、ここまで大口だと犬にしては不自然で、どうしてもオオカミに見えちゃいます。でもオオカミのぬいぐるみって需要あるのか?って思うし。やっぱり、狂ったものをバンバン作っていたこの時代だから、オオカミもアリってことなんでしょうかね。

オオカミの割りには怖そうじゃないかも~

↓ポチッと投票をお願いします~

人気blogランキングに投票!
http://blog.with2.net/link.php?153914
[PR]
by tomoakishimizu | 2006-08-10 20:47 | 謎の動物シリーズ | Comments(6)