「ほっ」と。キャンペーン

カテゴリ:修復シリーズ( 20 )

片目のクマちゃん 最終回

e0074478_21244257.jpg
 さて、顔の手術開始。まず鼻の刺繍を切り取ります。実はこの黒いお鼻、あまり器用じゃない後世のどなたかが適当に縫ったものなのでした。口はニッコリマークのようで可愛いですが、変なチェーンステッチで、これは絶対にプロの仕事じゃない! 

e0074478_21245825.jpg
 案の定、糸を取ると下のモヘアは剥げていました。要するに、虫がモヘアも鼻のステッチも喰ってしまい、随分たってから誰かが無理矢理鼻を縫ったのがわかったのです。

e0074478_21252623.jpg
 それで、クマさんの鼻の基本的なステッチを参考にすることに。この子は、ブログの著者紹介写真で僕の顔の直ぐ脇にいる子です。色々クマを見ていますが、こういう鼻のステッチがベーシックなものといえるかも。

e0074478_2126144.jpg
e0074478_21262745.jpg
 ハイ。これでお顔が出来上がりました。顔自体がゆがんでしまっているので、手で押したりして整えます。

e0074478_21264959.jpg
 ジョイント部分の、針金を通した厚紙を入れて縫います。

e0074478_21271794.jpg
 そして針金を曲げて、首のジョイントを身体に取り付けます。

e0074478_21283680.jpg
 木毛を詰め込みますが、パンパカパンに入っていたものを出して、また戻す作業はかなりキツイ。ここでも玉のような汗をかきました。

e0074478_21285841.jpg
 そして背中を閉じます。

e0074478_2132778.jpg
                         完成!

e0074478_21331845.jpg
                   オマケ・・・。完成を喜ぶ図。

やっと完成しました~!

↓下をクリックして投票を~♪

人気blogランキングに投票!
http://blog.with2.net/link.php?153914
[PR]
by tomoakishimizu | 2006-07-25 21:33 | 修復シリーズ | Comments(19)

片目のクマちゃん 其の六

e0074478_20463380.jpg
 ミシンで胴体のほつれを縫い、手足のジョイント部分の縫い目を補強します。

e0074478_2047020.jpg
 手足を取り付けます。ジョイント部分の針金を曲げますが、これがまた大変。とにかく外すのも付けるのも難儀でした。針金をちゃんと曲げないとゆるくなって、手足がダランとしてしまいます。ペンチを持った手は、そのあと2日間くらい痛かったです。

e0074478_20473069.jpg
 手足を付け終わりました。フ~。ここで汗がドバっと吹き出ました。

e0074478_2048162.jpg
 そしてやっと顔の作業。

e0074478_20482910.jpg
 耳が外れかかっているので縫います。

e0074478_20485613.jpg
 耳は残っている糸穴を頼りに付けましたが、ちょっとバランスが悪いので、結局最後に付け直しました。で、耳は戻ったけど、片目なのが気になりますね。

e0074478_20491671.jpg
 何週間か前の古物市で買っておいた、19世紀から20世紀初頭のブーツ用ボタンから、大きさが近いものを選びます。

e0074478_20493932.jpg
 ぬいぐるみ用の長い針を使って、ボタンを縫い付けます。糸は目立たないよう後ろ頭に出します。

e0074478_20495812.jpg
 これで片目ではなくなりました。ボタンの大きさがちょっと小さいし、厚みが若干違いますが、本人には納得してもらうことに。

明日完成しま~す!

↓ポチッとどうぞ~♪

人気blogランキングに投票!
http://blog.with2.net/link.php?153914
[PR]
by tomoakishimizu | 2006-07-24 20:51 | 修復シリーズ | Comments(8)

片目のクマちゃん 其の五

e0074478_17285637.jpg
 さて、続き。ちなみに今日のパリはちょっぴり涼しくなって30℃です~。

 手足のジョイント部分は、物凄く太い糸でザクザク縫われているだけで、こんなんだと手足を動かした時に糸が見えてしまいます。

e0074478_1729471.jpg
 
e0074478_1733534.jpg
糸を外して細かく縫うことに。

e0074478_1730483.jpg
 ついでに糸がほつれているところを縫っておきます。内側の布には毛が残っていて、フサフサなのが見えますね。

e0074478_17332544.jpg
 手の先がボロボロで、特に左手は物凄いことになっています。これはどうにかして傷口を塞がないと。

e0074478_17334650.jpg
 というわけで、以前別のクマちゃんを治療した時に使った、自分で染めた微妙な古色の布を引っ張り出してきて使うことに。右手の方は軽症だし、ある程度古いということがわかるように、そのままにしておくことにしました。

e0074478_17341521.jpg
 でも縫ってみたら全然色が違う!

e0074478_17343620.jpg
 ということで、慌てて黄色や緑やブルーの染め粉を水に溶いて、手で塗り塗り。やっぱり色は違うんだけど、さっきよりはマシということで、クマちゃんには納得してもらうことにしました。

明日は顔の作業へ~

↓下をクリック!どうぞよろしく~♪

人気blogランキングに投票!
http://blog.with2.net/link.php?153914
[PR]
by tomoakishimizu | 2006-07-23 17:34 | 修復シリーズ | Comments(8)

片目のクマちゃん 其の四

 フランス全土で、暑さのために亡くなった方がとうとう20人を突破! やっぱりおかしいと思っていたんです。毎日どう考えても40℃近くあるはずの気温も、天気予報では2,3℃低めに発表してるような気がします。この国のことだから、死亡者数も低めに言ってるのかも。
 おととし位から流れてるフランス政府のCM、見てると腹が立つんですよ~。日中は窓を閉めましょう、飲みたくなくても水を飲みましょう、定期的に身体を濡らしましょう、は百歩譲ってわかるとしても、図書館や映画館、スーパーマーケットなどの涼しい場所で、一日のうちに2~3時間は過ごしましょうだって。そうすることが条件的に不可能な人だって沢山いるはずなのに、何もわかっちゃいない。だいたいスーパーで2時間もいたりしたら、変に思われるでしょ。
 とにかく温暖化は進んでいるわけで、このままだと猛暑は毎年やって来て、みんなクーラーを使い始め、パリもまるで東京のようになるのかも。

 そんなことはさておき、暑い最中、暗幕が張られた部屋で黙々と作業を続ける僕。このクマさん、思っていたよりもかなり大変な子でした・・・。

e0074478_18265215.jpg
 昨日からの続きです。木毛を抜いた身体の中はホコリだらけなので、掃除機で吸い取ります。

e0074478_18271480.jpg
 それからジョイントを外します。これが思いの外に大変。鋼鉄で出来ている針金は硬い! 長い年月が経っている金属、しかもクネクネ曲げられているものを元に戻そうとすると亀裂が入ってきて、簡単に折れちゃいます。この作業でジョイント2つをダメにしました。代わりの針金を使うことに。

e0074478_18275729.jpg
 腕を外したら、ジョイント部分に何かの絵が!

e0074478_18283840.jpg
 外してみると、これは紛れもなくベル・エポックの頃(だと思うんだけど)の女性の顔! 多分、宣伝か何かの厚紙のボードを再利用したものなのでしょう。時代を感じさせてくれます。で、ちょうど目のところに穴が開いているので、漫画「悪魔(デイモス)の花嫁」で、卵を身体に植えつけられて、幼虫が眼から飛び出てくる、みたいなお話があったなあ、なんてことを思い出した僕。

e0074478_1828564.jpg
 全てを外し終えた図。

今日はここまで~

↓今日もご協力お願いします~♪

人気blogランキングに投票!
http://blog.with2.net/link.php?153914
[PR]
by tomoakishimizu | 2006-07-22 18:37 | 修復シリーズ | Comments(4)

片目のクマちゃん 其の三

e0074478_21325154.jpg
 暑いです~。朝、シャワーを浴び終えて、直後に玉のような汗をかいちゃうくらい。フランスではすでに9人の方が亡くなったとか。
 で、最近は暑さのせいで外に出なくなったので、運動不足解消のために腹筋腕立てをやったら、すねに汗かいちゃった。こんなことって、小学校とか中学校の時の体育以来ですよ~。今は手の甲に汗かいてます。今日も35℃まで行きそうな予感~。

 それはさておき、クマちゃんの施術を開始せねば。でも暑くて、本当にやる気がしない!でも鞭打ってやらなくちゃ(その繰り返し・・・)。

e0074478_21334316.jpg
 先ず、ブラックジャックよろしく、マスクをします。ちょっと目が寄っちゃった。それはさておき、僕、やっぱり風邪気味で、鼻水と咳が止まりません。仕方ないですね。大気汚染のせいもあると思います。で、横には掃除機を待機させておきます。

e0074478_21344046.jpg
 で、ついに背中の切開を開始~。

e0074478_21351072.jpg
 ジョイント部分の作業をしなくちゃいけないので、中の木毛を取り出します。

e0074478_21353333.jpg
 すると、キュ~とか音が出ていたのであろうグローラーが顔を出しました。もちろん、壊れていて音は鳴りません。

e0074478_2136852.jpg
 全部取り出して、スーパーの袋に入れました。もう汗だくでしゅ。今日はこれで勘弁して~。

明日も新たなる発見がっ!乞うご期待!

↓ポチッとクリックをどうぞ~♪

人気blogランキングに投票!
http://blog.with2.net/link.php?153914
[PR]
by tomoakishimizu | 2006-07-21 21:38 | 修復シリーズ | Comments(2)

片目のクマちゃん 其の二

e0074478_21153569.jpg
 パリはちょっとだけ涼しくなりました、といっても30℃くらいはあるでしょうか。やっぱり依然暑いままです。

 それはさておき、クマちゃん。縫い付けられている頭と手足の糸を外したら、案の定バラバラ事件状態に。それを先ずお湯に漬けて、全体をほぐしてあげます。

e0074478_21155989.jpg
 それから洗剤を入れてジャブジャブやりますが、かなり凄い色が出ました。ほとんど100年経っているから仕方がないですかね。

明日は背中を開きま~す

↓今日も投票クリックをよろしく~♪

人気blogランキングに投票!
http://blog.with2.net/link.php?153914
[PR]
by tomoakishimizu | 2006-07-20 21:16 | 修復シリーズ | Comments(10)

片目のクマちゃん

e0074478_218129.jpg
 もう2ヶ月くらい、机の上に置きっぱなしになっているクマちゃんがいます。そろそろ修繕してあげないと本当に恨まれそうで、このブログで紹介することをいい機会に、作業を始めることにしました。

 パリ郊外の古物市で見つけましたが、パリ市内で行われている古物市にもスタンドを出しているフランス人の夫婦から買いました。彼らは、以前紹介したベロ出しブルドッグを売っていた夫婦です。最初30ユーロと言われて、余りにも高すぎるので「あんた達アホ」という顔をしながら帰ろうとしたら、「いくらだったらいいの?」と言われて、結局10ユーロになりましたよ~。ホッホッホ。

 素材は、虫食いで毛がほとんど残っていませんが、一応モヘアで、中綿は木毛。手足と首にジョイントが入っていて可動し、目はブーツのボタンです。ということは、1900年代から20年代くらいのものだと思います。素材とフォルムからしてドイツ製だと思うのですが、もしかしたらシュタイフなのかも。でも当時からコピー品が出回っていたようなので、もしかしたらコピーかもしれません。

 傷みが激しくて縫い目がほつれ、首と片足と片腕のジョイント部分が外れたために、誰かが無理矢理糸で縫いつけた状態でした。写真が暗くてわかりにくいかもしれませんが、本当にボロボロ。ということで、明日は入浴シーンからです~。

ボロボロでもニコニコちゃん~

↓ポチッとクリックお願いします~♪

人気blogランキングに投票!
http://blog.with2.net/link.php?153914
[PR]
by tomoakishimizu | 2006-07-19 21:08 | 修復シリーズ | Comments(4)

赤いベストのウサギさん 其の三

 暑いですね~。今日の予報では36℃とか言ってますよ~。本当かよ~。僕の部屋って真南向きで、どうしたって太陽光ガンガンなので、今日はとうとう暗幕を張りました。フランス全土で約2万人が亡くなった3年前の猛暑で死ぬ思いをした経験を持ちますが、賢い友人は黒い布を窓に張って、部屋の中は27℃だったって言っていたので、早速真似してみたんです。お陰で部屋は、写真でも焼くんですか?ってくらいの漆黒の暗闇、暗室状態。あるいはお仕置き部屋?

 それはさておき、修復シリーズ。

e0074478_19145399.jpg
 2枚の切れ端を背中から切り抜き、それを縫い合わせます。

e0074478_19151131.jpg
 それから足に当てて縫い付けます。

e0074478_19153756.jpg
 仕上がりはこんな感じ。背中の布は、赤いベストに守られて虫食いに遭っていないので毛がフサフサ。ちょっと違和感があるけど、同じ布ということで良しとしましょう。
 
e0074478_19165514.jpg
 パックリ開いてしまった背中を他の布を使って塞ぎます。前にクマのぬいぐるみを修復した時、微妙な古色に染めておいたトワル地があったのでそれを使いました。型通りに布を切り抜きます。

e0074478_19171149.jpg
 そして縫い付けます。

e0074478_19173588.jpg
 これで背中を塞ぐことができました。

e0074478_19181640.jpg
 赤いベストを着せて、ボタンを付けます。ボタンは恐らく3つ付いていたのが1つなくなっています。2つのボタンを付けるだけでは、ベストがめくれてしまうので、先ずベストだけすくい縫いをして閉じてしまいます。

e0074478_19183978.jpg
 それからボタンを付けます。ボタンはガラス製で、ガラスのボタンを使っているぬいぐるみは珍しく、アルファ社の特徴と合致します。というところでも、この子はアルファのぬいぐるみだと思えるわけです。

e0074478_19193646.jpg
                        完成!

この子はジャズのバンドマン?

↓今日もクリックをよろしく~♪

人気blogランキングに投票!
http://blog.with2.net/link.php?153914
[PR]
by tomoakishimizu | 2006-07-18 19:20 | 修復シリーズ | Comments(16)

赤いベストのウサギさん 其の二

 昨日からの続きです。

 素材云々について書くのを忘れていました。モヘアがほとんどで、鼻、舌、手の平、蝶ネクタイ、ベストがフェルト製で、目はガラス。中綿は、昨日の写真から見てわかるように木毛です。大きさは耳を入れて43cm。恐らくフランス製で、50年代頃。鼻の作りと目の感じがアルファ社のものかも、と思っています。

 すでにボロボロだったウサギちゃんを洗ったがために、傷口が開いてしまったわけですが、何とかしてオリジナルに近い状態にしたいと考えた僕。昨日の写真を見ていただくとわかりますが、このウサギちゃんはベストを着ていて、その下の布を使ってしまえばよいではないか!と思い付きました。そうです、皮膚移植!

e0074478_22325938.jpg
 最初に足にトワル地を当てます。

e0074478_22332845.jpg
 それから、ボールペンでカーブに合わせてなぞります。

e0074478_22334840.jpg
 そして線に合わせて切り抜きます。それが結構な大きさで、背中部分を使うにしても、かなりギリギリ。背中は一直線に縫い目があって、その縫い目を避けては切り取れず、仕方なしに縫い目を真ん中に持ってきて2枚の切れ端を取ることに。

e0074478_22341544.jpg
 先ずは背中の縫い目を外します。

e0074478_22343266.jpg
 ちょっと残酷ですが、切り抜いたトワルを背中に当て、その形通りにモヘアの地を切り抜きます。

 今日はここまで~

↓クリックして投票お願いします~♪

人気blogランキングに投票!
http://blog.with2.net/link.php?153914
[PR]
by tomoakishimizu | 2006-07-17 22:34 | 修復シリーズ | Comments(2)

赤いベストのウサギさん

e0074478_2102819.jpg
 日本も暑いようですが、ずっと暑い日が続くフランスは、特にパリで物凄い大気汚染になっている模様。僕の肺もちょっと調子がおかしいです。

 それはともかく、昨日のアヒルちゃんは反応無しで寂しいけど、まあ仕方ないか。

 今日から修復シリーズやります。この前のクマからすると規模が全然小さいですが。見ての通り、このウサギさんは足を負傷してます。今日から治療開始です~!

 昨日紹介したアヒルちゃんと同じときに、性転換者のオバチャンから買いました。で、恒例の値切り話。最初このウサギちゃんは20ユーロで、アヒルが10ユーロ、2つで20ユーロと言われ、余りにも高いとにこやかに文句を言い、「いくらだったらいいの?」って言われて10と答えると、オバチャンは奥のトラックの方へ行ってしまいました。怒らせちゃったかなと思いましたが、そうではなく、ビニール袋を取りに行ったのでした。言ってみるもんだなと思いましたよ。ウサギちゃんは最初から状態が悪くて、ま、適正価格でしょうか。

 それで家に帰ってきて、ウサギちゃんを洗っている間に、足の部分が段々開いてきちゃって、腐っていた布部分が溶けてしまいました。もうこれは修復するしかない! 決意を固めた僕でした。

明日はパターン取りから始めます~

↓今日もニコニコ一票を~♪

人気blogランキングに投票!
http://blog.with2.net/link.php?153914
[PR]
by tomoakishimizu | 2006-07-16 21:00 | 修復シリーズ | Comments(2)