2017年 08月 02日 ( 2 )

ロモノーソフ社製アライグマの置物

e0074478_22323487.jpg
 ロモノーソフによるアライグマの置物です。こちらもスキーヤー2人と一緒に購入しました。
e0074478_22323464.jpg
 ソ連製。ネット上で調べたところ、こちらも1950年代の制作だそう。要するにスキーヤー2人とこちらのアライグマは同じ持ち主だったようです。
e0074478_22323447.jpg
 黒い上薬を塗ってから眼のアウトラインを削り取り、白い毛と黒い毛の境目も細かく削って毛並みを表現しています。中々の労作。この他にも違うポーズのアライグマが2種類存在するようですが、残念ながらこれだけしか売っていませんでした。で、今回学んだのが、アライグマとタヌキの違い。シッポに縞模様が入っているのがアライグマなのだそう。う~ん、あまり役に立たないかも、なんて思ったら大間違い。外来種で駆除対象なので、古来種のタヌキと間違えぬよう気を付けないといけないそうです~。

見かけたら各自治体に通報ですって~
人気ブログランキングへ

[PR]
by tomoakishimizu | 2017-08-02 23:05 | 我が家のお友達 | Comments(0)

ロモノーソフ社製スキー板を拭く青年

e0074478_00241430.jpg
 昨日パリに戻ってきました~。すでに街はバカンスモードに突入していて、古物市は全然ない状態ですが、とにかく頑張って買い付けをしたいと思います~。で、今日はこちら。昨日ご紹介したスキー女子と一緒に購入した青年のフィギュアです。
e0074478_00241404.jpg
 ソ連時代のロモノーソフのバックスタンプが入っています。こちらも1950~60年代の制作。
e0074478_00241576.jpg
 遠目からすると、一瞬リヤドロに見えなくもないですね。スキーをするのにかなりの軽装備で、北国ならではかも~。

明日は動物のフィギュア~
人気ブログランキングへ

[PR]
by tomoakishimizu | 2017-08-02 00:32 | 調度品 | Comments(0)