2017年 07月 03日 ( 1 )

バルマン 2018春夏

e0074478_22505982.jpg
 オリヴィエ・ルスタンによるバルマンは、いつもと同じ会場、旧ポトキ伯爵邸、現商工会議所のホールでショーを開催しました。今シーズンは、特にテーマを設定せず、ルスタンが着たいと思うものをデザインしたそうです。
e0074478_22510057.jpg
 一番上の写真のように、チェーンでトリミングしたジャケットが沢山出てきましたが、襟が無いとどうしてもシャネルジャケットを想起してしまい、マダムっぽく見えてしまいます。どうしてなんだろう。コレクションは全部80体くらいあり、レディースもかなりの割合で登場。レースモチーフを刺繍で繫いだドレスが目を引きました。
e0074478_22510058.jpg
 こちらは、フリンジをあしらったマクラメレース風のトップス。かなりコッテリしたアイテムです。
e0074478_22510088.jpg
 ルスタンらしいバスローブというか、キモノ身頃のジャケット。街着として着るには勇気が要りそう。
e0074478_22510119.jpg
 露出趣味の人向けともいえるセットアップ。この種のアイテムは、セレブリティの中で一定の需要があるようです。やはり、バルマンはそういった人々に向けて発信しているのが明確で、見ていて潔ささえ感じます。とにかく、メンズもレディースも、クチュールメゾンならではの技巧を凝らしたアイテムばかりでした~。

毎日昼寝して乗り切ります~!
人気ブログランキングへ

[PR]
by tomoakishimizu | 2017-07-03 22:52 | パリコレ | Comments(0)