2017年 06月 30日 ( 2 )

ベルルッティ 2018春夏

e0074478_21262640.jpg
 ハイダー・アッカーマンによるベルルッティのショーは、セーヌ川の目の前にある貨幣美術館の中庭で行われました。
e0074478_21254914.jpg
 ハイダー・アッカーマンになって2回目のショーですが、より一層スポーティな感じになり、若返ったと思います。ただし、ベルルッティを着るようなオジサンがジャージみたいなパンツを穿いていても、かなり違和感を覚えるかもしれません。
e0074478_21254479.jpg
 でも、コレクションは表向きのもので、実際に販売されるものはオーソドックスなスーツ類が多いはず。
e0074478_21253709.jpg
 こういったサテン地のアイテムはハイダー・アッカーマンそのものですが、コレクション全体としては、ハイダー・アッカーマンの持ち味とベルルッティのオーセンティックなイメージがバランスよくミックスされていたと思います。そして、仕立てと素材の美しさが際立つコレクションでした。
e0074478_21255701.jpg
 オマケ。セレブ席をパパラッチ。セツコ・クロスソフスカ・ドゥ・ローラさんとルー・ドワイヨン。大層話が弾んでいるようでした。セツコさんとはレセプションパーティなどで顔を合わせることがあるので、目が合った時に会釈だけしておきました。ヨーロッパの社交界で孤軍奮闘する日本人として、本当に偉いと思います~。

明後日からクチュールです~
人気ブログランキングへ

[PR]
by tomoakishimizu | 2017-06-30 21:27 | パリコレ | Comments(0)

コム デ ギャルソン オム プリュス 2018春夏

e0074478_02412908.jpg
 すみません~。猛暑のせいでくたびれてしまい、そして原稿に追われてしまい、ブログの記事アップを2日間も怠ってしまいました。まぁ、先月は休まずアップしていたのでいいか。で、今日は涼しくなって復活です。
e0074478_02412495.jpg
 さて、今日はコム デ ギャルソン オム プリュスのご紹介。劇場・コンサートホールのサル・ワグラムを会場にショーを開催しました。今シーズンは、赤青緑黄のスポットがランウェイを照らし、まるでクラブのような雰囲気の中、派手派手な服を着用したモデルたちが登場。単純な僕は、これはクラバーへ向けたものに違いない、なんて思ったわけですが…。
e0074478_02411863.jpg
 ショールームで広報担当の方に「今シーズンのテーマは『中身が大事』です」と言われ、一瞬頭が真っ白に。「ファッションは軽いものではなく、深いものである」とし、内側にあるものを工夫して作ったとのこと。ジャケットはあえて裏地をデザインし、それを表側にしています。表側に色鮮やかな刺繍を施した素材や、アニマルプリントの起毛素材、スパンコール刺繍素材などを配し、裏地としてあえてメンズライクなストライプ素材を使用。アイテムによってはタグが表に縫い付けられていました。
e0074478_02411308.jpg
 アーティストのモナ・ルイゾンとのコラボレーションによるジャケットは、ソフトビニールの人形を使用したもの。でも販売予定はないそうです。
e0074478_02410741.jpg
 最後はベス・ディットによるセローンのカバー『Supernature』がかかる中、モデル達が踊りながら登場。見た直後はしっくりこなかったのですが、説明を聞いって「やっぱりコム デ ギャルソンは凄いや」と思ったのでした~。

原稿地獄も明日で終わる予定~
人気ブログランキングへ

[PR]
by tomoakishimizu | 2017-06-30 02:43 | パリコレ | Comments(0)