2017年 04月 01日 ( 1 )

アンダーカバー 2016/2017秋冬

e0074478_00305659.jpg
 アンダーカバーのショーは、凱旋門近くにある劇場、サル・ワグラムで開催されました。コレクションタイトルは『Utopie』。デザイナーの高橋盾が想像する理想郷に住む人々の装いを見せる、というストーリー性のあるものでした。冒頭ではオーガンジーをハチの巣状に繋いだ飾り襟のテクニックを用いたジャケットと、ローゲージニットのドレスやダメージニットのドレスを組み合わせたセットアップのシリーズが4点。くねくね動くモデル達の動きが何とも奇妙でした。
e0074478_00305181.jpg
 その後も僧侶や新人類などのカテゴリーで服が続々と登場。キーとなるものは様々でしたが、バリエーション豊かなニットや、先述の中世の王族が着用していた飾り襟のディテールが様々なルックで使用されていました。
e0074478_00304688.jpg
 ボリュームあるローゲージニットも印象的。でも、物凄い値段になりそうです。
e0074478_00304088.jpg
 最後は“王族”たちが飾り襟のテクニックを用いたドレスで登場して幕。スタイリングやアクセサリーの使い方でかなりアヴァンギャルドに見えましたが、ショールームで服を見た限りでは、日常着として着用可能なものも沢山。やはり間近で見ないとわからないことが多いと実感したのでした~。

明日はジュンヤ ワタナベ~
人気ブログランキングへ

[PR]
by tomoakishimizu | 2017-04-01 23:28 | パリコレ | Comments(0)