2017年 02月 01日 ( 1 )

ディオール・オム 2017/2018秋冬

e0074478_01481762.jpg
 ディオール・オムのショーは、グラン・パレで開催されました。会場がパリ辺境のテニスコートではなくなり、皆ホッとしたと思います。今シーズンは、デザイナーのクリス・ヴァン・アッシュの青春時代、80年代終わりのレイヴ・ムーヴメントと90年代のガバといったクラブカルチャーにイメージを求めています。今回は特に、Hardiorという文字が様々なアイテムで使われていました。

e0074478_01481220.jpg
 こちらは、ジャケットの襟に施されるハ刺しをして、糸をフリンジのように垂らしたフロックコート。

e0074478_01480767.jpg
 手前が、ムッシュ・クリスチャン・ディオールのポートレートをコンピュータ処理したモチーフをジャカードで織ったニット。ややこしいな。奥がハンドスプレーのムートンのコート。

e0074478_01480230.jpg
 ダン・ヴィッツというアメリカ人アーティストの絵をモチーフにしたスーツ。特にジャケットは、透明のスパンコールを固定している糸を染めてモチーフを描いていて、アトリエは物凄く苦労したのだとか。おそらくは生産不可能なのではなかと思います。とにかくクチュールメゾンらしい作品です。

e0074478_01475615.jpg
 U2のボノとかExileの人とかボーイ・ジョージとか、セレブが沢山来ていて、凄かったです。写真は一応撮りましたが、モチベーションの低さが画面に現れていてボツ。さて、肝心のコレクションですが、やはりセレブリティが着ると様になりそうな内容だと思いました。僕にはとても手が届かない感じのラグジュアリーさです~。

最初からそうだったか・・・
人気ブログランキングへ


[PR]
by tomoakishimizu | 2017-02-01 23:15 | パリコレ | Comments(2)