2014年 02月 28日 ( 1 )

アンダーカバー 2014/2015 秋冬

e0074478_125237.jpg
 前回、ショー開始時間が変更されたことを直前まで知らされず、会場まで走っていったのに間に合わなくて見逃してしまったアンダーカバー。今回はサル・ワグラムを会場にショーを行いました。テーマはよくわかりませんが、女王とかハリウッド女優のようなルックが続出。でも、それぞれのアイテムはスポーティ&カジュアルで、意外とシンプルな感じ。要は、もの凄い長いショールを女王様のたすきのようにグルグル巻き付け、それが頭に載っている王冠のようなヘッドピースと相まって、何となくそれっぽく見えているだけのダマシ絵のようなコレクション。だからバラバラに見ると、意外と着易そうなものばかりです。

e0074478_1253868.jpg
 一番上の写真のように、ポケットに入れたショールが裏側から突き抜けて床に届きそうになっているルックが何点か見られました。ポケットの役割を果たさないただの飾りなんですが、実際に生産されるときはどうなるのでしょうかね。

e0074478_1255128.jpg
 女優シリーズ(勝手に命名)では、まったく同じモチーフでコート、インナー、パンツを統一したルックが登場。こちらは18世紀のフランスで大流行し、現在は日本でカルトナージュをやっている奥様方に大人気のトワル・ド・ジュイを使用したモデル。ボリューミーでかなりの迫力でした。

e0074478_126658.jpg
 最後は陶器モチーフをプリントした白のシリーズ。モチーフを良く見ると、UFOが描かれていて、デザイナーの高橋盾のSF志向が反映されています。見終わった当初はあまりピンと来なかったのですが、こうやって写真で見返してみると、独自性のある面白いことをやってるなぁと思いました。もの凄くストレンジな世界ですけどね。

今からヨウジヤマモトへ行ってきます~

http://blog.with2.net/link.php?153914 
[PR]
by tomoakishimizu | 2014-02-28 23:25 | パリコレ | Comments(0)