ジュード・ロウ

e0074478_21163666.jpg
 いきなりですが、オートクチュール期間中に仕入れたネタの披露をしたいと思います~。

 見ての通りなんですが、ドン・ペリニヨンのパーティでキャッチしたジュード・ロウ。この日の目玉ゲストが彼でした。本当はもっとたくさんのセレブが来るはずで、配られたリストにはビッグネームがてんこ盛りでしたが、実際に来たのは彼くらい。何か理由があったのかもしれません。

 本人を目の前にすると、背が高くてハンサムな人、という印象。ま、それだけ。実は彼の出演映画って見たことがないもので。でもテレビシリーズでは、シャーロック・ホームズの「ショスコム荘」に使用人役で出ていて(当時19歳!)、そちらの印象が強いかも。最後にシクシク泣く情けない役でした~。

ちょっとした女装もさせられてました~

↓今日も応援お願いします~♪

人気blogランキングに投票!
http://blog.with2.net/link.php?153914
[PR]
by tomoakishimizu | 2007-07-06 21:18 | セレブ日記 | Comments(10)
Commented by ピロ味 at 2007-07-07 01:51 x
GATTACA(ガタカ)を、是非、見てあげて!
アタイはこの映画で一気に彼のファン☆
(映画自体もMyTOP3に入る位のお気に入り)
ちょっと前に、SMAPxSMAPにキャメロンディアスと出てたけど
気取りの無いオチャメな兄ちゃん風でポイントUPでしたわ♪
ドンペリのパーチーで女装って、一体、何が起きたのかしらw
Commented by Lio at 2007-07-07 06:46 x
ま、それだけって・・・・・(笑)会場の中では彼が一番男前だったとおもうのですが、セレブを見慣れてるトモさんには物足りないのかもしれませんね~。
Commented by パン子★ at 2007-07-07 09:49 x
格好よいじゃないですか~。
本物見れて羨ましいです。
この人のお尻の形を以前、おすぎかピーコが大絶賛してました。
見ましたか?
私はこの人のアゴが好きです。
Commented by ars_maki at 2007-07-07 18:37
19歳の時の作品、見ていませんが、女装をさせたくなるのは
よ~~く分かります。
maskがsweetですもん!!!
Commented by tomoakishimizu at 2007-07-07 18:55
ピロ味ちゃん、その映画、機会があったら見るようにしてみます。
でさ、パーティーで女装だったんじゃなくて、シャーロック・ホームズの中で女装させられてたのよ。ちょっと説明足りなかったわ。
Commented by tomoakishimizu at 2007-07-07 18:57
Lioちゃん、う~ん、カール様のボディガード兼秘書のセバスチャンにばかり目が行ってしまって、ジュード・ローの影が薄かったような気がするんだよね~。
Commented by tomoakishimizu at 2007-07-07 18:59
パン子さん、お尻にまで注目しませんでしたよ(笑)。単に背が高いな~って思ったくらいで。ま、確かに格好よいのは認めるけど、やっぱり僕はセバスチャンが好きなんです~。
Commented by tomoakishimizu at 2007-07-07 19:01
ars_makiさん、けっこう可哀想な役なんで、是非見てみてください~。基本的には変わってないから、直ぐにわかると思いますよ。
Commented by cocobear-riko at 2007-07-08 18:53
tomoさん、こんにちは。羨ましネタが続いていますわ。ちょっと足跡を。
モデル+俳優。日本では浅野忠信でしょうか。好きです。ジュード・ロウも。
日本で「こわれゆく世界の中で」を観ていたのですが、
エール・フランスの機内映画でもやっていました(日本語吹き替え版で再鑑賞)。
二枚目役と思いきや、人間の業、愛への喪失を見事に演じていましたよ。
昨年のクリスマス会でこの年にして初めてドン・ペリニヨンを飲みました。
ドンぺリ♪ドンぺリ言うのがわかりました。
友さん、トリプル羨ましですわ~
Commented by tomoakishimizu at 2007-07-08 23:56
cocobear-rikoさん、ご無沙汰です。
ドン・ペリ、確かに美味しかったです。僕の人生で3度目のドン・ペリ。フランスにいたって、年に一回も口にできませんよ。
で、このパーティー、カール様を追いかけてインタビューしなくちゃいけなくて、酔っ払いながらも仕事は仕事。中々大変でした。でもこんなところへ行く機会は滅多にないので、僕にとってはクチュールのお仕事の、最後にいただくご褒美的なイベントでしたね。
<< クラウディア・シファー おやすみおちびさん 其の五 >>