バイエルン産ティーカップ&ソーサー

e0074478_04055753.jpg
 パリ郊外の古物市で見つけた、バイエルン地方産カップ&ソーサーです。ブロンズとブルーのコントラストが美しく、微妙に四角いソーサーがモダンな印象。このセットだけしか無いのが残念です。
e0074478_04055725.jpg
 金線にしてはブロンズに近く、もしかしたらメタリック部分は金ではないのかもしれません。印判でモチーフを描いていますが、微妙に凹凸があり、相当手が込んでいます。
e0074478_04060303.jpg
 ルドルフ・ワシュターという窯のものらしく、こちらのバックスタンプは戦前のもののようです。1960年代くらいかなぁ、なんて思っていたので意外な感じ。でも西ドイツ製となっていないので、戦前なのでしょう。カップは脚部分がかなり小さくて不安定。あまり実用性が高いとは思えないので、カップ&ソーサーをコレクションしている方におすすめです~。


そんな人いるのか知りませんが~
人気ブログランキングへ

[PR]
by tomoakishimizu | 2018-01-13 23:04 | 生活用品 | Comments(2)
Commented at 2018-01-14 07:29 x
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
Commented by tomoakishimizu at 2018-01-15 17:51
上のカギコメさん、先日はどうもでした~。ハンサムかどうかは別として、足長は正解だけど(笑)、長身・顔小さいは間違いです~。いちいち言葉尻が強烈でビックリしましたが、コメント通りか、なんて納得したりして(プププッ)。またどこかの蚤の市でお目にかかります~。
<< 魚型マスタード塩胡椒ケース マリア&キリスト像入り楕円額 >>