ナゾの肉用フォーク

e0074478_10401588.jpg
 パリ市内の古物市で見つけたフォークです。フォークといっても、肉の塊をガッツリ突き刺せる、大きくて立派な作り。先端は鋭利で、容易に凶器となります。残念ながら、セットだったであろうナイフはありません。
e0074478_10401431.jpg
 様式的にはアールデコっぽいですが、情報が皆無なので当てずっぽうです。持ち手部分はシルバープレート。
e0074478_10401627.jpg
 鍛冶職人がたたいた鋼鉄、となっています。ということで、持ち手とフォークの先端は、各々分業で制作されたはず。
e0074478_10401569.jpg
 このフォーク最大のナゾがこちら。フォークの裏側にこのようなパーツが付いています。
e0074478_10401555.jpg
 何かを挟めるようになっているのです。23年のパリ生活で、レストランは色々と行きましたが、このフォークを使用しているところには出くわしていません。これは一体何なんだろう、と思いながらフランスのサイトを検索してみましたが、検索ワードの入れ方が悪かったのか、何も引っ掛からず。日本のサイトで検索したら、2軒ほどアンティークショップの販売サイトが見つかりました。でも、手を怪我しないようにするためのガイド、とか、肉を挟むストッパー、とか書いてあるだけで、具体的に説明していません。結構いい加減~。「あ、でも何もわかっていないのに販売して、自分もいい加減…」と反省したのでした~。


ご存知の方ヨロシク~
人気ブログランキングへ

[PR]
by tomoakishimizu | 2018-01-03 10:42 | 生活用品 | Comments(0)
<< ロンウィ焼のボウル プジョー社製コーヒーミル2種 >>