天使モチーフのウェッジウッド社製ミニ花瓶

e0074478_11230012.jpg
 本日は渋谷のunikkさんが定休日のため、イベントもお休みです。で、昨夜は休日前ということで、お世話になったファッション業界のお姉さま方の女子会に飛び入り参加。元々所属していたブランドはそうそうたるもので、皆さん百戦錬磨の女傑ばかり。お酒が入り、時間が経つにつれて業界の裏話へと話題が移行し、その内容に何度か背筋が凍りました(笑)。食事の後は近くのカフェで二次会。12時過ぎに、早寝早起きの僕が「そろそろ帰りましょう~」と、飛び入り参加の立場なのに一言発して終了。店を出ようとしたら、日仏でブランドを成功させたMくんにバッタリ遭遇。「これからO流スターのGと打ち合わせなんだ」なんて言います。すっかり偉くなりました。そうしたら、女子チームの一人がつかつかとにじり寄ってきて、Mくんにプンプンしています。中々終わらないので「早くして~」と僕が文句を付けて引き離しました。その女子いわく、ノーギャラでやった仕事についてMくんのアシスタントに不義理をされたため、クレームを付けていたそう。色々あります。お店を出たら、3人の男性がタクシーを降りて店へ入って行くのが見えました。その中の一人に女子の皆さんが挨拶しています。なんでも、東京のフィクサーと呼ばれている人なのだそう。で、その彼の隣を見ると、グリーンのブルゾンを着用したGがいて、風を切るように、踊るように歩いています。スターってああいう歩き方をするのね、なんて。それはさておき、業界の頂点の方へ行くと、その周辺には物凄い量のお金が回っていて、ただたただきらびやかな世界が広がっているのだと実感。そのお金は決して底辺には分配されないのですが、「ああ、ファッション業界にお金はまだまだあるんだぁ」なんて思ったり。東京って華やかですね。
e0074478_11230067.jpg
 さて、本日ご紹介するのは、ちょっとだけ恥ずかしいザッツ・ウェッジウッドな花瓶です。ジャスパーウェアと呼ばれる、白いレリーフのシリーズの一つ。
e0074478_11230005.jpg
 四方向、それぞれに違う天使のモチーフが半立体的に表現されています。 
e0074478_11225913.jpg
 薄いブルーやグリーンはよく見られますが、コバルトブルーの地は珍しいかもしれません。何かありそう、と思って調べたところ、このブルーについては1891年以前の制作だそうで、意外と古かったのでした~。


結局アンティークでした~
人気ブログランキングへ

[PR]
by tomoakishimizu | 2017-12-06 11:25 | 調度品 | Comments(0)
<< SAPPORO ANTIQUE... セーヴル焼のプレート2種 >>