リモージュ産卵型ボンボニエール

e0074478_03195296.jpg
 相変わらずのマダム趣味です(笑)。パリ市内の古物市で見つけたボンボニエール。卵型なので、復活祭用に作られたものと思われます。花の組み合わせはトリコロールカラー。よって、戦争中の制作ではないかと思いますが、それが第一次世界大戦なのか、第二次世界大戦なのかはわからず。個人的には1940年代のような気がします。
e0074478_03195223.jpg
 ペインターのサインが入っているものの、クセが強すぎて判読できず。もう少し丁寧に書いて欲しかったです。
e0074478_03195260.jpg
 窯のイニシャルのようですが、残念ながら詳細は突き止められませんでした。
e0074478_03195292.jpg
 サラサラと描いて手慣れた風。でも拙さも見え隠れします。ドイツのザクセン地方の磁器とは違う雑さが味、ということにしておきます~。

こちらも大阪へ持って行きます~
人気ブログランキングへ

[PR]
by tomoakishimizu | 2017-11-10 23:15 | 調度品 | Comments(0)
<< レンガ色のボビンレース台 パリ焼のフローラル・ボンボニエール >>