パリ焼のフローラル・ボンボニエール

e0074478_00210762.jpg
 パリ市内の古物市で見つけた、パリ焼の磁器製ボンボニエールです。バックスタンプが無いのでパリ焼としていますが、もしかしたらバックスタンプが無かった時代の古いリモージュかもしれません。
e0074478_00210873.jpg
 というのが、こちらの金具のシステムが古いものだからです。そして竹の節のようなモチーフもナポレオン三世時代のものに見られ、これはもしかしたら19世紀半ばの制作かも、なんて。
e0074478_00210772.jpg
 この写真では問題無く見えますが、水平な場所でフタを思い切り開けると、フタの重さで全体が後ろに倒れます。良くありがちな設計ミス。
e0074478_00210701.jpg
 手慣れた人が描いたと思われるモチーフは、色調からしてもモダンに見えます。もしかしたら、日本の新しい家屋にも馴染みやすいかも。先ずは大阪へ持って行く予定です~。

明日もお花モチーフの磁器~
人気ブログランキングへ

[PR]
by tomoakishimizu | 2017-11-09 21:13 | 調度品 | Comments(0)
<< リモージュ産卵型ボンボニエール ウランガラスのキャンドルスタンド >>