パリ焼の小花付き花瓶

e0074478_08282418.jpg
 パリ市内の古物市で見つけた、グラデーションの小花で埋め尽くされた磁器製花瓶です。甕(かめ)のようなフォルム。バックスタンプが無く、小花細工であることから推測するに、19世紀末のパリ焼と思われます。
e0074478_08282447.jpg
 やや欠けているところはありますが、状態はかなり良いと思います。激動の時代を潜り抜け、折角ここまで生き残ってきたのだから、大切にしてくださる方の手に渡ればいいなぁと思っています~。さて、本日はさっぽろ東急百貨店でのBunkamuraパリ祭の最終日となります!膨大な商品量のため15時頃から片付けを始めるので、是非お早めにいらして下さい~。

Bunkamuraパリ祭
10月31日(火)(本日最終日! 閉場は18時)
さっぽろ東急百貨店
〒060-0004 北海道札幌市中央区北4条西2丁目
10時00分~20時00分営業
電話: 011-212-2211

10時よりお待ちしています~
人気ブログランキングへ

[PR]
by tomoakishimizu | 2017-10-31 08:31 | 調度品 | Comments(2)
Commented by 鹿熊佳恵 at 2017-11-01 00:37 x
これは、札幌まで行かなくては‼ほしい❗
Commented by tomoakishimizu at 2017-11-01 12:46
鹿熊さん、あらフルネーム(笑)。今回販売できず、持ち越しています。大阪へ持っていって、そこで売れなければ東京です。是非いらしてください!
<< 小人とキノコ 楊枝あるいはマッチ入れ 磁器製キツネの置物 >>