ジュンヤ・ワタナベ 2018春夏

e0074478_00120196.jpg
 ジュンヤ・ワタナベのショーは、メンズ・レディースとも朝9時半スタートで、前日からちょっとした緊張を強いられます。でも、今回は会場がルネ・デカルトパリ医大と、家の近所だったのでとても気が楽でした。さて、コレクション。今シーズンは、自然界にある不思議な形状を服に落とし込む、というコンセプトだったのだそう。ちなみにこの造形的なドレスは、樹脂製の筒状の芯を入れて形を作っています
e0074478_00120027.jpg
 なぜかマリメッコのファブリックを使用しています。でもグラフィカルなモチーフなので、はまり具合は抜群。
e0074478_00120095.jpg
 こちらのドレスの袖には、反物の端にプリントされるマリメッコの文字とモチーフタイトルがそのまま見えるようにあしらわれています。
e0074478_00120092.jpg
 このボタニカモチーフはマリメッコ過ぎて、どうなんだろう~、なんて思いましたが、結局は見ていてホノボノした気分になりました。ヘアメイクがパンクでトゲトゲしいですけれどね。
e0074478_00120171.jpg
 こちらはマリメッコではなく、オリジナルのファブリック。迷彩柄もミリタリー的というよりかは、自然を描いたモチーフ、みたいなイメージに受け取れるから不思議。互いに噛み合わなさそうな要素同士をぶつけるには、それなりのセンスとテクニックが必要になりますが、それを自然な形で見せていたのはさすがです~。

明日はアクネ~
人気ブログランキングへ

[PR]
by tomoakishimizu | 2017-10-10 23:11 | パリコレ | Comments(0)
<< アクネ ストゥディオス 2018春夏 アンダーカバー 2018春夏 >>