キリスト付ビーズ巻き十字架

e0074478_00180202.jpg
 パリ郊外の古物市で見つけた、ビーズを巻きつけた十字架です。箱型のお墓の中の祭壇に飾るためのもの。売主いわく、1930年代の制作。
e0074478_00180376.jpg
 キリスト像部分は、錫・鉛・アンチモニーの合金であるレギュール製と思われます。レギュールは銀のように酸化しないのが特徴で、こちらのキリスト像は買った時のままで、一切磨いていません。レギュールの全盛は19世紀末。となると、もう少し前の時代の制作という可能性も出てきましたが、何ともいえないです。十字架の芯になる部分はアルミ製のようで、ボルドーに近いパープルのビーズを通した針金2本をよったものを巻きつけています。結構な労力。十字架は空洞とはいえ、ガラスと金属で装飾されているのでかなり重いのが難点です。久留米のデニムさんでのイベントDM用の写真に使用したので、こちらは自動的に久留米行きが決定。デニムさんの向かって左隣が教会なので、雰囲気はピッタリではあるのですが、宗教関係のものが売れたためしがなくて…。「キリストッ!キリストグッズない?」って叫ぶエキセントリックな男性が一度来店して下さったけれど、「お金取ってくる」と出て行ったまま帰ってきませんでした(泣)。直ぐに売れなくても焦らず、気長に販売します~。

常にチャレンジャーでありたい~
人気ブログランキングへ

[PR]
by tomoakishimizu | 2017-08-16 23:58 | 調度品 | Comments(0)
<< イチゴモチーフのリキュールセット ナオ社製のゾウ >>