アレクサンドル・ヴォーチエ 2017/2018秋冬

e0074478_04021084.jpg
 アレクサンドル・ヴォーチエのショーは、グランパレで開催されました。ショーが始まるまでのBGMとして、曲の一部を切り取った音が突然大音量で流れてはほとんど無音になる、を繰り返し、その度にビックリしていましたが、それが止んでちゃんと曲が流れ始めたら何てことない。ダイアナ・ロスの『マッスルズ』でした。ウォーホールがジャケットを手がけたアルバムからの曲です。天井からはミラーボールが吊り下げられ、ピンク色のライトが照らされています。そして出てきたアイテムは、クラブで着たらピッタリな70~80年代的コスチュームばかり。今回はそんな雰囲気のコレクションでした。まぁ、いつもと変わらないか。
e0074478_04020482.jpg
 シャツドレスも、ヴォーチエのVの字カットになっています。シャツドレスなのにこのイケイケ感はヴォーチエならでは。
e0074478_04015886.jpg
 一番上のルックと同じですが、踊って汗かいたら蒸れそうな素材のドレス。ヴォーチエは、リアーナやビヨンセなど、ポップスターが着用していることで知る人ぞ知る存在ではあるものの、それだけでメゾン運営していけるのかしら、なんて余計な心配か。
e0074478_04015129.jpg
 布地が少なくて済むものが多いので、割と原価率は良さそうです。そろそろ他のビッグメゾンから声がかかっても良さそうなのですが、ここまで伝統芸能的に作風が変わらないと、中々難しいのでしょうかね。
e0074478_04014470.jpg
 メインモデルのベラ・ハディッド。彼女はファーストルックで登場しましたが、思い切りシースルーで胸が透け透けだったので、こちらを採用。でも、このラインストーンのドレス、胸元が物凄い開き方をしているし、どうやらスリットに問題が起きたようで、フィナーレでも始終手で押さえていたのが何とも痛々しかったです~。

今回は開け過ぎだったようです~
人気ブログランキングへ

[PR]
by tomoakishimizu | 2017-07-13 04:25 | パリコレ | Comments(0)
<< ユイマ ナカザト 2017/2... アルマーニ・プリヴェ 2017... >>