サン・テューズ焼のティーセット

e0074478_01345197.jpg
 パリ市内の古物市で見つけた、サン・テューズ焼のティーセットです。本来ならば6セットあるドゥミタッスですが、最初から欠損していて、今回は2残念ながらセットのみのご紹介となります。
e0074478_01345051.jpg
 サン・テューズは南仏に近いドローム県の村。現在でもレヴォルという窯が残っています。レヴォルはランプベルジェのランプや、リキュール用の器で一部の人には知られているかもしれません。でも、リモージュ焼に比べたら、サン・テューズ焼自体がマイナーな存在。長石と磁器用の土であるカオリンを含んだ粘土で作られた半磁器で、少し厚ぼったい感じが持ち味になっています。そしてこのピンクも特徴的で、おそらくは30~40年代に流行ったもの。で、これらをどう販売するかが悩みの種。ドゥミタッスは2セットしかないし、クリーマーは2脚もあるしで中途半端。やはりバラ売り必死でしょうね。ティーポットは全然売れ筋商品ではないので、「一生売ってます」商品となることを覚悟で持っていくしかないかも~。

ややこしいものは依然増殖中~
人気ブログランキングへ

[PR]
by tomoakishimizu | 2017-04-30 01:38 | 生活用品 | Comments(2)
Commented by ぐり at 2017-04-30 23:16 x
スマホの画面だと(小さいので)よくわからなかったんだけど、この画像を見る限りでは、ポットと右側のクリーマーだけ柄が違ってますね。
あと、ポットとシュガーの蓋の柄が逆ですね。「蓋」としてはこれでいいんでしょうけど。(笑)
もともと2種類の柄があって、ごっちゃになってしまったんかな?
Commented by tomoakishimizu at 2017-05-01 14:03
グリちゃん鋭い!本当だ。実は全く気付いていませんでした。仰る通り、2種類がいっしょくたになったようです。ご指摘有難う〜。これで益々バラ売り必死だわ。
<< 和柄のリモージュ焼ティーセット ぜんまい式壁掛け振り子時計 >>