ジアン焼のパレット

e0074478_09474486.jpg
 本当にパレットなのか良くわかりませんが、おそらくはその類のものだったと思われる、ジアン焼の陶器です。ジアンはパリより南に下った街で、1821年にトーマス・ハルムというイギリス人が陶器の生産を始めました。ちなみにハルムの家族はモントローの窯も所有していたそうです。フランスの焼き物も、外国人が始めたところが多いですね。
e0074478_09474146.jpg
 こちらのバックスタンプは、1855年の博覧会でメダルを取ったと書かれているので、その直後くらいの作だろうと思われます。
e0074478_09473782.jpg
 目立つ欠けやヒビはありません。白だけれど深みがあり、ズシリと来る重さと相まって、その魅力にとりつかれること請け合い。実際に手にして頂きたい一品です~。

久留米でデビューです~
人気ブログランキングへ

[PR]
by tomoakishimizu | 2017-03-19 09:49 | 生活用品 | Comments(0)
<< 復活祭用ボンボニエール フクロウ型マスタード、塩胡椒入れ >>