ウランガラス製コンポチエ

e0074478_15173885.jpg
 パリ市内の古物市で見つけた、ウランガラス製のコンポチエです。土台は金属製で、おそらくは錫の合金であるレギュールと呼ばれる素材。
e0074478_15173349.jpg
 ウランガラス部分は型に入れて成形したもので、然程のクオリティではないものの、売主いわく1930年代の制作とのことで、歴史的な価値はそれなりにあるはず。しかもウランガラスですから、存在自体が珍しいと思います。果物だけでなく、結構平たいのでケーキを盛っても良いかもしれません~。

今回ウランガラス製品が多いかも~
人気ブログランキングへ

[PR]
by tomoakishimizu | 2017-02-26 15:18 | 調度品 | Comments(0)
<< ガラス製ビスケットジャー 蓋付きスープボウル >>