アトリエ用扇風機

e0074478_23261292.jpg
 パリに戻ってきました~。今回はイベント後に実家で過ごし、毎日9時間以上寝ていたので、パリ到着の次の日に廃人状態にならずに済みました。で、今日は朝から部屋の掃除をしてアリーグル市場へ行きましたが、結局午後になってからグッタリ。やっぱり今日も早寝しないとダメそうです~。さて、本日はこちら。アリーグル市場で見つけた、アトリエ用扇風機です。見ての通り、指を入れようと思えば簡単に入り、非常に危険。卓上ではなく、壁に取り付るタイプかなと思いましたが、昔の扇風機ってこんな感じだったのかもしれません。指を失うのも自己責任。
e0074478_23262791.jpg
 1977年1月26日に元あった場所から取り外され、115Vから230V対応に切り替え作業をしたことを示すタグが付いていました。でもタグが付いたままということは、結局その後は使われなかったようです。ちなみにモーターは生きていて、しっかり動きます。
e0074478_23264596.jpg
 ネット上で調べたところ、制作年代は1950~60年代。エトワルというブランドについては良くわからず、おそらくは現存しない、扇風機を専門にしていたメーカーのよう。そして現在、エトワルの扇風機はフランスで高額取引されています。こういったアトリエものって、まだまだ知らないことが多いので、専門にしている業者さんに会った時に教えてもらおうと思います~。

Kさん、よろしく~
人気ブログランキングへ

[PR]
by tomoakishimizu | 2017-01-05 23:28 | 生活用品 | Comments(0)
<< ロンウィの脚付きプレート ナポレオン三世時代のジュエリー... >>