ひまわり柄漆箱風ボックス

e0074478_10115165.jpg
 パリ市内の古物市で見つけた、ひまわり柄のボックスです。今月に入ってから手袋ケースや鳥モチーフのボックスをご紹介していますが、こちらも紙を溶かして型で抜いたパピエマシェ製。おそらくは19世紀末から20世紀初頭にかけての制作で、アール・ヌーヴォー期のもの。
e0074478_1012728.jpg
 日本の漆箱を意識して、中も漆のような艶やかなペイントが施されています。残念ながら鍵はありません。
e0074478_1012196.jpg
 クロモスのように版を重ねてモチーフを描き、更にその上から手彩色。少々状態が悪いので、お手頃価格にしています~。

 さて、昨日からの続き。カウンターの係員の女性は、手際よくコンピュータを操り、秋山さんの席を確保。更に僕と隣同士の席にしてくれたのでした。どうやら係員によって権限が違うようで、良くわからないけれど、1人前に話をした係員は強制チェックインの操作をすることが出来ない人だったようです。とにかく一安心でラウンジの席に座りました。いくつも欠航になっていく中、我々が乗る予定の17時に便はネット上で欠航にならず、生き残っています。17時発の使用機が羽田を出発したという情報を得て、ちょっとだけ安堵しつつ、ドキドキしながら何度もネットをチェック。秋山さんは百戦錬磨なので大概のことには驚かない人ですが、「この私でもドキドキする」と言っていました。でも大事な作業が残っていました。僕は1つ荷物を預けなくてはいけないし、秋山さんは早朝にチェックインした時に預けた大きなスーツケースを到着ロビーで受け取らなくてはいけません。便を振り替えてくれても、荷物の面倒までは見てくれないのです。17時の便は19時発になると発表されたので、17時になってから僕はラウンジの保安検査場に預けていたハサミ・包丁入りのバッグをピックアップしてプレミアムメンバー用の列に並び、秋山さんは到着ロビーへ自分のスーツケースをピックアップしに行きました。でも、秋山さんは30分しても戻ってこなくて、何度もメッセンジャーを通して連絡を試みても繋がらず。催事つながりの同業者に連絡して携帯番号を教えてもらって連絡してもダメ。そうしたら、秋山さんから、到着口では荷物が出てこなくて大混乱しているというメッセージが。「大丈夫。僕はチェックインするけれど、カウンターで待ってるから。もしダメっていわれたら、その場でブチ切れます~」とメッセージを送りました。そうこうしているうちに、17時の便の出発時刻は20時になりました。19時過ぎにカウンターに到達し、事情を話してカウンター横で秋山さんを待つことに。19時半頃に秋山さんがやっとスーツケースを押して登場し、無事にチェックイン。ラウンジに入場してハイボールで祝杯をあげ、搭乗口へ。この時、すでに出発時刻は20時15分に変更されていました。着席して周囲を見回すと、確かに混んではいるけれど、空席があちこちに見えます。先程我々に「満席です」と答えていた係員は、これをどう説明するのだろうと思いました。その日も飛行場で過ごした人が実に2400人もいたのに。人員が少ない中で各人最大限の努力をしていたとは思うものの、納得のいかない点も多々ありでした。混乱時だから仕方ないのかもしれませんが。搭乗したのは良いのだけれど、滑走路が混んでいて中々飛び立てません。座ったまま待つこと1時間半以上。飛び立ったのは22時前でした。23時半前に到着し、荷物をピックアップして横浜駅行きの最終リムジンバスに飛び乗りました。道路は空いていて、横浜駅周辺の信号でも止まらず、25分程度で到着。ホームまで全速力で走り、ホームで根岸線の連絡を待っていた東海道線、0時24分発の最終電車に奇跡的に乗れました。実家に戻ったのは1時過ぎ。新千歳空港には23日の朝10時から次の日の夜10時までいて、実に36時間の幽閉。ほぼ一時も離れずに戦い抜いた秋山さんは半ば戦友のような存在で、彼女には随分と助けられたし、僕もプレミアムメンバーとしての立場を利用して助けることができ、本当に良かったです。とにかく、彼女と一緒に過ごせたことは本当にラッキーでした。さもなくば、膨れっ面でブツブツ言ってるオジサンが沢山いたけれど、ああなってたかもしれません(笑)。秋山さんは「札幌でのアンティーク・マーケットのこと、全部吹き飛んじゃったね」と言っていましたが、今回の札幌滞在は自分にとって何か特別なメッセージがあるはずで、それが何なのかをこれからゆっくり考えたいと思います~。

僕出演番組のお話は明日に~!
人気ブログランキングへ

[PR]
by tomoakishimizu | 2016-12-26 10:20 | 調度品 | Comments(2)
Commented by あっこ at 2016-12-27 09:34 x
綺麗な向日葵のお花の箱ですねっ。私向日葵のお花大好きです。この中もジュエリーボックスの中に友君が、修理していた、赤や、青にしたら可愛いジュエリーボックスになるなぁ〜と思いました。あんな事良く考え付きますね❗️私缶とか入れ物、お人形、ブローチあ〜全部欲しいです。私のなかで、友君の蚤の市は一番です。しかし札幌では本当に大変だったみたいですねっ。秋山さんって方は、男性かと思いきや女性だったんですねっ。たくましい方ですねっ。友君一人で無くて良かったですねっ。今日は朝から大阪は雨ですが。少しは、ご実家でゆっくりして下さいね。
Commented by tomoakishimizu at 2016-12-27 10:44
あっこさん、確かにこのボックスの中はガランとしていますが、元々の形のままにしておいた方が良いかなと思い、手を加えませんでした。元々布が貼られていたのがわかるものについてのみ、手を加えています。だから僕が考え付いたというよりかは、オリジナルに近い形を目指した結果といえるかもしれません。オリジナルよりも派手にし過ぎる傾向にありますが(笑)。札幌は本当に大変でした。イベントについては、今回は種まきという感じで良かったと思います。でも飛行場が・・・。秋山さんは人生経験豊かなサバけた方で、彼女が一緒にいてくれて本当に助かりました。基本的に危機的状況においては、女性の方が断然強いと思いますよ。今日は10時間くらい寝ましたが、まだ寝足りない感じ。まだまだやらなくてはいけないことがあるので、一日頑張ります~。
<< キリストと子供達の彫像入り円額 プジョー製コーヒーミル >>