パピエマシェ製青い鳥柄ボックス

e0074478_10115568.jpg
 昨日をもちまして、渋谷のアンティークショップunikkさんでのイベントが終了しました。お越し頂いた皆さん、どうも有り難うございました~! 今回は送ったDMが30通以上戻ってきてしまい、引越しや移動の時期と重なったよう。来場者数は極端に減りましたが、売上はまずまずだったので、認知されるよう次回も同じ会場でイベントを出来たらと思っています。
e0074478_1012827.jpg
 さて、今日はこちら。昨日ご紹介した手袋用のボックスと同じく、紙を溶かして成形したパピエマシェ製のボックスをご紹介します。19世紀末から20世紀初頭にかけてのフランス製。
e0074478_10122516.jpg
 実はこちらのボックスも、昨日のボックスも販売済み。この青い鳥のボックスについては、お茶の心得のある方に買っていただきました。和のものと合わせてもマッチしそうです。
e0074478_10123818.jpg
 全体的にクロモスと同じ版画のようなプリントを施し、その上からハンドペイントしています。そうすることで、モチーフが立体的に浮き上がるようです。パピエマシェのボックスは、保存の悪い壊れているものが多く、状態が良いものを見つけるのは中々難しいかも。今後も頑張って探し、仕入数を増やせたらと思っています~。

今日は恐怖の搬出&打ち上げ@どうげん~
人気ブログランキングへ

[PR]
by tomoakishimizu | 2016-12-12 10:13 | 調度品 | Comments(2)
Commented by ふくねこ at 2016-12-12 22:23 x
友さん、10日は久しぶりの蚤の市、楽しかったです。家族に“木アレイ”好評でした!次回も楽しみにしてます。北海道、気をつけていってらっしゃい。
Commented by tomoakishimizu at 2016-12-13 09:19
ふくねこさん、先日は遠路はるばるお越し頂き、どうも有り難うございました! 木アレイは、やはりご家族の理解が無いと難しいアイテムだったと思います。ふくねこさんのところへ嫁入り出来て、本当に良かったです。北海道、頑張って参ります~。
<< ネコの塩胡椒入れ パピエマシェの手袋ケース >>