リモージュ焼のフタ付きケース

e0074478_159498.jpg
 昨日ご紹介したビスケットケースが、意外にもフェイスブック上で反響が良くてビックリでした。さて、今日はこちら。リモージュ焼きのフタ付きケースです。パリ市内の古物市で見つけました。スープ鉢やフルーツポンチ用にしては小さいので、きっとビスケットなどの焼き菓子を入れるために作られたものと思われます。そうするとビスケットケースということになりますが、ビスケットケースはフォルム的に縦長のものを指す場合が多いので、ここでは区別したいと思います。
e0074478_1593228.jpg
 バックスタンプ。薄くて全然見えないものの、ぎりぎりリモージュの文字が見えます。おそらくは1940年代の制作。
e0074478_1594919.jpg
 取っ手の麦穂はハンドペイントで、細かなフローラルモチーフのガーランドは印判。やはりビスケットやクッキー(2つの区別がわからないけれど)を入れるのが、一番シックリきそうなケースでした~。

優雅な代物です~
人気ブログランキングへ

[PR]
by tomoakishimizu | 2016-11-16 23:49 | 調度品 | Comments(0)
<< ホウロウ製フタ付き鍋 シャンパンピンクガラスのビスケ... >>