ガリア製ティーセット

e0074478_8583518.jpg
 パリ郊外の古物市で見つけた、おそらくは1920~30年代のガリア製ティーセットです。買った当初はこのように真っ黒けでした。
e0074478_8584829.jpg
 ポットとクリーマーにはガリアの刻印が入っています。ガリアは、元々はホワイトメタルの製品を作っていたアルフェニドという会社をクリストフルが買収し、ガリアという名前に替えて1880年に再スタート。1937年にクローズしたため、現在ガリアという会社は存在しません。
e0074478_859299.jpg
 手前のソース入れは、全く同じ様式なのですが、ガリアの刻印がなく、こちらの刻印は潰れていて良く見えません。もしかしたらガリアのものではないのかもしれません。
e0074478_8591074.jpg
 このままでは店頭に出し辛いかなと思って、意を決して磨きましたよ。やっぱり見栄えがしますね。今回、店頭では向かって右側の目立たないショーケースに入れてしまっているので、今日は注目されるよう位置替えをしてみたいと思います~。

フランス展はあと2日です~!
人気ブログランキングへ

[PR]
by tomoakishimizu | 2016-09-19 08:59 | 調度品 | Comments(0)
<< WMF社製の姉妹都市プレート レースのドレスをまとったレナル... >>