細密画磁器プレート付き宝石箱

e0074478_106848.jpg
 いや〜、昨日は苦戦しました。台風12号がやってくるということで、全く人の出がありません。デニムの店主、奈良さんの弟さんが取り置き商品を買いに来てくれただけでしたが、お陰様で売上ゼロにならずに済みました(笑)。あ、それと整体師のAさんが修理に出したベルトを取りに来てくれたのを忘れていた。結局、昨日は来客2名のみ。まぁ、必要なパーツを買いに行く時間ができたし、レース編み台のこんがらがった糸を集中して解くことが出来たので良かったのですが。でも本当、日曜日なのに人が歩いていないんですよ。お店、特に飲食店は軒並み閉店。全然嵐のような状態ではなく、ちょっと天気が悪いくらいなのに、台風準備警報のメッセージが携帯電話に入ってくるし。一体どういうこと?と思いましたが、九州は台風で何度も被害に遭ってきていて、関東の人間とは警戒の度合いが異なるのだそう。九州は、位置的に台風が発生してから間もない状態でやってくることが多く、甚大な被害が出やすい。関東にやってくる頃には、随分と勢力が削がれていて九州のようなことにはならないとのことで、なるほどと思ったのでした。今日も台風の影響はありますが、やっと皆さん警戒心が解けたようで、窓の外からは工事の音がたくさん聞こえてきます。人通りも戻りそう。ということで、13時よりお待ちしてます〜。
e0074478_1062131.jpg
 さて、今日はこちら。小細工シリーズの最終回。パリ市内の古物市で見つけた、貴婦人を描いた磁器パーツを取り付けた宝石箱です。ロココスタイルではあるものの、おそらくは1950年代のものと思われます。中央の細密画が磁器製で、本体は真鍮製。
e0074478_106321.jpg
 どなたの肖像画かはわかりませんが、イメージとしては、田舎屋で生活するマリー・アントワネットといったところでしょうか。
e0074478_1064456.jpg
 こんなにロマンティックな外見なのに、中はこの通りがらんどう。味も素っ気もありません。
e0074478_1065831.jpg
 ということで、ロワイヤルブルーのベルベットとブレードで小細工してみました〜。

イベントも残すところあと2日です〜
人気ブログランキングへ


[PR]
by tomoakishimizu | 2016-09-05 10:10 | 調度品 | Comments(0)
<< キュ・ノワールのスープ鉢 ジャック・ブルニョ作のハンティ... >>