「ほっ」と。キャンペーン

ピューター製スープ鉢

e0074478_12225971.jpg
 昨日は恐怖の搬出でした。そして僕にとってプピ・エ・ミミさん最後の日。正午にご近所のフレンチレストラン、パウトで前打ち上げをし、ちょっぴりほろ酔い加減で1時半から搬出作業スタート。お店の中に点在する僕の委託商品をピックアップしながら、手際よく箱詰めしたつもりが、いつものことながら最後の方でどうしても入らない商品が出てきて、予定外の3箱を増やして全部で19箱。でも陶磁器類が極端に少ないので、実家にあるストック2箱を大阪のオソブランコさんに送ってもらうことにしました。19箱のうち1箱は渋谷のunikkさん向けなので、オソブランコさんには合計20箱が届きます。大阪の皆さん、どうぞ宜しくお願いします〜。と書いている間に、オソブランコさんのツイッターで既に18箱届いたというツイートがありました。日本ってやっぱり凄い! それで、宅配便の最終時間ギリギリの7時までに何とか作業を終え、お客様から頂いたシャンパンで乾杯。それからご近所のご家族が乱入してきて本格的に打ち上げスタート。一旦9時に解散し、オーナーの平山夫妻と3人で道玄坂の焼肉店へ。それから上の階の隠れ家的なバーへ。店主のキンタカオさんは、朝の連続ドラマ小説『とと姉ちゃん』にも出演する俳優さんで、色々と話し込んだら4時になっていました。タクシーに乗る平山夫妻を見送り、歩いてウィークリーマンションまで戻りましたが、明治通りを歩いている間に無性に寂しくなり、恥ずかしげも無く声を上げて泣き、そのまま泣きながら寝てしまいました。1つの区切りとして受け入れなければならないのでしょうが、それにしても、あの世界観が失われると思うと悲しくて仕方がありません。僕の商品で埋もれていた店内も搬出作業後はがら〜んとなり、その様子を見ながら平山夫妻は「友くんに頼りすぎていた」と言っていたけれど、僕が調子に乗って委託商品を置き過ぎていたかもしれないと思いました。彼ら自身が買い付けて販売するのと、委託商品を販売するのとでは利益率が全く違いますからね。そして、ただ店を構えているだけでなはく、店を休みにしてでもデパートやら企画展などの催事に出店しないと新規の顧客は開拓できず、また店のオリジナルブランドを卸・販売しないと難しいのかなとか、色々考えたり。今の世の中、商売を続けるのは本当に難しいと思った瞬間でした。でも平山夫妻は8年弱良く頑張ったと思います。お店に心血を注ぐ彼らがいたからこそ、僕も頑張れた部分が大きく…、なんて書いていると、どんどん悲しくなっていくのでやめることにします。文さん、未央さん、今まで本当に有難うございました〜。
e0074478_12234752.jpg
 さて、今日はこちら。以前ピューター製のフタ付きスープ鉢をご紹介していて、ほとんど同じものですが、こちらはやや新しいと思われます。といっても、50年以上は経っているはず。底面の刻印を見たら、イタリア製でした。予想通り東京では苦戦をし、そのまま大阪行き決定ですが、更に苦戦が続き、久留米&名古屋行きになりそう(笑)。頑張ります〜。

今日は目が腫れてます〜
人気ブログランキングへ


[PR]
by tomoakishimizu | 2016-06-07 12:26 | 生活用品 | Comments(4)
Commented by しろ at 2016-06-08 19:18 x
お品物は、何処で買えますか?気になります。
Commented by tomoakishimizu at 2016-06-08 22:01
しろさん、コメントどうも有り難うございます。このスープ鉢はそのまま大阪オソブランコさんに運び込みました。代引きで販売可能です。明日の開店時間正午以降に、お店に御連絡頂けましたら幸いです~(電話番号:06-7504-4332)。
Commented by しろ at 2016-06-09 00:09 x
お返事ありがとうございます。予算内でしたら、購入する予定です。ありがとうございました。
Commented by tomoakishimizu at 2016-06-09 10:24
しろさん、こちらこそ。ちなみに1万円台前半でお安くしています~。
<< ウェッジウッドのトライアングル... シャナル制作のピューター製プレート >>