シガーケース

e0074478_1385318.jpg
 アリーグル市場で見つけたシガーケース(だと思う)です。売っていた顔馴染みのオッサンは「ナポレオン3世時代のものだ」と豪語していましたが、1枚板ではなく、上に化粧板を貼り付けたもので、どう考えても違います。おそらくは1950年代以降のものでしょう。それでもかなりの重厚感があり、また真鍮製の蝶番やカギの部品類がしっかりしているので、当時はそれなりの値段だったはずです。


e0074478_139982.jpg
 中は2層構造になっていて、この下にもシガーを入れられるようになっています。


e0074478_1393223.jpg
 問題はカギ。最初から付いていなかったのですが、こんなに立派なのにカギがついてないのも残念だと思い、受け部分を外してBHV(パリの東急ハンズ)へ行き、職人さんに作ってもらいました。これがかなりのお値段で、実は箱よりも高くついたりして。カギも自分で作れるようになったらなぁ、と思ったのでした~。

究極的に頑張れば作れるのでしょうが・・・
人気ブログランキングへ

[PR]
by tomoakishimizu | 2016-05-21 23:16 | 調度品 | Comments(0)
<< 東洋柄のバケツ型カン 楕円額入りキリスト像 >>