楕円額入りキリスト像

e0074478_21304341.jpg
 アリーグル市場で見つけた額入りキリスト像です。おそらくは19世紀末から20世紀初頭にかけての作。中央に膨らみを持たせたドームガラスにヒビなどは無く、全体的に汚れも無いため、空気に触れない場所で大切に仕舞われていたようです。
e0074478_21305927.jpg
 キリストはおそらく石膏製で、その周りの花飾りは針金を通したシードビーズ製。外周の白いものは花を表現しているようで、こちらは紙製です。特に紙が使われているところを見ると、汚れたり壊れたりしたら捨てても良いという認識のもとで作られているに違いなく、お墓用、その中でもドアの付いた家型のお墓用だったのではないかと思われます。
e0074478_21311722.jpg
 ちょっと驚かされたのが裏側。白い花を支えるために、バゲットビーズとビーズを使っています。捨てられる運命にあるものについても、こんな手のかかる作業をしていた昔の人は本当に偉いです。それはともかく、これ、高さが31cmと割と大きくて、ドームガラスを壊さないように持って行くのがとても面倒。持って行ったところで引き取り手がいるとは限らず、またまた面倒なものを抱え込んでしまいました〜。

買付品が多過ぎで全部持っていけず大変〜
人気ブログランキングへ


[PR]
by tomoakishimizu | 2016-05-20 21:32 | 調度品 | Comments(0)
<< シガーケース 名ばかりのクリストフル社製オー... >>