馬のブックエンド

e0074478_1185376.jpg
 あと10日程で日本へ出発となり、そろそろ商品の整理をしなくてはいけないのですが、ダラダラして無為に時間が過ぎたり、あちこち動き回って時間が無かったりで全く手着かず。昨日の過ごし方は後者の方で、有名なオークションハウスに服の競売を見物に行き(物凄く長くてくたびれた)、夕方は友人アーティストの展示を見にギャラリーを巡り、結局何もしませんでした。自分の肥やしにはなっているのでしょうが、直接的な仕事はしておらず、もちろん商品整理は1秒たりとも出来ず。それはさておき、2つ目に行ったギャラリーでの、日本人女子アーティストとの久々の再会は興味深かったです。開口一番「あたしプリンスが死んでから体調崩してるのよ〜」。「えっ? 僕なんてデヴィッド・ボウイが死のうがプリンスが死のうがへっちゃら〜」なんて返答。もちろん、プリンスは僕の青春時代に聴いた音楽の2パーセントくらいを占める偉大なアーティストではあるのですが、彼は僕にとって一アーティストであって、神ではありません。アーティストを神格化しない性分なので、彼がこの世を去ったらそれを受け入れるだけ。でもやっぱり、プリンスの話になると、本人だけではなく、プリンス・ファミリーのことで色々と盛り上がるわけです。彼女は僕よりも5つ年下なのに驚くほどの知識があり、タイカ・ネルソンとかタジャ・シヴィル、ジル・ジョーンズなどの関係者のことも全部知っていて(小比類巻かほるのことまで知ってた!)、海賊CDを漁ったり、パリにあるプリンスを語る会に参加したりと、かなりコアな人でした。でも、そんな彼女と話している間に、「プリンスはやっぱり偉大だった」と刷り込まれてしまい、ちょっとクラクラ。彼女にくっついて行ったギャラリーでの、ウクライナ人アーティストによる強烈なイコン(政治的メッセージが多分に含まれたテンペラ画)のイメージも相まって、興奮してしまったのか早朝に目が覚めちゃいました。それで、夜が明けて今日は13日の金曜日で、あの事件からちょうど半年。しかも同じように高温多湿。良からぬことが起きたら大変だと思い、今日は早くから動き始め、来週始めまでの買い物を全部済ませました。でもエネルギー使い切っちゃった感じで、商品整理できるのかなぁ・・・。
e0074478_1191316.jpg
さて、今日はこちら。昨日ご紹介したネコのブックエンドと同じ売り主から購入した、中々格調高いお馬さんのブックエンドです。馬本体が真鍮製で、土台が大理石。おそらくは40〜50年代の制作ではないかと思われます。
e0074478_1193043.jpg
 馬の脚下の渦巻きの意匠を見ると、そのままアールデコ様式なので、もしかしたらもう少し古いものかもしれません。売り主のフランス人マダムは、こちらについては年代を特定していませんでした。同じく、競売所で購入した“ちゃんとしたもの”だそうです。

 ついこの前、パリ市内の古物市を巡っている時に、こちらのブックエンドと全く同じものを見かけましたが、そちらは仕上げが全く違いキンキラ金。バリエーションがあるようです。昨日のネコに比べたら男性的でファンシー度は低め。苦戦しそうだけど、頑張って販売したいと思います〜。

昨日のネコはFBでも大反響でした〜
人気ブログランキングへ


[PR]
by tomoakishimizu | 2016-05-13 23:20 | 調度品 | Comments(2)
Commented by LB15 at 2016-05-14 23:51 x
タジャ・シヴィル、またヘビーローテーション中です。
ファーストはミニー・リパートン+演歌なバラードあり、不思議ちゃんファンクありで好きなアルバムなんです。

プリンスって超人ぽくて死にそうに無い感じがしたんですがあっさり
逝ってしまいましたね。

歳をとって何をするにも面倒臭がってましたが、プリンスや友くん(強引笑)を見習って行動的になろうと思いました。
Commented by tomoakishimizu at 2016-05-15 01:17
LB15さん、僕の方はザ・ファミリーとシーラEとヴァニティ6がヘビロテ中です(笑)。プリンスは風邪こじらせただけじゃないと思っていたら、やっぱり違う理由でしたね。怪しい物質は身体に入れてはいけないとつくづく思いました。
<< 赤ちゃん写真入額縁 ネコ型ブックエンド >>