パリ焼、あるいはリモージュ焼の風景モチーフケース

e0074478_2324222.jpg
 昨日に引き続き、磁器製のケースをご紹介します。今日は風景画がハンドペイントされているもの。
e0074478_23243565.jpg
 鳥が数羽飛んでいる様子が描かれていたり、とても細かいタッチが特徴的。細密画のようにリスの尻尾の筆を使っていたりするかもしれませんが、どうなのでしょうか。
e0074478_23245324.jpg
 底面にはバックスタンプは無く、このイニシャルのみ。リモージュの文字が見当たらず、半自動的にパリ焼とすることもできますが、このケース自体がかなり古そうで、もしかしたらリモージュの文字を入れていない時代のものという可能性もあります。もしくは全然違う産地のものかもしれません。
e0074478_2325921.jpg
 中を開けると、このように何かが描かれているものの、これが何だか良くわからず。葉っぱとか何かの実? ちょっぴりヘタウマなハンドペイントケースでした~。

部屋は商品だらけで生活不能状態です~
人気ブログランキングへ

[PR]
by tomoakishimizu | 2016-05-03 23:26 | 調度品 | Comments(0)
<< パリ焼あるいはリモージュ焼の気... 赤い小花柄磁器&ガラスケース >>