引き出し風ジュエリーボックス

e0074478_2317498.jpg
 パリに戻ってきて次の日から仕入をしていて、その他にも色々と重なって全く落ち着かない感じですが、ひとまず頑張りたいと思います。それで今日はこちら。パリ郊外の古物市で見つけた、引き出しの体裁をとるジュエリーボックスです。表側は1枚板だけれど、引き出しの内側がベニヤ板なので、おそらくは60~70年代以降のもの。この写真ではわかりにくいですが、接着剤が劣化していて、状態はかなり悪かったです。
e0074478_23195031.jpg
 一番上の引き出しはダミーで、このように上蓋が開きます。内側には樹脂がベッタリ。引き出しには白いフロック加工の紙が貼ってありましたが、これでは汚すぎます。ということで、全面改装することに。
e0074478_23201228.jpg
 先ず、外れていたパーツを接着し直し、上蓋の裏側の樹脂を外し、全体的にワックスをかけました。
e0074478_23202657.jpg
 内側が汚かったので、ベルベットを貼ることに。そのまま布を貼るときれいに仕上がらないので、ベルベットを厚めの紙に貼り、それを内側のサイズに合わせてカットしたものを貼りました。何とか見られる状態になったかも。
e0074478_23205877.jpg
 底面には、置いたところの接着面に傷がつかないよう、BHV(パリの東急ハンズ)で購入したフェルトパーツを貼りました。実はすでに阪急うめだ本店で販売済みなのですが、結構苦労して修復したので紹介させて頂きました。明日からパリコレの記事に戻します~

ニナ・リッチから再スタートです~
人気ブログランキングへ

[PR]
by tomoakishimizu | 2016-04-04 22:57 | 調度品 | Comments(0)
<< ニナ・リッチ 2016/2017秋冬 レトロな平鍋 >>