ブルーオパリーヌの一輪挿し

e0074478_9364058.jpg
 昨日をもちまして、DENIMさんでの蚤の市イベントが終了しました。お越し頂いた皆さん、どうも有り難うございました〜。お陰様で、売り上げの方もまずまずで、不景気とされる中でも、前回程度を維持できたと思います。と書きつつ、前回の売上をハッキリ覚えていないのですが(笑)。

 さて、今日はこちら。パリ市内の古物市で見つけた、ブルーに輝くオパリーヌガラスの一輪挿しです。今回3月のイベントでは、大きくて重いものが随分とはけたという話を書きましたが、目玉となるような見た感じ派手なピースも結構な割合で嫁入りしてしまい、ご紹介できるものがわずかになってしまいました。それで、今日はこんな小品のご紹介となります。サイズは手の平に乗せられる程度。

 おそらくは前世紀初頭のもので、対(2脚セット)だったと思われます。この写真でわかる通り、白濁の中に透明な部分が見られ、ニュアンスのある作りが素敵。まあ、偶然の産物なのでしょうが。もしご興味ある方で、今日の午後、搬出中ではありますが、DENIMさんまでお越し頂けるのであれば、こちらの花瓶は販売致します〜。

割れ物少しでも減らしたい〜
人気ブログランキングへ


[PR]
by tomoakishimizu | 2016-03-31 09:38 | 調度品 | Comments(0)
<< アルミ製コーヒーミル クシ鏡セット >>