リモージュ七宝の宝石箱

e0074478_1201483.jpg
 昨日はお店の濱田さんとバッグデザイナーの原槙ちゃんと3人で搬入作業をしましたが、意外にも全14箱は快調に開いていき、1時過ぎから始めて7時半頃には終わりました。もう5回目くらいなので、僕も含めて、皆さん力加減とか色々、要領を得たのかもしれません。オーナーの奈良さんは月末に向けての会計作業に追われていて、搬入には一切手を出しませんが、時々やってきては下らないギャグと凍えそうになるくらいの駄洒落をかましてくれます。僕は僕で「これいいでしょ〜」とか何とか言いながら訳のわからないも携えて、電卓を叩く奈良さんを邪魔しに行き、それまでの足し算を台無しにするのでした。いつも通り和気藹々(笑)。搬入作業後、六ッ門町界隈では知らない者はいない札付きの飲兵衛で構成される、久留米不良主婦連合の会合に出席。近くのお店からデリバリーした100本近くの焼き鳥をつつきながら談笑。僕が何かの拍子にyoutubeで80年代の寒いユーロビートをかけると、その中の1人の元女優が「あたし東京のディスコでこの曲バックに踊ってたわぁ」とかのたまいながらガンガン踊ってくれたりして楽しかったです。そこに乱入してきたクライアントの女性にさらわれて、御夫婦でやっている不思議なバーへ。物が堆積していて、ある意味僕の部屋のよう。写真撮ってくれば良かった。久留米の人たちってみんな濃くてマニアックだわ。ということで、毎日エンジョイしています。今日はイベント初日。頑張ります〜。
e0074478_1202515.jpg
 さて、今日はこちら。しずくのようなガラスの球が何ともいえず美しい、リモージュ産七宝焼きのプレートが付いた宝石箱です。おそらくは50年代頃のもの。パリ市内の古物市で購入しました。
e0074478_1204582.jpg
 まあ、数年前の僕だったらこれを面白いとかきれいとか思わなかったのですが、蚤の市や古物市で色々と見ている間に好みが変わって行くのが面白いところです。他にもプレートなど、七宝製品があるので見にいらして下さい〜。

[PR]
by tomoakishimizu | 2016-03-25 12:02 | 調度品 | Comments(4)
Commented at 2016-03-26 18:10 x
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
Commented by tomoakishimizu at 2016-03-27 09:59
上のカギコメさん、いつもご心配頂き有難うございます。ひとまずパリで鼻風邪をひいてきたので、タイミング的に今は楽しているかもしれません。でも暖房壊れているお店の中ではアロハ1枚だと結構辛い。お腹が冷えて、毎日1回はホテルに戻る事件を起こしています(笑)。
ちなみにこのリモージュボックスは初日の早い時間に嫁入りしました~。
Commented at 2016-03-27 15:07 x
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
Commented by tomoakishimizu at 2016-03-28 10:15
上のカギコメさん、毎日寒気と戦っているのですが、どうも毎朝半身浴しているのが良くなかったみたいです。半身浴すると、その後なぜか風邪ひいたような感じになるのです。今日はシャワーだけにしてみます。
2013年は僕は祝祭広場にいましたよ。でも初回だったので、相当アタフタしていたかも。
ご購入頂いたもの、気に入って頂いているようで嬉しいです。またお眼鏡に叶うものを仕入れてきますので。ご期待下さい!
<< 蚤の市イベント@DENIM i... リモージュ産七宝焼きクロス >>