バルボティーヌ加工のエンジェル柄ボンボニエール

e0074478_10515444.jpg
 今から飛行機に乗ります~。ロンドンへ行くセレクトショップのバイヤーさんとバッタリ会い、長話をして全然時間が無いので早速本題に。パリ市内の古物市で見つけた、リモージュ産のボンボニエール(飴ちゃん入れ)です。おそらくは50~60年代にかけての作。

e0074478_10525290.jpg
 このバックスタンプのF.M.が窯の名前になりますが、ネットで調べても良くわかりませんでした。

e0074478_10522284.jpg
 こちらの作家名、Barriereの詳細についても辿り着けませんでした。完成度から見ると、それなりの技量の持ち主と思われます。

e0074478_1053844.jpg
 バルボティーヌと呼ばれる、釉薬を立体的に盛ってレリーフ状にモチーフを表現する技法を用いていますが、白い釉薬が広がってモチーフがボンヤリしているものが沢山ある中、こちらのボンボニエールははっきりとした線で描かれているので、クオリティは相当高いです。金線が薄れているものの、ヒビも欠けもないので、それなりの状態を保っているかも。すでにバルボティーヌは途絶えてしまった技術ですので、失われた伝統工芸品としてとても貴重です~。

買った方は大切に~
人気ブログランキングへ

[PR]
by tomoakishimizu | 2016-02-18 10:54 | 調度品 | Comments(0)
<< 七宝モチーフ付き真鍮製レリーフ宝石箱 ミニたんす >>