女性の肖像壁掛絵皿

e0074478_10413854.jpg
 ちょっぴり田舎臭がして微妙な感じですが、繊細な絵付けにひかれて購入してしまいました。民族衣装を纏った女性を描いた磁器製絵皿に、ゴテゴテ装飾の真鍮枠を付けた壁掛けです。パリ市内の教会でのバザーにて発見。

e0074478_10415299.jpg
 一応ハンドペイントです。でも、もしかするとアウトラインだけ印判で、色付けだけ手によるものかもしれません。とにかく、細密画の領域に入るような繊細さです。

e0074478_10421914.jpg
 調べてみたところ、出所はリモージュのよう。全く同じタイプのものがネットで上がっていて、そちらは19世紀の作でした。ですので、こちらもナポレオン3世以降~19世紀末の制作ではないかと思われます。こういった真鍮枠の壁掛け絵皿ばかりを扱っている業者もいるくらいなので、それなりのジャンルを確立しているようです。壁に飾る以外は他に用途が無く、割とタップリしたボリュームと押しの強いコッテリ感を考えると、広い家にお住まいの方にお薦めです~。

至近距離で長く見ていると直ぐに飽きます~
人気ブログランキングへ

[PR]
by tomoakishimizu | 2016-02-16 10:44 | 調度品 | Comments(0)
<< ミニたんす バンビのブックエンド >>