ウランガラス製ボンボニエール・トレイ・燭台セット

e0074478_0374276.jpg
 昨日は我が家にて、雑煮をつつく正月会を開催しました。といっても、部屋が狭いので3人しかお呼びできませんでしたが。豪華にも、『紅白歌合戦』と『場末のスナックおママ対抗歌合戦』をダブルで視聴。「外国人には恥ずかしくて見せられないねぇ」なんて大笑いしながらも、つくづく日本は平和だなぁと痛感したのでした。

e0074478_038053.jpg
 さて、本日はこちら。パリ市内の古物市で見つけて、ついつい買ってしまったウランガラスのボンボニエール、トレイ、燭台のセットです。おそらく、売り主のオッサンは壊れ物を長く持っていたくなかったようで、興味を持つ素振りを見せてしまった僕は半ば押し切られるような形で購入と相成りました。

e0074478_0381590.jpg
 ウランガラスは、その名の通りウランを混ぜたガラスで、その蛍光色が特徴的。ウランが含まれているかどうかを調べるには、ガイガーカウンターを使用するのが一番確実ですが、ブラックライトを当てると強い蛍光色を発するので、そちらでも判別できます。色は、他にブルーやパープル、ピンクなどもあるようで、中でもグリーンが一般的。劇物を使用しなくてはいけないため、現在は一部を除いてほとんど生産されていません。ウランガラス自体から人体に影響あるレベルの放射能が検出されたり、毒素が染み出たりするなどの危険性は無いのでご安心を。

e0074478_0383146.jpg
 クリスタルではなく普通のガラス製で、型にはめて形成しています。アールデコスタイルなので、30~40年代? もしくは50年代という可能性も捨てられず。ボンボニエールのフタの内側部分にほんの少し欠けが見られるだけで、ほぼ完品状態。

e0074478_038513.jpg
 セット販売にするかどうか、もの凄く悩んでいます。この3種は、どう見ても同じ工房の制作で、前の持ち主は同時に買っていると思うのです。それをバラしてしまうのは本当にもったいない。かといって、セット価格を高く設定すると途端に売れなくなるので、難しい選択を迫られます。最終的には、これを売ってくれたオッサンのように、興味を持ってくれた人に安価で販売するしかなさそうです~。

また面倒なアイテムを抱え込みました~
人気ブログランキングへ

[PR]
by tomoakishimizu | 2016-01-02 23:25 | 調度品 | Comments(0)
<< 蓄光聖母像 バナナを持つおサル >>