ニワトリ柄の保温皿

e0074478_1122121.jpg
 パリ市内の古物市で見つけた、ニワトリ柄の保温皿です。中が空洞になったらリモージュ産の磁器製保温皿は多く見られますが、こちらのように金属の底に皿をはめ込んだものは古い方式で、数が少ないです。

e0074478_11221247.jpg
 おそらくは第一次世界大戦頃のものではないかと思われます。プロデュクスは、リモージュにあった窯のようで、後世になってからは、先述のような、中が空洞の磁器製保温皿を生産していたようです。

e0074478_11222133.jpg
 第一次世界大戦頃としたのは、ニワトリはフランスを象徴する鳥で、正に愛国心丸出しアイテムだと思ったからでした。国鳥として定められていないのだそうですが、ニワトリの形をしたトリコロールのブローチやピンバッヂなどは多く作られているし、フランスの鳥といえばニワトリを直ぐに連想するほどに定着しています。

e0074478_11223385.jpg
 ちなみに日本の国鳥は、僕はてっきりタンチョウだと思っていましたが、実はキジなのだそう。へぇ~。 

イベントも残すところあと2日です~
人気ブログランキングへ

[PR]
by tomoakishimizu | 2015-12-05 11:23 | 生活用品 | Comments(0)
<< クレイユ・エ・モントロー社製ナ... プチコラン社製大型セルロイド人形 >>