こってりピンクのボンボニエール

e0074478_1542337.jpg
 パリ市内の古物市で見つけたボンボニエールです。コーラルのような、何とも表現しづらい重厚感あるピンクに引き付けられてしまいました。モチーフや色合いなどから推測するに、おそらくは40年代のものと思われます。

e0074478_1543653.jpg
 ラ・サン・テュージエンヌ、サン・テューズ、ドロメ、と書かれたバックスタンプ。ドロメは県の名前で、本当はドローム。最後のEにアクサン・テギュではなく、Oにアクサン・シルコンフレックスなのですが、どうしたんだろう。ネット上で見たら、正しいアクセントのものが見られ、これはまがい物? なんてことは無いのでしょうが。

e0074478_1544954.jpg
 サン・テューズというのは、リヨンの下にある村。19世紀始めに、陶器と磁器の中間にあたる炻器用の粘土が発見されて以来、窯業が発展したそう。アニスのリキュール、リカールの黄色いピッチャーなんかは、この辺りの生産品です。

 ネットで画像検索をしてみると、サン・テューズの製品に好みのものが多く、実際に部屋にストックしているものもいくつかあり、意外な発見につながりました。これからサン・テューズの炻器にはまりそうです~。

また1つ勉強になりました~
人気ブログランキングへ

[PR]
by tomoakishimizu | 2015-11-01 23:47 | 調度品 | Comments(0)
<< パリ焼きのカップ&ソーサー アントワーヌくんの兄弟 >>