リファテール作、ジプシー女性モチーフのボンボニエール

e0074478_15261942.jpg
 いや~、今日は11時間も寝ちゃいましたよ。パリでは、荷物詰めの作業が思うように進まず、それが気になってどうしても早くに目が覚めてしまっていました。何だかんだ6時間は寝ていましたが、いつも8時間くらい寝たい僕にとってはどうしても寝不足。日本に着いてからも、時差ボケでしっかり寝られず。今回は時間に余裕を持って銀座に移動し、昨日は予定を入れてなかったので11時頃に早寝しました。「起きるまで寝るぞぉ!」と心に誓って寝て起きたら10時半(笑)。

e0074478_15263673.jpg
 さて、本日はこちらのボンボニエールをご紹介します。パリ郊外の古物市で購入。こちらにオーギュスト・リファテールのサインが金線で入っています。

e0074478_15265762.jpg
 底面のバックスタンプ。オーギュスト・リファテールは1868年生まれ。19世紀末にリモージュで活動していたようで、ペースト状の上薬を流し込んでモチーフを描く技法を用いた作品を残しています。女性を主題にしたものが圧倒的に多く、濃紺やブルー、グレーをバックに白の上薬で描いた女性、というスタイルのものがほとんど。こちらのように、背景にグリーングレーを配した作品は非常に珍しいです。彼の作品はオークションにも出品され、世界中にコレクターがいるそう。

e0074478_1527965.jpg
 様式的にはアール・ヌーヴォーですが、非常に妖艶で、幽玄にして耽美的、古典的な雰囲気は、アール・ヌーヴォーに大きな影響を与えた象徴主義に近いといえるでしょう(勝手な解釈)。大きな輪の耳飾と花、という装飾を見る限りでは、この女性はジプシーで間違いなさそう。日本行き2日前のバタバタの中、行き帰り1時間半かけて行った甲斐がありました~。


今日は恐怖の搬入~!
人気ブログランキングへ
 
[PR]
by tomoakishimizu | 2015-08-14 15:29 | 調度品 | Comments(2)
Commented by ゆうたんママ at 2015-08-15 07:24 x
友君へ
Franceも色々な人が居るんですねっ。実家は分譲のマンションで途中で引越しされた方が煩い人に売られた様で、父親も亡くなった後だったので、私がしっかりしないとと思って、静かにして下さいと言いに言ったら、逆ギレされ、暴力団みたいなご主人で、野中の一軒家に行けと言われ腹が立ちました。警察に言わず、管理事務所もあるのに何故言わなかったんやろうと?小さい子って走り回られると本当イライラします。我が子には静かにしないと下の人が怒ってきはるよっと言ってますが。内の母親その上階の奥さんに男の子育てた事ないでしょうと言われたらしいですが、そう言う問題では無く常識あるか無いかです。すみません関係ない事で。
Commented by tomoakishimizu at 2015-08-16 09:20
ゆうたんママさん、間に管理会社が入っているのだったら、先にそちらに相談した方が角が立たなかったかもしれませんね。僕のアパートの場合、管理人はいませんが、管理組合はあるので、問題があった場合はそこに連絡する形になっています。といっても、全然対応がなってないのでほとんど相談したことないですが。ヴァカンスシーズンは誰もいませんし。フランスって、日本とは違った意味で過酷です。
<< フランス雑貨フェア@松屋銀座 ... フランス雑貨フェア@松屋銀座 告知! >>