バラ取っ手のフタ付き陶製ボンボニエール

e0074478_2342887.jpg
 パリ市内の古物市で見つけた陶製ボンボニエールです。別の場所の古物市で注目していたものの、値段が高くて買うまでに至らず。約1ヶ月後に再会を果たし、ほんの少しだけ値段が下がっていたので購入と相成りました。

e0074478_235204.jpg
 同じ売り主が持っていたインテリア用の唐草モチーフの木製装飾も狙っていたのですが、このボンボニエールを買った時には真っ二つに割れていて、売り主のオッサン、扱いが粗いからこのままだとボンボニエールも壊されるかもしれない、と危機感を募らせ、「何が何でも今日買わなくては」と思ったことも、依然として高い値段なのに、この日買うに至った大きな要因だったかも。

e0074478_2354075.jpg
 粘土を細く延ばして装飾する、俗にスパゲッティと呼ばれる細工も中々美しいです。そして、この種のものでは必ず壊れている小花も欠損無し。

e0074478_2355788.jpg
 ハンドメイドというシールが着いたままなので、おそらくは未使用。50年代頃のものでしょうか。

e0074478_2361141.jpg
 こちらのイニシャルを検索してみたところ、オークションサイトで全く同じ形のボンボニエールに青い花柄が入ったものを発見。ですが、何を意味するのかは突き止められず。C.v.a.の文字に見覚えがあると思っていたら、このブログでレース陶器のボンボンケースを紹介していました。アイルランドのベリークや、ハンガリーのヘレンドのような緻密さと正確さは無いものの、繊細な細工を得意とする窯だったようです~。

また運ぶのに面倒な商品が増えた…
人気ブログランキングへ
 
[PR]
by tomoakishimizu | 2015-08-09 22:23 | 調度品 | Comments(2)
Commented by ゆうたんママ at 2015-08-10 07:53 x
友君へ
本当綺麗ですねっ。私が頂いた2つのボンボニエールも気に入ってますが、私が最後に迷って買った一つのボンボニエールさんより売る時高くなるんでしょうか?あの2つ本当綺麗で可愛いです。あの頂いたくまちゃんも、綺麗にして頂いたのかなぁ?クリーニング屋さん兼縫いぐるみのお医者さんみたいですねっ。友君のブログは宝箱を覗いて見てる感じです。縫い物も出来るし、尊敬します。パンツはいたクマちゃんも見違えりましたねっ。素晴らしい。内のクマちゃんは友君の所からやって来たので、同じ名前で友君にしました。可愛いでしょっ。ネックレスに可愛い鈴を付けて洋服も着せてあげて椅子に座って玄関に居ますよっ。
Commented by tomoakishimizu at 2015-08-10 20:37
ゆうたんママさん、どうも有り難うございます~。すみません。ボンボニエではなく、ボンボニエールでしたね(苦笑)。後で修正しておきます。こちらの商品は陶製ですので、それほど高くするつもりはありません。少なくとも、あのキャベツよりは安くなります。
手術をしないといけないクマちゃんやら何やらが沢山いるのですが、全然時間が取れず、困っています。それにしても、僕の名前を付けてしまったとのことで、少々気恥ずかしいです~(笑)。
<< タロー制作のジュエリーボックス 白いパンツを穿いたクマ 其の二 >>